ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア MT 性能レビュー

ドスパラ ガレリア MT 性能レビュー

GTX1060 6GB搭載のミニタワーデスクトップ!

GTX1060搭載のゲーミングPCが欲しいけれど、ミドルタワーやフルタワーは大きくて嫌だなぁ、と思うならガレリア MTはいかがでしょうか。ガレリア MTはミニタワーでありながら、ミドルタワーのガレリア XTと似たようなスペックです。

ガレリア MTがどんな使い勝手でどれくらいの性能を持っているのか検証したのでレビューしていきます。

ガレリア MTはこんな方におすすめ!

やや省スペースなデスクトップゲーミングPCが欲しい!
格安のゲーミングPCが欲しい!
でも色々なゲームが遊べる性能を求めている!

ガレリア MTのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 6GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
250GB SSD + 1TB HDD インテル B250 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)

ガレリア MTの価格と詳細はこちら

典型的なミドルスペックゲーミングPCです。やはり最近はCore i7-7700 + メモリ8GB + GTX1060の組み合わせが人気ですね。それにストレージもSSD + HDDのデュアル構成になっていますし、普段使いにも嬉しいパーツ構成です。

ガレリア XT」との違いは別記事に詳しく書く予定なので簡単に比較すると、ガレリア XTのほうがPCケースのサイズがやや大きく、ストレージ容量が多く、拡張性も高いです。

ガレリア MTには安いというメリットがありますが、私は様々な要素で勝っているガレリア XTをおすすめしたいです。もちろん価格重視、サイズ重視ならガレリア MTのほうがいいです。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「SK hynix SL308 HFS250G32TND-N1A2A」でシーケンシャルリードが562MB/s、シーケンシャルライトが485MB/sです。ドスパラのゲーミングPCにSK hynixのSSDが搭載されているのは初めて見る気がします。価格.comを見てみたら売れ筋ランキング2位でした。良いSSDを採用してくれています。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが200MB/s、シーケンシャルライトが183MB/sです。

ガレリア MTの外観

次にガレリア MTの外観や接続端子のレビューをしていきます。

PCケースは「ガレリア専用 KTMケース ブラック」でミニタワーに分類されます。サイズは幅185 x 奥行き395 x 高さ370 mmです。背が低いタイプなので置き場所に困ることはないでしょう。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。また、一番上にはDVDスーパーマルチドライブもあります。

上部は塞がっています。デスクトップの上に物を置きたい人には嬉しいですね。私はヘッドセットの置き場所にしています。

左側には吸気口が2つあります。どちらにもケースファンを追加できます。

パーツが詰め込まれています。ミドルタワーやフルタワーに比べるとパーツ同士の距離が近くなります。

CPUクーラーはサイドフローで、フロントケースファンから送られてきた空気をヒートシンクに当てて、CPUファンで排熱する構造です。ミドルタワー以上だと逆向きが多いです。

拡張スロットはPCI Express x1が1つ空いていますが、グラフィックボードに近いので利用しないほうがいいでしょう。

背面です。初期構成だとケースファンはフロントとリアの合計2つです。

マザーボードのバックパネルにはPS2が2つ、USB3.0 Type-C、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連があります。

GTX1060 6GBの映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア MTの温度

ベンチマークソフトを1時間動作させて各パーツがどれくらいまで温度が上がるか計測しました。

CPU(Core i7-7700)は最大68℃、SSDは最大39℃、HDDは最大36℃、GTX1060は最大75℃まで上がりました。思ったよりもかなり低い温度に収まっています。エアフロー設計がしっかりしている証拠です。

ガレリア MTのベンチマークスコア

ガレリア MTの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
12082 13404 17025

FF14ベンチマークはすべての画質で「非常に快適」の最高評価でした。この時点でほとんどのゲームを高画質で遊べることが確定しました。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
55900 77319 97028

PSO2ベンチマークも最高画質で100fps出せるスコアです。ガレリア XTとほとんど変わらない性能です。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は20694です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは26042でした。GTX1060 6GBは大抵こんなスコアです。GTX1070 8GBだと35000くらいになります。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
4227 4138 4821

最新ゲームをプレイしたい人にとって「GTX1060で大丈夫なのか?」という疑問は重要です。そんな時に役立つのがDirectX12の性能を検証できるTimeSpyです。今後DirectX12のゲームは確実に増えてきますから是非参考にしたいです。

肝心の評価は「上位57%」と真ん中くらいに位置しています。少なくともVR Readyの基準よりは上ですから、画質さえ下げれば最新ゲームもプレイできます。例えばPUBGを画質を最低にしてGTX1060でプレイしている人は大勢います。ただし最新ゲームをプレイしたいならメモリは16GBに増やすべきです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
11129 13140 12831

3DMARK FireStrikeの評価では「上位26%のパソコン」です。現在ミドルスペックのカテゴリに入っているGTX1060ですが、実際には十分ハイスペックです。ほぼすべてのゲームを遊べる性能を持っているのに、こんなに安いのはゲーマーとしては嬉しいものです。

やや小型で使い勝手もかなり良いデスクトップですからしっかり満足できるゲーミングPCです。安いミドルスペックゲーミングPCを求めている人におすすめします。

ガレリア MTの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ