ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア QF770HG 実機レビュー

ドスパラ ガレリア QF770HG 実機レビュー

初めてドスパラのゲーミングノートPC実機レビューをしていきます。今回はドスパラの店舗に実際に行って、撮影やベンチマークスコア計測の許可を貰いました。前回はG-TuneのゲーミングノートPCのレビューをしましたが、似たようなスペックになっています。どのような違いがあるのか比較していきましょう。

ガレリア QF770HGのスペック

OS CPU
Windows7/8 64bit Core i7-4800MQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX770M(3GB) 8GB PC3-12800
HDD チップセット
1TB HDD インテル HM87 Express
光学ドライブ 液晶
DVDスーパーマルチドライブ 17.3型 フルHD液晶

性能はミドルスペックからハイスペックの中間くらいですね。CPUにはハイスペックゲームPCに必ず搭載されているCore i7-4800MQが採用されています。グラフィックボードはコスパが良くて人気のGTX770Mです。GTX770Mとはいってもビデオメモリが3GBもあるので、高性能だとわかります。

ただ、ちょっと気になるのがメモリとHDDです。メモリは8GBと標準的です。CPUとグラフィックボードの性能を考えるとメモリは16GBあったほうがバランスが取れます。ゲームPCは弱いパーツに足を引っ張られますからね。カスタマイズで16GBに増設することをおすすめします。

あとHDDの容量はノートPCとして充分ですが、やはりSSDも欲しいところです。HDDとSSDは衝撃を受けるほど速度が違います。私は色々なゲームPCをレビューしてきましたが、SSDは必須アイテムだと実感しているほどです。

液晶は17.3型と大きいサイズです。ゲーム用ノートPCは15.6型か17.3型が人気です。大きいサイズは重いというデメリットがあるものの、外出して持ち運ばないのであれば画面が大きいほうが見やすいのは明らかです。

ガレリア QF770HGの外観

次は見た目、操作感、キーボード、接続端子などのレビューをしていきます。

見た目はブラックで格好良い印象です。サイズは428.0(幅)×288.0(奥行き)×55.0(高さ) mmですからやはり大きいですね。持ってみるとずっしりとした重さを感じました。調べてみると3.8kgもあることがわかりました。でも17.3型ゲーミングノートPCを持ち運ぶ人なんていないと思うので、重要は問題ありませんね。

キーボード周りはメタリックな材質で反射しています。キーボードレイアウトは一般的です。17.3型の魅力はやはりテンキーでしょうか。オンラインゲームではテンキーを活用する場合もあるので、あったほうが便利です。

また、他のゲームノートPCと比較するとスペースキーが大きいことに気付きます。オンラインゲームでスペースキーは一番重要かもしれません。FPSでもアクション系MMORPGでもスペースキーを頻繁に使用します。大きいほうが押しやすいので、これは高評価です。

右側にはDVDドライブとUSBポートが2個搭載されています。ゲーミングマウスはこのどちらかを使用することになるはずです。ちなみにUSB2.0ポートです。ゲーミングマウスならUSB2.0もUSB3.0も特に変わりません。

左側にはサウンド系端子とUSB3.0ポートが3個、SDカードリーダーが用意されています。USBが合計5個あるのは使い勝手が良いですね。足りなくなって困ることはありません。

ファンの排出口が右側にはなくて、左側だけにあります。これは地味に重要なポイントです。ゲーム用ではないノートパソコンだと両側に付いていることがあります。しかしゲーム用の場合、必ずマウスを使用します。多くの人は右利きですから、右側にファンがあると手が熱くなるし、風が当たるのが気になって集中できません。FPSならエイミングに必ず支障が出ます。

さすがはドスパラですね。ゲーマーがプレイしやすいようにノートPC本体を設計しています。

背面には映像出力用の端子が用意されています。HDMI、D-Sub 15、Mini-DisplayPortの3種類です。普段使いを重視してデュアルモニタにする方も安心ですね。

ガレリア QF770HGのベンチマークスコア

冒頭に書いた通り、パーツ構成だけ見るとミドルスペックからハイスペックくらいの性能です。では実際の性能を確かめるためにベンチマークスコアを見てみましょう。今回は新生FF14ベンチマークのみです。

1920×1080の高品質で8006、標準画質で11260でした。やはり評価通りのスコアです。8000以上なら「非常に快適」ですから、高品質設定でプレイするのが良さそうですね。最高画質でプレイすることも十分可能ですが、上記の通りメモリ増設とSSD搭載のカスタマイズをすることをおすすめです。

ちなみに他のオンラインゲームなら余裕でヌルヌル動きます。PSO2やアーキエイジのように比較的新しくて重いオンラインゲームをプレイしている方におすすめです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im590SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ