ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 新PCケース!NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV 性能レビュー

新PCケース!NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV 性能レビュー

10万円で買える大人気の激安デスクトップ!

G-TuneのNEXTGEAR-MICROシリーズがリニューアルし、新しいPCケースへと変わりました。見た目だけでなく内部の構造やエアフロー設計までがらりと変更しています。

今はまだ古いのと新しいのが混在していますが、しばらくしたら新NEXTGEAR-MICROだけになるはずです。では新PCケースを採用したNEXTGEAR-MICROのなかで、特に格安で人気のNEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVをレビューしていきます。

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVはこんな方におすすめ!

10万円の予算でデスクトップゲーミングPCを買いたい!
どうせ買うなら格好良いゲーミングPCがいい!
重いゲームはプレイしない予定!

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-8400
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050 2GB 8GB(PC4-19200)
ストレージ チップセット
1TB HDD インテル H370 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W 80PLUS BRONZE

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの価格と詳細はこちら

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVはGODSGARDENというゲーマー集団とのコラボモデルのため、コスパがよくなっています。10万円のゲーミングPCが欲しい人にぴったりです。

とはいえCore i5にメモリ8GB、GTX1050というパーツ構成を考えると重いゲームをプレイするのには向いていません。あくまでも軽いゲーム用のエントリーモデルです。重いゲームをプレイしようと思ったら最低でもGTX1060、できればGTX1070Ti以上にすべきです。

また、このままのパーツ構成で買うのはおすすめしません。問題はストレージです。1TB HDDは容量的には問題ありません。でも速度が遅いです。ここはSSD + HDDにするのが正解です。240B SSDを追加しても最終的な価格は11万円にしかなりません。

SSDとHDDの速度

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVに搭載されたストレージはどれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

HDDは「SEAGATE ST1000DM010」でシーケンシャルリードが206MB/s、シーケンシャルライトが183MB/sです。SSDなら2倍以上の速度が出ます。

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの外観

次にNEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの外観や接続端子のレビューをしていきます。

サイズは幅188.8 × 奥行き410.5 × 高さ400 mmです。ミニタワーに該当すると思います。以前のNEXTGEAR-MICROとは完全に異なるPCケースですね。正面にケースファンがありません。

正面の一番上にインターフェイスがまとまっています。マイク入力、スピーカー出力、USB3.0が2つ、HDMI出力、電源ボタンがあります。正面にHDMI出力端子があるのはちょっと謎です。いまいち想定している使い方がわかりません。

初期構成では光学ドライブが非搭載です。カスタマイズでDVDドライブやBDドライブを追加できるので、必要だと思ったら変更しましょう。

上部にもメッシュフィルターがありません。これを見て思い出しました!以前G-Tuneの社員さんがGODSGARDENの生配信で、ゲーマーからゲーミングPCに関するアンケートを取っていました。

「デスクトップの上に物を置くか?」「SDカードスロットは必要か?」等の質問をしていて、見事にアンケート結果が反映されています。あの時のアンケートはNEXTGEAR-MICROリニューアルのためだったんですね。やっと腑に落ちました。ユーザーの意見を反映してくれるのは本当に素晴らしです。

左側も塞がっています。サイドパネルのネジを2つ取り外すと開きます。

開けてみました。旧NEXTGEAR-MICROと同じように綺麗な裏配線です。そして左上が電源ユニットで右上がストレージです。ドスパラにもほとんど同じ構造のゲーミングPCがあります。最近の流行なのでしょうか。

CPUクーラーはトップフローです。メモリスロットは2つしかありませんが、最大で32GBまで増設できます。マザーボードはASRock B360Mです。

底面から吸気し、背面に排気するエアフロー設計です。効率よく空気を吸い込めるかが重要なので、底面のメッシュフィルターは大きく細かいものが採用されています。しかもマグネット式で簡単に取り外し可能です。水洗いまでできる優れものです。

右側です。

背面です。ケースファンは中央のリアファンだけです。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が4つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce GTX1050の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの温度

ベンチマークソフトを1時間動作させたところ、CPU(Core i5-8400)は最大57℃、HDDは最大36℃、GTX1050は最大59℃まで上昇しました。ケースファンが少なくて大丈夫かな?と心配でしたがまったく問題ありません。よくできたデスクトップだと思います。

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVのベンチマークスコア

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
2141 3464 4738

FF15はまったくもって無理です。カクカクどころか紙芝居状態でした。やはりGTX1050で重いゲームは無理があります。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
7076 8267 13826

FF14ベンチマークはすべての画質で「非常に快適」です。FF15とは打って変わって高い評価です。FF14は軽いゲームではありませんがそこまで重くもありません。10万円のゲーミングPCでこのクラスのゲームをプレイできるのは嬉しいですね。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
17865 47418 66898

PSO2ベンチマークは設定6だと極端にスコアが落ちています。設定5なら問題なくプレイできます。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は18368です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは13474です。GTX1060搭載ゲーミングPCの約半分です。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
2090 1905 4653

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは下から9%の評価でした。最新の重いゲームは無理だという判定です。最新ゲームの推奨スペックはCore i7、メモリ16GB、GTX1060以上ですから当たり前といえば当たり前です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
6404 6969 12035

3DMARK FireStrikeの評価では「上位67%のパソコン」です。VR推奨の性能にも達していないため、軽いゲームをプレイするのに適したゲーミングPCだと言えます。

とはいえ多くのゲームを快適にプレイできることは間違いありません。格好良いデザインの格安ゲーミングPCが欲しい人にNEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVはかなりおすすめです。

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 夏のボーナス特集でゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ