ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > ドスパラ ガレリア QHF960HE 性能レビュー

ドスパラ ガレリア QHF960HE 性能レビュー

GTX960Mなのに10万円の激安ゲーミングノートPC!

ドスパラのゲーミングノートPCがどんどん変わってきています。特にGTX960M搭載モデルはパーツが変わったり、名称が変わったりと新しい製品が出ています。そして最新なのが今回レビューするガレリア QHF960HEです。

ガレリア QHF960HEはGTX960Mを搭載しながら税抜価格10万円以下です。これまで13万円弱が普通だったので激安と言えるでしょう。軽く調べた感じだとGTX960M搭載ゲーミングノートPCの中では最安値っぽいです。しかも他のBTOメーカーよりも高性能なのでコスパ抜群です。

ガレリア QHF960HEはこんな方におすすめ!

10万円の予算でゲーミングノートPCが欲しい!
コスパの良いノートPCを探している!
人気オンラインゲームを標準画質でプレイしたい!

ガレリア QHF960HEのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7/10 64bit Core i5-4210M(定格2.60GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX960M 2GB 8GB(PC3-12800)
HDD チップセット
1TB HDD インテル HM87 Express
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ フルHD 非光沢ワイド液晶

ガレリア QHF960HEの価格と詳細はこちら

先日レビューしたガレリア QSF960HGと比較してみると、17インチではなく15インチ、メモリは同じ8GBだけどDDR4ではなくDDR3、HDDは2倍の1TB、そして価格が4万円安い・・・などの違いがあります。

また他のBTOメーカーで同価格のGTX960M搭載ゲーミングノートPCと比較すると、メモリが2倍、HDDが2倍、Windows7も選択可能などのメリットがあります。こうやって比較してみるとガレリア QHF960HEは相当コスパが良いことがわかります。

ちなみにCore i5-4210Mの動作周波数は定格2.60GHzですが、ターボブースト時最大3.20GHzまで上がるので最新PCゲームの推奨スペックもクリアしています。(最近は3.0GHz以上を求められることが多い印象です)

ガレリア QHF960HEの外観

次にガレリア QHF960HEの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア QHF960HEは完全新デザインです。これまでのガレリアシリーズってどれも黒が基調になっていてシンプルなデザインでしたが、ガレリア QHF960HEはグレーが基調のゲーミングPCらしい外観です。

GALLERIAはドスパラのゲーミングPCブランドです。

所々カクカクっとした形になっていてサイバー感を演出しています。

上部に通気口はありません。

キー配置は普通です。マクロキーはありません。黒いキーに暗めの赤文字が刻印されているため、ちょっと見づらいと感じました。

トラックパッドは後述の専用ボタンで簡単に無効化できます。

左奥に電源ボタンとG1、G2、G3ボタンがあります。G1はファンコントローラーです。有効化するとファンがフル回転します。夏に活躍しそうな機能です。G2はトラックパッドの有効・無効を切り替えられます。G3はキーボードバックライトのON/OFFです。

電源を入れると赤く光ります。

トラックパッドの周りも光ります。

キーボードバックライトは弱めです。部屋を暗くしないとほとんどわからないと思います。レビュー準備の際に明るい部屋でG3ボタンを押しても、最初は何の機能なのか気付きませんでした。

液晶はノングレアです。15.6インチの割にPC本体は結構大きめだと感じました。

WEBカメラはHD画質まで対応しています。

左側のインターフェイスはUSB3.0が2個、HDMI出力、D-Sub出力です。

右側のインターフェイスはヘッドホン・マイク共用端子、USB2.0が2個です。右側が吸気口、左側が排気口です。

ガレリア QHF960HEのベンチマークスコア

GTX960Mといえば人気ランキング1位のノート用グラフィックボードです。どれくらいの性能なのかベンチマークソフトで検測しました。CPUの影響が出るのかどうかも検証してみます。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
4132 5824 8436
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
5711 7500 9799

FF14ベンチマークはDirectX 9とDirectX 11でそこそこの差が出ました。私はFF14は「非常に快適」の評価(7000スコア以上)が出る設定でプレイすべきだと思っているので、DirectX 9なら標準品質か高品質、DirectX 11なら標準品質の設定がおすすめです。

設定5 設定3 設定1
13764 21438 53662

PSO2ベンチマークは設定5だと結構重めです。この性能なら設定2くらいが調度良いと思います。

ドラクエ10は最高品質でも11159です。ドラクエ10くらい軽いオンラインゲームなら画質を上げても大丈夫です。

MHFは8495でした。

3DMARKの評価では「上位70%のパソコン」です。ガレリア QSF960HGよりも約9%低いスコアです。CPUが影響したのかもしれません。しかしそれでも10万円という価格は激安です。人気オンラインゲームを標準画質でプレイしたい方におすすめです。

ガレリア QHF960HEの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ