ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > HP Pavilion Gaming 15-cx0000 ハイパフォーマンスモデル 性能レビュー

HP Pavilion Gaming 15-cx0000 ハイパフォーマンスモデル 性能レビュー

GTX1050Ti搭載の薄型ゲーミングノートPC!

HP(ヒューレット・パッカード)のゲーミングPCには「Pavilion Gamingシリーズ」と「OMENシリーズ」の2種類があります。Pavilion Gamingが安くて低瀬能、OMENが高額で高性能という位置付けです。

プレイしたいゲームや予算に応じてどちらかを選べばいいと思います。今回はGTX1050Tiを搭載したPavilion Gaming 15-cx0000をレビューしていきます。

Pavilion Gaming 15-cx0000はこんな方におすすめ!

薄型のゲーミングノートPCが欲しい!
軽いゲームだけをプレイする予定!
15~20万円の予算でゲーミングPCを探している!

Pavilion Gaming 15-cx0000のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050Ti 4GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
128GB PCIe NVMe SSD + 1TB HDD 不明
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチワイド フルHD非光沢 IPSディスプレイ (1920×1080)

Pavilion Gaming 15-cx0000の価格と詳細はこちら

Pavilion Gaming 15-cx0000には4つのモデルがあります。安いのから順に、スタンダードモデル、パフォーマンスモデル、ハイパフォーマンスモデル、クリエイターモデルです。

今回レビューしているのはハイパフォーマンスモデルで、最もバランスの取れたゲーミングノートPCです。これより下位モデルになるとGTX1050TiではなくGTX1050だったり、SSD非搭載だったり、Core i5だったりとゲーミングノートPCとしては微妙なので、ハイパフォーマンスモデルが一番おすすめです。

また最上位のクリエイターモデルは液晶が4Kになっていて正直無駄だなと思うのと、バッテリーの駆動時間が短くなっているため、あまりおすすめできません。ハイパフォーマンスモデルをそのまま買うか、ストレージを256GB SSDにカスタマイズするのがいいでしょう。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Liteon CA1 NVMe M.2 Series」でシーケンシャルリードが1841MB/s、シーケンシャルライトが246MB/sです。シーケンシャルリードだけ極端に高速なSSDです。逆に書き込み速度は普通のSATA SSDよりも低速です。通常使用では十分快適です。

HDDの速度

HDDは「HGST HTS721010A9E630」でシーケンシャルリードが144MB/s、シーケンシャルライトが138MB/sです。一般的なノートPCに搭載されているHDDより30%以上も高速です。

Pavilion Gaming 15-cx0000の外観

次にPavilion Gaming 15-cx0000の外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体的に黒いボディです。HPは「シャドウブラック」と命名しています。これとは別に「ゴーストホワイト」という白いボディも選べます。

ゲーミングノートPCらしいスタイリッシュさが備わっています。全体の寸法は幅365 × 奥行き257 × 厚さ29 mmです。

キー配置に特に癖はありません。強いて言うならARROWキーが細いくらいでしょうか。

普通のノートPCって感じです。ゲーミングノートPCらしい装飾や機能はありません。

電源ボタンはESCキーの上にあります。

液晶はノングレアです。しかしノングレアのなかでは反射が強いほうだと感じました。

左側にはUSB3.1が2つ、セキュリティロックケーブル用スロット、SDカードスロットがあります。

右側にはヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、LANポート、HDMI出力、USB3.1、USB3.1 Type-C、電源端子があります。

後ろ側には何もありません。

Pavilion Gaming 15-cx0000の重さ

ノートPC本体のみの重さは2.379kgです。15インチゲーミングノートPCのなかでは標準的な重量です。

ACアダプターとケーブルを含めると2.831kgです。3kg未満なら持ち運びに苦労しません。

Pavilion Gaming 15-cx0000の温度

ベンチマークスコアを計測しながら、各パーツの温度を計測してみました。CPU(Core i7-8750H)、SSD、HDD、グラフィックボード(GTX1050Ti 4GB)の最大温度をご紹介します。

CPUは最大60℃、SSDは最大99℃、SSDは78℃、HDDは最大36℃、グラフィックボードは最大93℃です。全体的に温度が高めです。Core i7-8750HはどのゲーミングノートPCでも100℃近くまで達します。あとはSSDの温度がここまで高くなるのは初めて見ました。

Pavilion Gaming 15-cx0000のベンチマークスコア

Pavilion Gaming 15-cx0000の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
2551 3885 4749

FF15ベンチマークは高品質だと「やや重い」、標準品質だと「普通」、軽量品質だと「やや快適」の評価でした。GTX1050Tiでは性能不足です。FF15のような重いゲームをプレイしたいならもっとハイスペックなグラボが必要です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
6506 7856 11532

FF14ベンチマークは最高画質で「とても快適」、画質を落とせば「非常に快適」の評価です。画面を見ていた感じでは標準品質ならサクサク動いていました。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
20589 30327 40780

PSO2は問題なくプレイできるスコアです。ただしプレイヤーが多い状況だとカクカクする可能性が高いため、多少画質を落としたほうがよさそうです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は17919です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは16613でした。Core i7-8750Hの影響で若干スコアが伸びています。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
2348 2148 4993

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位85%」の評価でした。かなり低いですね。まだDirectX12を標準にしたゲームは少ないですが、今後のことを考えるとGTX1060以上にしたいです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
6420 7008 14151

3DMARK FireStrikeの評価では「上位67%のパソコン」です。現在DirectX11が主流になっています。あまり重くないゲームならこのゲーミングノートPCで快適に遊べます。

SSDの読み込み速度が高速だったり、薄型であまり重くなかったりと普段遣いや持ち運びには優れたノートPCです。日常的にノートPCを使いつつ、たまに軽いゲームをプレイしようと考えている方におすすめです。

Pavilion Gaming 15-cx0000の価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ