ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > パソコン工房 LEVEL∞ C-CLASS GTX1060搭載モデル 性能レビュー

パソコン工房 LEVEL∞ C-CLASS GTX1060搭載モデル 性能レビュー

小型で格安なミドルスペックデスクトップ!

パソコン工房にはLEVEL∞(レベルインフィニティ)というゲーミングPCブランドがあります。正確には同じユニットコムグループであるiiyamaのブランドです。

そのLEVEL∞にはいくつものデスクトップがあり、一番小型なのがC-CLASSです。C-CLASSのなかでも最もスタンダードなパーツ構成であるモデルを入手したのでレビューしていきます。

C-CLASS GTX1060搭載モデルはこんな方におすすめ!

部屋や机が狭いから小型デスクトップが欲しい!
人気のパーツ構成を選びたい!
拡張性はあまり気にしない!

C-CLASS GTX1060搭載モデルのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700(水冷クーラー)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 6GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD インテル H110 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W 80PLUS SILVER

C-CLASS GTX1060搭載モデルの価格と詳細はこちら

パソコン工房のゲーミングPCは製品名というかモデル名がころころ変わるのでここでは特に記載しません。とりあえずGTX1060 6GB + Core i7-7700のモデルだと覚えておけばOKです。

それにしても驚いたのがGTX1060 6GBです。同じユニットコムグループのG-TuneにはGTX1060 3GB搭載デスクトップしかないのに、パソコン工房は3GB版も6GB版のどちらも用意しています。これは大きなメリットです。

光学ドライブ非搭載ですが、カスタマイズで追加可能です。絶対に必要になるなら追加しておきましょう。使うかどうかわからないなら非搭載のまま購入して、必要になったら外付け光学ドライブを購入すればいいと思います。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Crucial MX300シリーズ」でシーケンシャルリードが531MB/s、シーケンシャルライトが502MB/sです。やはりパソコン工房とG-Tuneとでは採用するパーツがそもそも違うようです。少なくともG-TuneでCrucial SSDが初期搭載されているのを見た記憶はありません。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST1000DM010」でシーケンシャルリードが208MB/s、シーケンシャルライトが204MB/sです。SSDもHDDも平均的な速度です。

C-CLASS GTX1060搭載モデルの外観

次にC-CLASS GTX1060搭載モデルの外観や接続端子のレビューをしていきます。

小型ゲーミングPCのなかではキューブ型に該当するのでしょうか。スリム型ではないものの、縦幅が小さいのがメリットです。全体の寸法は、幅:178 × 奥行:388 × 高さ:296 mmです。奥行きは15.6型ノートPCとほぼ同じサイズです。

前面の丸っこいメッシュは取り外し可能です。以前はこのカバーを別デザインに変更可能だったと思うのですが、今カスタマイズ画面を見たら選択肢が消えてました。ただしフロントケースファンを交換し、LEDライトの色を変更することはできるみたいです。

正面の右側には電源ボタン、USB3.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力があります。

底面には吸気口があります。二重のメッシュ構造になっています。

外側のメッシュはスライドさせて取り外せます。掃除が楽になるので良い工夫です。

左側も吸気口です。大部分が細かいメッシュで覆われています。小型デスクトップですからエアフローを重視しています。この写真だと右側にHDDが見えていて、左側は水冷CPUのラジエーターがあります。あと左下にGTX1060があります。

右側も似たような構造です。電源ユニットとマザーボードの裏側が見えています。

左側を開けてみましたが、ここからさらに内部を見るためにはネジをたくさん取り外さなければならないので、メンテナンス性はかなり低いです。HDDを追加するのも一苦労だと思います。パーツの交換や追加をする予定なら、素直にミドルタワーケース以上のゲーミングPCを選んだほうがいいです。

背面です。マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が4つ、USB3.0が2つ、LANポート、サウンド関連があります。

GTX1060の映像出力端子はDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。

C-CLASS GTX1060搭載モデルの温度

C-CLASSは小型ケースにパーツが詰め込まれています。果たしてパーツの温度は大丈夫なのでしょうか。そこでベンチマークソフトを約1時間動作させながら温度を計測してみました。

CPU(Core i7-7700)は最大66℃、SSDは最大48℃、HDDは最大41℃、グラフィックボード(GTX1060)は最大83℃でした。水冷クーラーのおかげでCPUの温度が素晴らしく低いです。一時的に温度が上昇しても、すぐに下がっていってました。

C-CLASS GTX1060搭載モデルのベンチマークスコア

C-CLASS GTX1060搭載モデルの性能をベンチマークソフトで評価しました。

FF14ベンチマーク

DX11 最高品質 DX11 高品質
12456 14316
DX11 標準品質 DX9 最高品質
21189 15850

FF14ベンチマークはGTX1060 6GBとしては平均的なスコアになりました。最高品質の設定でも余裕があります。次期バージョンである「紅蓮のリベレーター」は最高品質設定で12121というスコアでした。このゲーミングPCで快適に遊べます。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
53551 77068 91097

PSO2ベンチマークはかなり高いスコアが出ました。Core i7-7700、メモリ8GB、GTX1060の組み合わせでこんなに伸びたのは初めてかもしれません。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は20427です。GTX1060で20000越えは珍しいです。

MHFベンチマーク

MHFは24889です。GTX1060 6GBだと25000前後になるのが普通です。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
4210 4097 4992

3DMARK TimeSpyの評価は「上位56%」です。ミドルスペックらしいスコアですね。DirectX12の最新ゲームをやるならもっとハイスペックなゲーミングPCをおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
11085 13095 12779

3DMARK FireStrikeの評価では「上位25%のパソコン」です。GTX1060搭載ゲーミングPCで11000を越えたのは初めてです。小型だからといって性能が下がることはありませんでした。むしろ伸びています。本当に素晴らしい性能ですね。

小さいサイズのデスクトップが欲しくて、あらゆるゲームを快適に遊びたい方におすすめです。

C-CLASS GTX1060搭載モデルの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ