ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア QSF960HE2 性能レビュー

ドスパラ ガレリア QSF960HE2 性能レビュー

GTX960M搭載!10万円台のゲーミングノートPC

人気のグラフィックボードといえばGeForce GTX10シリーズです。旧世代であるGTX900シリーズに比べると格段に性能アップしたわけですが、特にゲーミングノートPCの差が顕著です。

とはいえ「GTX1050Ti搭載ゲーミングノートPCくらいの性能は必要ないから、もっと安いモデルを探している!」という人にはGTX960M搭載ノートPCがぴったりです。実はドスパラにはまだGTX960M搭載の「ガレリア QSF960HE2」があります。

ガレリア QSF960HE2はこんな方におすすめ!

最安値の激安ゲーミングノートPCが欲しい!
軽いオンラインゲームしかプレイしない!
人気ランキング上位のノートPCが気になる!

ガレリア QSF960HE2のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-6700HQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX960M 2GB 8GB PC4-17000
ストレージ チップセット
500GB HDD モバイル インテル HM170 Express
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ

ガレリア QSF960HE2の価格と詳細はこちら

GTX960Mはもちろんですが、Core i7-6700HQやPC4-17000のメモリを見ても「あぁ、旧世代だなぁ」と感慨深くなります。最新世代であるGTX1060、Core i7-7700HQ、PC4-19200に比べると性能や速度が遅いわけですが、価格は圧倒的に安いです。

例えばGTX1060搭載ゲーミングノートPCである「ガレリア GKF1060GF」が169,980円なのに対し、「ガレリア QSF960HE2」はなんと107,980円です。

GTX10シリーズ搭載ノートPCで10万円台のものはひとつもないため、できるだけ安いゲーミングノートPCが欲しい人には本当に嬉しいモデルです。とはいえ、性能は価格以上の差があるので軽いゲームしかプレイしない人にだけおすすめします。

HDDの速度

HDDはシーケンシャルリードが98MB/s、シーケンシャルライトが84MB/sです。ガレリア QSF960HE2の最大の弱点はストレージです。500GB HDDしか搭載されていないのです。

SSDなら500MB/sくらいの速度になり、すべての動作がサクサクになります。Windowsの起動速度からして全然違ってきます。だからガレリア QSF960HE2を購入する際には、250GB SSDをカスタマイズで追加するのを絶対に忘れないでください。

ガレリア QSF960HE2の外観

次にガレリア QSF960HE2の外観や接続端子のレビューをしていきます。

旧モデルのガレリア QSF960HEとは大きく違う外観です。ゲーミングノートPCらしい格好良いデザインになりました。全体の寸法は幅:386.25 × 奥行き:264.9 × 高さ:37 mmです。

内側は黒いボディに赤色がアクセントになっています。私が知る限りではこのデザインはガレリア QSF960HE2だけです。強いて言うならGTX1050Ti搭載の「ガレリア GKF1050TGT」と似ています。

キーボードはテンキー付きです。

WASDが囲われているのがゲーミングPCっぽいですね。また、ドスパラにしては珍しくWindowsキーが左側にあります。

電源を入れるとキーボードバックライトが赤く光ります。

物理ボタンは2つあり、左側が電源ボタン、右側がファンコントローラーのON/OFFです。

液晶はノングレアタイプで、最大解像度が1920×1080です。

手前の吸気口は赤いデザインが施されていて統一感があります。

なんと左側には接続端子が一切ありません。こんなノートPCは久々に見ました。

「じゃあ右側にたくさんあるのかな?」と思いましたがそうでもありません。右側にはマイク入力、スピーカー出力、USB2.0が2つ、SDカードリーダーがあります。

つまり接続端子の多くは後ろ側にあります。電源端子、HDMI出力、LANポート、USB3.0が2つ、USB3.0 Type-Cがあります。転送速度を重視してUSBメモリ等を使う際は、後ろ側のUSB端子に挿す必要があります。

ガレリア QSF960HE2の重さ

ガレリア QSF960HE2の重量を計測したところ、バッテリーを装着した本体だけだと2.73kgです。

ACアダプターと電源ケーブルと含めると3.566kgでした。

ガレリア QSF960HE2の温度

ベンチマークソフトを1時間以上動作させ続けながら、各パーツの温度を計測しました。

CPU(Core i7-6700HQ)は最大78℃、HDDは最大41℃、グラフィックボード(GTX960M)は最大70℃でした。まったく問題ない温度です。

ガレリア QSF960HE2のベンチマークスコア

ガレリア QSF960HE2のグラフィック性能をベンチマークソフトで評価しました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
4356 5099 9588

今回のレビューからFF14ベンチマークは紅蓮のリベレーターのものを使用します。最高品質だと「快適」、高品質だと「とても快適」、標準品質だと「非常に快適」という評価です。これなら標準品質でのプレイをおすすめします。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
7854 18145 25985

PSO2ベンチマークは設定6だとさすがに厳しそうです。設定3なら重い場面でも60fps以上を維持できるはずです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は12830です。ドラクエ10くらい軽い3Dゲームにはぴったりです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは9320でした。MHFは通常画質でのプレイならドラクエ10と大差ない重さです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
1370 1237 3509

3DMARK TimeSpyの評価は「上位93%」です。つまり下から7%の性能しかありません。さすがに最新ゲームは無理ですね。最新ゲームをやるなら、GTX1060搭載の「ガレリア GKF1060GF」やGTX1070搭載の「ガレリア GKF1070NF」を選びましょう。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
4116 4474 8859

3DMARK FireStrikeの評価では「上位78%のパソコン」です。今となってはエントリーモデルよりもさらに下のグラフィック性能です。ただしこの性能で十分なオンラインゲームはたくさんあります。多少重いゲームだとしても画質を下げれば60fps出すことは簡単です。

とにかく安いゲーミングノートPCが欲しい人には本当におすすめです。いつ販売終了してもおかしくないので、購入するなら早めに決断しましょう。

ガレリア QSF960HE2の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ