ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > HP Pavilion Gaming Desktop 790 性能レビュー

HP Pavilion Gaming Desktop 790 性能レビュー

HP(ヒューレット・パッカード)には2タイプのゲーミングPCがあります。ひとつはOMENシリーズ、もうひとつはPavilion Gamingシリーズです。おそらく今後また変わってくるのでしょうけど、2018年現在はOMENシリーズがハイスペック、Pavilion Gamingシリーズがミドルスペックみたいな位置付けです。

最新のPavilion Gaming Desktop 790にはGTX1060搭載の「パフォーマンスモデル」とGTX1070搭載の「パフォーマンスプラスモデル」があります。今回は校舎のPavilion Gaming Desktop 790 パフォーマンスプラスモデルをレビューします。

HP Pavilion Gaming Desktop 790はこんな方におすすめ!

ある程度小型なデスクトップを使いたい!
そこそこ重いゲームをプレイする予定!
予算25万円以内に収めたい!

HP Pavilion Gaming Desktop 790のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Pro 64bit Core i7-8700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1070 8GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
512GB NVMe M.2 SSD + 2TB HDD インテル H370 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 500W 80PLUS GOLD

HP Pavilion Gaming Desktop 790の価格と詳細はこちら

RTX2070、RTX2080、RTX2080Tiがすでに発売されている現状なので、一つ前の世代であるGTX1070を選ぶのは微妙に思えるかもしれません。ただRTX20シリーズを搭載したゲーミングPCは全体的にまだ高額で、逆にGTX10シリーズが値下がりしている傾向があるため、実は買い時ではあります。

GTX1070でもすべてのゲームを遊べる性能です。事実、一番重いゲームであるFF15の推奨スペックを見ると、GTX1060 6GBが指定されています。つまりGTX1070は推奨スペックをクリアしています。それに、そこまで重くないゲームが大半ですから、GTX1070はまだまだ現役です。

グラボ以外のパーツを見ると、かなり高性能なことがわかります。例えばメモリはしっかり16GBですし、高速なNVMe SSDが採用されています。ただWindows10 Proなのは謎です。ゲーミングPCにはWindows10 Homeのほうが安くていいと思います。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Intel SSD Pro 6000p」でシーケンシャルリードが1140MB/s、シーケンシャルライトが551MB/sです。HP用のOEMみたいです。NVMe SSDの割には遅いですね。でもSATA SSDよりもシーケンシャルリードは2倍も高速です。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA200」でシーケンシャルリードが205MB/s、シーケンシャルライトが204MB/sです。

HP Pavilion Gaming Desktop 790の外観

次にHP Pavilion Gaming Desktop 790の外観や接続端子のレビューをしていきます。

PCケースは随分とスリムです。一般的なミニタワーよりもさらに一回り小型に見えます。全体のサイズは幅155 × 奥行き390 × 高さ369 mmです。

電源を入れると緑色に光ります。

正面には電源ボタン、スピーカー出力、マイク入力、USB3.1 Gen 1が2つ、USB3.1 Gen 2が2つ、USB3.1 Type-C、メディアカードリーダーがあります。正面側にUSB3.1が揃っているゲーミングPCは初めて見ました。細かいところまで高性能にしているのはさすがHPですね。

この左側にはDVDドライブがあります。

上部は何もありません。

左側には細かいメッシュがあります。

開け方が特殊で苦労しました。

CPUクーラーはトップフローです。なぜか斜めになっています。HDDが縦に設置されているのは珍しいです。スペースを上手く活用しています。

グラフィックボードを支える仕組みが備わっています。揺れにも強くなるので嬉しい機構です。

右側です。

背面です。接続端子の出方から察するにマザーボードもOEMっぽいです。

マザーボードのバックパネルにはライン入力、ライン出力、マイク入力、LANポート、USB2.0が2つ、USB3.1が4つです。

GTX1070の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。

HP Pavilion Gaming Desktop 790の温度

ベンチマークソフトを1時間動作させて各パーツがどれくらいまで温度が上がるか計測しました。CPU(Core i7-8700)は最大97℃、SSDは最大70℃、HDDは最大41℃、GTX1070は最大83℃まで上がりました。

CPUとSSDの温度が異常に高いです。SSDはM.2なので仕方がないにしても、CPUはどうにかしたいです。でもCPUクーラーの変更すらできません。

HP Pavilion Gaming Desktop 790のベンチマークスコア

HP Pavilion Gaming Desktop 790の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 5242

FF15は高品質だと「やや快適」の評価でした。一番低い画質にすればカクカクすることなくプレイ可能です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
15372 16213 19875

FF14ベンチマークはCPUのおかげなのか、GTX1070搭載ゲーミングPCのなかではとても高いスコアが出ました。GTX1070なら14000弱のイメージでした。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
84681 100620 129325

PSO2ベンチマークも驚くほど高いスコアです。GTX1070で8万越えは初めてです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22387です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは38330でした。GTX1070Ti + Core i7-8700なら43000くらいです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5927 5730 7367

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位43%」の評価でした。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
15186 16915 19664

3DMARK FireStrikeの評価では「上位16%のパソコン」です。GTX1060だったら11000くらいです。つまりこのゲーミングPCのほうが約38%もハイスペックです。旧世代グラボながらもしっかり使える高性能PCです。

HP Pavilion Gaming Desktop 790の価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ