ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア QSF960HE 性能レビュー

ドスパラ ガレリア QSF960HE 性能レビュー

人気ランキング1位のGTX960M搭載ゲーミングノートPC!

ドスパラのゲーミングノートPCで売れ筋ランキング1位なのが今回レビューするガレリア QSF960HEです。これまでも似たような名前のGTX960M搭載ゲーミングノートPCが販売されていましたが、今はこれが最新モデルです。

人気だからこそでしょうか。セール対象になりやすいノートPCです。通常よりも値下がりしていたり、SSDが追加されていたり、HDD容量が2倍になったりといつ見ても通常よりもお得になっています。

ガレリア QSF960HEはこんな方におすすめ!

大人気のゲーミングノートPCを選びたい!
3Dオンラインゲームを標準画質で遊びたい!
ゲーミングノートPCを持ち運びたい!

ガレリア QSF960HEのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7/10 64bit Core i7-6700HQ(定格2.60GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX960M 2GB 8GB(PC7-17000)
HDD チップセット
250GB SSD + 500GB HDD インテル HM170 Express
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ フルHD 非光沢ワイド液晶

ガレリア QSF960HEの価格と詳細はこちら

最近はどのゲーミングノートPCも大体Core i7-6700HQを採用しています。定格だと2.60GHzしかありませんが、オーバーブースト最大時には3.50GHzまで動作周波数が上がるので、オンラインゲーム用途において性能の心配はありません。

ストレージは今見たら250GB SSD + 1TB HDDでした。ただキャンペーン中だからこその組み合わせです。時期によってはSSDがなかったりする場合もあります。SSDは必須ですから、もしもなかったら追加しましょう。

液晶サイズは15.6インチで、重量は約2.5kgです。バッグに入れて持ち運ぶのに問題のない大きさです。「ノートPCなんだから持ち運んで当然だろう」と思うかもしれませんが、17.3インチで5kgのゲーミングノートPCもあるので、私は持ち運ぶなら15.6インチが限度だと考えています。

ガレリア QSF960HEの外観

次にガレリア QSF960HEの外観や接続端子のレビューをしていきます。

外側は黒いボディです。中央にガレリアのロゴが貼り付けられています。

液晶の位置のせいか、結構横長な印象を受けました。

スペースキーが大きくていいですね。ゲーミングノートPCらしい仕様だと思います。

左側にはWindowsキーがありません。私はWindowsキー+EやWindowsキー+Rなどを頻繁に使うので、私ならツールでFnキーと入れ替えます。

電源を入れると最初はキーボードバックライトが青く光ります。

起動が完了すると赤、オレンジ、黄色、緑、青のグラデーションに変化します。この辺りの設定はプリインストールされているKLMというソフトウェアで変更できます。

トラックパッドはボタン部分と一体化しているタイプです。

電源ボタンは右奥にあります。どうやらPC本体の仕様は17.3型のガレリア QSF960HGと一緒のようです。

左奥にはファンコントローラーとP1のボタンがあります。ファンコントローラーをONにするとファンが常時フル回転します。P1はショートカットマネージャーです。

最大解像度1920×1080のノングレア液晶です。

HD画質のWEBカメラが搭載されています。右にある小さな穴がマイクです。

左側のインターフェイスはヘッドホン、マイク、USB3.0が2個、HDMI出力、USB2.0、電源端子、盗難防止用 KensingtonLockです。

右側のインターフェイスはLANポート、D-Sub出力、USB3.1、DVDドライブです。最近はUSB3.1を用意しているPCが増えてきた気がします。

背面には何もありません。

底面はこんな感じです。ガレリア QSF960HEが届いた時点ではバッテリーが装着されていません。同封されているので必ず装着しましょう。バッテリーなしだとグラフィック性能が低下します。

ガレリア QSF960HEのベンチマークスコア

ガレリア QSF960HEはGeForce GTX960Mを搭載しています。ノート用グラフィックボードとしてミドルスペックの位置にいますが、ゲームをどれくらい快適に遊べるのでしょうか。各種ベンチマークソフトで性能を計測してみました。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
4373 6334 9607
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
5871 8463 11818

FF14ベンチマークによるとDirectX11なら標準画質、DirectX9なら高画質か標準画質で非常に快適に遊べるようです。「非常に快適」よりも下の評価だとちょっとカクカクしていたので、「快適」とか「とても快適」の評価は当てになりません。

設定5 設定3 設定1
17733 29992 118863

PSO2ベンチマークは設定3でほぼ30000です。これならある程度高画質にしても60fps出せるはずです。ちなみにこれくらいの性能だとWorld of TanksやWorld of Warshipsのような3Dゲームも60fps出せます。

ドラクエ10は最高品質で13203です。GTX960Mで13000越えてくるのは結構優秀です。

MHFは9375でした。GTX960M搭載ゲーミングノートPCの中では歴代1位のスコアです。他のノートPCより10%以上スコアが伸びました。

3DMARKの評価では「上位71%のパソコン」です。全体的にバランスが良く、性能もなかなかなゲーミングノートPCです。ドスパラで人気なのも頷けます。格安なゲーミングノートPCが欲しい人に是非おすすめです。

ガレリア QSF960HEの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ