ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TV 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TV 性能レビュー

GTX1060 3GB搭載の格安デスクトップ!

GODSGARDENの顔TVコラボモデルが刷新されSkylakeからKaby Lakeになりました。前回GTX1050を搭載した「NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TV」をレビューしましたが、今回はGTX1060 3GB搭載の「NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TV」です。

グラフィックボード以外のパーツはどうなのか、どんな人におすすめなのか、どれくらいの性能なのかを評価していきます。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVはこんな方におすすめ!

格安のGTX1060搭載デスクトップが欲しい!
でもCPUとストレージは高性能にしたい!
大抵のゲームを遊べる性能にしたい!

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-7700(4コア/3.60GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 3GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD INTEL H110 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W(80PLUS SILVER)

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVの価格と詳細はこちら

NEXTGEAR-MICROシリーズにはGTX1060搭載ゲーミングPCが2つあります。片方はCore i5-7400である代わりに格安です。もう片方であるこちらはCPUがCore i7-7700になっています。

Core i5にするかCore i7にするかは賛否両論あると思いますが、私なら最新ゲームにも使えるCore i7にします。どちらにするかは自分がプレイするゲームの推奨スペックを見て決めましょう。また、これから出る最新ゲームをやりたいならCore i7がおすすめです。

他のパーツを見ると典型的なミドルスペックゲーミングPCといった感じです。格安ながらもSSDが搭載されていますし、カスタマイズするとすればメモリくらいでしょうか。最近はメモリが安いですから16GBにしてもそれほど高くなりません。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVの外観

次にNEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVの外観や接続端子のレビューをしていきます。

DVDスーパーマルチドライブとマルチカードリーダーはオプションで追加可能です。もしもDVDスーパーマルチドライブを追加した場合は一番上の部分に搭載されます。

正面にはマイク入力、スピーカー出力、USB2.0が2つ、USB3.0、電源ボタンがあります。この2つのUSB2.0端子にマウスとキーボードを接続するのが良さそうです。

上部には排気口があり、ケースファンが搭載されています。

左側は吸気口です。大きいですがメッシュは細かいのでホコリが入りにくい工夫が施されています。

開けてみました。フロントファンは2つあり、下側はストレージにダイレクトに風が当たる構造です。中央のファンはグラフィックボードに風が当たって、CPU側に抜けていく構造ですね。

ちょっと気になったのがメモリです。8GB x 1のシングルチャネルです。4GB x 2のデュアルチャネルのほうが高速なのでちょっと残念です。またメモリスロットは1つしか空いていません。速度と容量を両立できる8GB x 2のデュアルチャネルにしたくなります。

GeForce GTX1060 3GBです。G-TuneのGTX1060は3GB限定です。6GB版はありません。

拡張スロットはPCI Express x 1が2つ空いています。

右側です。裏配線をどうにか調整したいときにだけ開けます。

背面です。NEXTGEAR-MICROの旧モデルは青いUSBケーブルが伸びていましたが、それがなくなったのでとてもすっきりしました。

マザーボードの接続端子はPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。

GeForce GTX1060 3GBの接続端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。おそらく4画面出力対応です。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVの温度

FF14ベンチマークとPSO2ベンチマークを約1時間ぶん回しながら、温度を計測しました。Core i7-7700とGTX1060の最高温度をご紹介します。

Core i7-7700が最大73度、GTX1060が最大70度まで上がりました。ゲーミングPCのレビューをしていて80度以上になるなんてザラですから、これはかなり低い温度の部類です。さすがはエアフローにこだわりを持つNEXTGEAR-MICROですね。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVのベンチマークスコア

激安ゲーミングPCでオンラインゲームをしっかり遊べるのでしょうか。その性能をベンチマークソフトで計測してみました。解像度はすべて1920×1080に設定しました。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
11884 13729 19717
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
14895

FF14ベンチマークはすべての画質で「非常に快適」です。今回のレビューではDirectX 9の計測を減らしてのですが、みんなどっちを使っているんでしょうか?多分みんな高画質なDirectX 11だと予想しています。どちらにしてもこのゲーミングPCなら最高画質でもサクサクです。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
44988 60112 83955

PSO2ベンチマークもすべての画質で素晴らしいスコアが出ました。メモリ8GBだからもっと低くなると思っていたので意外です。Core i7-7700のおかげかもしれません。

ドラクエ10

ドラクエ10は19756です。ドラクエ10ならGTX1050でいいです。

MHF

MHFは24182です。GTX1060 6GBとくらべても遜色のないスコアです。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
10237 11913 12436

3DMARK FireStrikeは「上位30%」という評価です。現状10000を越えていれば大抵のゲームがサクサク動きます。それなのにこれだけ安い価格で買えるのは嬉しいです。格安だけどしっかりした性能のゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-TVの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ