ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア QF840HG 性能レビュー

ドスパラ ガレリア QF840HG 性能レビュー

GeForceグラフィックボードでゲーム用といえば「GTX」シリーズです。ノート用の最新世代ならGTX860M、GTX870M、GTX880Mです。ではGTXの名称が付かないグラフィックボードでオンラインゲームはプレイできるのでしょうか。

今回のレビューではGeForce 840Mを搭載したガレリア QF840HGをご紹介します。840Mはオンラインゲームに耐えうるのか確かめるために色々な設定でベンチマークを計測しました。

ガレリア QF840HGはこんな方におすすめ!

とにかく安いゲーミングノートPCを買いたい!
画質にも解像度にもこだわらない!
ノートだけど大画面でゲームをプレイしたい!

ガレリア QF840HGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7/8.1 64bit Core i7-4710MQ
グラフィックボード メモリ
GeForce 840M 2GB 8GB
HDD チップセット
500GB HDD インテル HM86 Express
光学ドライブ 液晶
DVDスーパーマルチドライブ 17.3型

ガレリア QF840HGの価格と詳細はこちら

全体的にミドルスペックーミングノートPCのパーツ構成です。余程のハイスペックノートPC以外は大体こんな感じですね。Core i7-4710MQとメモリ8GBは鉄板の組み合わせです。

ただ、面白いのが17.3型ってところです。普通は画面が大きくなればなるほど高性能です。他のBTOメーカーだと17.3型には必ずGTX880Mのような高性能グラフィックボードを搭載しています。

でもガレリア QF840HGに搭載しているグラフィックボードはGTX840Mですから、ハイスペックではありません。ミドルスペックと呼ぶのも微妙かもしれません。それなのに17.3型なので、安くて大画面のゲーミングノートPCが欲しい方におすすめです。

ガレリア QF840HGの外観

次にガレリア QF840HGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

写真では伝わらないかもしれませんが、かなり大きいサイズです。これくらい大画面のほうがオンラインゲームはプレイしやすいですよね。

過去にレビューしたガレリアシリーズのノートPCは背面に「GALLERIA」と刻印されていました。しかしガレリア QF840HGには何もデザインされていません。ただただシンプルです。

キーボードのエリアも広く作られています。小さいノートPCだとスペースキーやSHIFTキー、CTRLキーなどが小さいのですが、ガレリア QF840HGは写真のようにデスクトップ用のキーボードと同じくらいの大きさなので、とても操作しやすかったです。

ただし、キー配置はデスクトップ用とは異なります。Windowsキーの位置にFnキーがあります。Windowsキーは右の方にあります。それ以外はスタンダードです。

キーの厚さはノートPCとしては一般的です。

ガレリアシリーズのノートはモデルによって電源ボタンの位置が変わります。最初は「あれ?どこに電源ボタンがあるんだろ?」と戸惑いましたが、目の前にありました。複数の物理ボタンが並んでいて、一番右が電源ボタンです。

トラックパッドも初めて見るタイプかもしれません。手前が物理ボタンになっていて、右クリックと左クリックの動作が割り当てられています。Windows8.1に対応しているため、トラックパッドの右端に触れると、チャーム(通称「右側のアレ」)が表示されます。

ゲーマーに嬉しい機能が、ガレリア QF840HGにも搭載されていました。確かガレリア QF880HGにもあったはずです。これをポチッと押すと、トラックパッドが無効になります。ゲーム中は無効にしておきましょう。

WEBカメラも付いています。

左側の接続端子はUSB3.0が2個、HDMI、D-Sub 15、SDカードリーダー、電源端子、マイク端子、ヘッドホン端子です。

右側の接続端子はUSB2.0が2個、DVDドライブ、D-Sub 15、LANポートです。

ガレリア QF840HGのベンチマークスコア

さて、いよいよGeForce 840Mの性能を確かめる時がやってきました。さすがに1920×1080の最高画質でプレイしようなんて人はいないはずです。画質や解像度にはこだわらず、しっかり動くかが重要です。

そこで今回のレビューでは1280×720の解像度+標準画質の設定で計測したベンチマークスコアのスクリーンショットを掲載します。でももちろん最高画質のも計測してあるので、あわせてご紹介しますね。

FF14ベンチマークは7915でした。1280×720の解像度なら「非常に快適」にプレイできることがわかりました。でも間違っても1920×1080の最高品質で遊ぼうとは思わないでください。その設定だとスコアは1882で、評価不能の「設定変更を推奨」とメッセージが表示されました。

PSO2ベンチマークも同じ設定にしたらとても高いスコアが出ました。200fps前後で安定していました。これなら確実にPSO2を快適に遊べますね。ちなみに1980×1020の解像度では30~50fpsがやっとでした。見た目も相当カクカクしていたので、解像度を落とすのが得策です。

ドラクエ10も同様です。解像度を下げるだけでここまで変わるものなのですね。解像度もグラフィック設定も最高にしたら5750で「快適」という評価でした。

MHFは3034でした。ウィンドウ画面で計測したせいでスコアが伸びなかった可能性があります。(ゲーミングノートPCは全画面にしないとグラフィックボードが使用されないことがあります。)

3DMARKの評価では「上位86%のパソコン」です。3DMARKで性能をチェックするパソコンはハイスペックなものばかりですから、GeForce 840Mが低い評価になるのは仕方のない話です。

ベンチマークスコアを見ればわかるように、1280×720の解像度にすれば多くのオンラインゲームをヌルヌル動かせることがわかりました。10万円程度のノートパソコンでオンラインゲームをプレイできると考えたら、非常にコスパが良いと思います。

ガレリア QF840HGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ