ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア QF780HG 性能レビュー

ドスパラ ガレリア QF780HG 性能レビュー

ガレリアQF780HGはドスパラのゲーミングノートPCの中でハイスペックなモデルです。GTX780Mを搭載しているので高性能なゲーム用デスクトップと匹敵します。GTX780Mはビデオメモリが4GBもあり、ベンチマークを計測するとGTX770Mよりも約1.2倍高性能だと判明しています。本当にFF14のような重いオンラインゲームをプレイ可能なのかレビューしていきます。

ガレリア QF780HGはこんな方におすすめ!

ノートパソコンで最新FPSやMMORPGをやってみたい!
17型の大画面ゲーミングノートPCが欲しい!
FF14を最高画質でプレイしたい!

ガレリア QF780HGのスペック

OS CPU
Windows7/8.1 64bit Core i7-4700MQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX780M 4GB 8GB
HDD チップセット
1TB HDD INTEL HM87 Express
光学ドライブ 液晶
DVDスーパーマルチドライブ 17.3インチ液晶

CPUとメモリはミドルスペックです。でもグラフィックボードだけは最高性能のGeForce GTX780Mを搭載しています。ミドルスペックのゲーミングノートPCにはGTX750Mが搭載されていることが多いのですが、ビデオメモリは2GBです。これに対してGTX780Mにはビデオメモリが4GBもあります。もうこれだけで大きな性能差があることがわかりますね。

HDDは1TBとたっぷりです。ただ、せっかくGTX780Mを搭載しているのですから性能を完璧に発揮するために、SSD追加をおすすめします。SSDにすれば高速になるだけでなく静音化も実現できるので、メリットしかありません。

画面サイズは17.3インチです。ゲーミングノートPCは15.6型と17.3型が人気ですね。17.3型のほうが大きな画面ですから、FPSで敵を発見しやすかったり、MMORPGでチャットの文字が読みやすかったりと使いやすさバツグンです。

ガレリア QF780HGの外観

次にガレリア QF780HGの外観や接続端子、キーボードなどのレビューをしていきます。

色は黒とシルバーの中間くらいでしょうか。高級感のあるデザインで僕はとても好きです。バッテリーは取り外し可能で、取った状態で持ってみると軽くて驚きました。でもバッテリーを付けるとずっしりとした重さを感じました。約3.8kgの重量ですから、持ち運びには苦労するかもしれません。ただ、17.3型のノートPCを持ち運びするとは思えないので問題ないでしょう。

開いてみると、画面の大きさがよくわかりますね。電源ボタンは中央奥にあります。左右奥にスピーカー。画面の上にWEBカメラが搭載されています。トラックパッドは少しざらざらしていて使いやすかったです。

キーボードはテンキーも備わっています。最近のゲーミングノートPCには大抵テンキーが付いていますね。キータッチは重くもなく軽くもなく、ちょうど良かったです。試しにWASD付近に手を置いて、ポチポチと触ってみたところしっかり入力できました。

しかし、1点だけ気になるところがあります。それはWindowsキーです。FnキーとAltキーの間にWindowsキーがありません。これまでノートパソコンのレビューをしてきましたが、このポジションにWindowsキーがなかったのはガレリア QF780HGが初めてです。

ではWindowsキーが搭載されていないかといえば違います。スペースキー右側の「カタカナ/ひらがな」キーの隣にあります。これは評価が別れるところではないでしょうか。全画面でプレイしているときはWindowsキーは邪魔な存在でしかありません。でも普段はWindowsキー+RやWindowsキー+Dなどを頻繁に使う人もいます。

どうしてもWindowsキーが左側に欲しい場合は、キーボードカスタマイズツールでキー配置を変更するしかありません。

左側にはUSB3.0端子が3個、マルチカードリーダー、サウンド端子が搭載されています。USB端子が充実しているのはいいですね。たくさんあったほうが便利ですからね。

右側にはUSB2.0端子が2個、DVDドライブが搭載されています。USB端子の位置がよく考えられています。奥側に搭載されていると、マウスの端子が邪魔になります。でも手前ならスムーズにマウスを動かせます。

背面には電源、LANポート、HDMI、D-Sub、Mini-DisplayPortがあります。LANポートが背面に付いているのは珍しいです。私はゲーミングノートPCは両側ではなく背面に端子を集めたほうが使いやすいと思っているので、接続しっぱなしになるLANポートが背面にあるのは高評価です。

ガレリア QF780HGのベンチマークスコア

では最後にガレリア QF780HGが高性能なのかベンチマークスコアを見ていきましょう。今回のレビューで使用したのはFF14ベンチマーク、PSO2ベンチマーク、ドラクエ10ベンチマーク、MHFベンチマーク、3DMARKの5個です。

しかし1点注意があります。ゲーミングノートPCでベンチマークソフトを起動すると、インテルHDグラフィックスしか動かないことがあります。これは「軽いからグラフィックボードは使わなくていいや」とWindowsが勝手に判断してしまうのです。だからベンチマークソフトによっては全然スコアが伸びません。

NVIDIAコントロールパネルの設定を変更したのですが、結局解決しませんでした。だから今回のレビューではFF14と3DMARKのスコアだけを参考にすることをおすすめします。この2つは間違いなくGTX780Mが動作していました。

FF14ベンチマークのスコアは8433でした。確か8000以上だったら「非常に快適」という評価になるはずです。1920×1080の最高画質設定でも完璧なスコアが出たので、FF14をノートパソコンで遊びたい人におすすめします。

3DMARKよるとガレリア QF780HGは上位42%に入るハイスペックPCとのことです。ただし、これはデスクトップも含めた評価です。平均的なゲーミングノートパソコンよりも約1.5倍もの高いスコアになっているため、ノートパソコンの中では最高峰です。これならFF14以外の重いオンラインゲームも高画質で楽しく遊べます。

ガレリア QF780HGの評価

繰り返しになってしまいますが、FF14ベンチマークと3DMARKのスコアだけを見てください。ガレリア QF780HGはFF14で最高評価を得ているのですから、高性能なことは間違いありません。

やはりハイスペックなノートパソコンは17.3型が似合いますね。15.6型も使いやすいのですが、17.3型のほうが高画質設定の良さがよくわかります。大きな画面のほうが綺麗なグラフィックを満喫できますし、ゲームプレイングもしやすいですからね。

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ