ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 限定モデル!G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPB 性能レビュー

限定モデル!G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPB 性能レビュー

今しか買えない!GTX1060にCore i5-7500で11万円!

G-TuneコラボPC第7弾のモデルが売り切れ、全部新しくなりました。一応、第8弾ということになるのでしょうか。コラボPC3種類のうち、一番安いデスクトップゲーミングPCを今回はレビューしていきます。

「10万円ちょっとで性能のいいゲーミングPCが欲しいな」「でもSSDもしっかり搭載してPCをサクサクにしたい」というこれまで実現できていなかった2つの要望を満たす激安モデルの登場です。

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPBはこんな方におすすめ!

12万円以下のゲーミングPCが欲しい!
SSDでパソコンをサクサクにしたい!
大人気のGeForce GTX1060でゲームを楽しみたい!

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPBのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i5-7500
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 3GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
240GB SSD + 2TB HDD INTEL H110 Express
光学ドライブ 電源
なし 500W(80PLUS SILVER)

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPBの価格と詳細はこちら

G-TuneではGTX1060に対してCore i7-7400、Core i5-7500やCore i7-7700のCPUを採用する傾向があります。Core i7-7400だと動作周波数がちょっと低い、Core i7-7700だと価格が一気に跳ね上がる・・・となるとCore i7-7500が一番良さそうだと判断しました。

最大3.8GHzもあればどのゲームの推奨スペックもクリアしていますし、この動作周波数を上回るようなゲームが出てくることもしばらくはないでしょう。もちろん一部の最新ゲームはCore i7を推奨しているのですが、ほとんどのゲームはCore i5 + GTX1060で大丈夫です。

ストレージはしっかりSSD + HDDに構成になっています。やっと初期構成からSSD + HDDになっているのが常識になってきて私は嬉しいです。

ストレージの速度

SSDとHDDとで、どれくらい速度が違うか確認してみましょう。

SSDの速度

SSDはシーケンシャルリードは555MB/sです。シーケンシャルライトは279MB/sです。シーケンシャルリード以外は結構遅いです。でもレビューの際に使った感じだと十分サクサクだったので、やはりシーケンシャルリードが最重要です。

HDDの速度

SSDはシーケンシャルリードは213MB/sです。シーケンシャルライトは210MB/sです。

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPBの外観

次にNEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPBの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのデスクトップゲーミングPCで、最も空冷に重視しています。

前面のメッシュ部分は取り外し可能です。たまに掃除してあげましょう。

正面の接続端子はUSB3.0、USB2.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子、電源ボタン、リセットボタンです。私ならマウスとキーボードをUSB2.0に接続して、USB3.0はUSBメモリのために空けておきます。ちなみにDVDドライブは搭載されていません。

上部は排気口があります。ここにもしっかりファンが搭載されています。

左側は吸気口です。

開けてみると内部はかなりすっきりしています。NEXTGEAR-MICROは所謂「裏配線」になっているので、かなり気に入っています。

GeForce GTX1060です。補助電源が余っていることからわかるように、将来的にハイスペックなグラフィックボードに交換しても大丈夫です。

GTX1060の下にPCI Express ×1が2つ空いています。

右側は下の方に小さい吸気口があります。

背面はフロントファンを回転させるための青いUSBケーブルがなくなりました。そのおかげで使用可能なUSB3.0端子が増えました。

マザーボードの接続端子はPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。標準的ですね。

GeForce GTX1060の接続端子はDVI-I、HDMI、DisplayPortが3つです。

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPBのベンチマークスコア

約11万円のゲーミングPCにどれくらいの性能を期待しますか?安いのにオンラインゲームがサクサクなら最高ですよね。ではベンチマークソフトで検証してみましょう。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質
11369 12920
DX11 標準品質 DX9 最高品質
18427 13897

FF14ベンチマークは思ったよりも高いスコアが出ました。GTX960を搭載した旧モデルより75%も性能アップしています。GTX1060は本当にコスパがいいですね。

紅蓮のリベレーターベンチマークも最高品質設定で10633の「非常に快適」でした。紅蓮のリベレーターはCore i5推奨なので、このゲーミングPCは非常におすすめです。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
35992 46275 52214

PSO2ベンチマークはどの設定でもヌルヌルです。最高画質でも100fps以上出ていました。PSO2は大規模アップデート後、CPUやメモリの性能に大きく依存するようになりました。Core i5-7500のおかげでスコアが伸びています。

ドラクエ10

ドラクエ10は18677でした。余裕の最高評価です。

MHF

MHFは21616です。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
3619 3667 3374

DirectX12の最新ゲームをやるならもっとハイスペックなゲーミングPCのほうがよさそうです。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
9368 11615 7787

3DMARKの評価では「上位41%のパソコン」です。11万円でもVR Readyのスペックをクリアしています。繰り返しますが通常モデルよりも安くなっています。期間限定なので安いゲーミングPCが欲しい方はお早めに!

NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPBの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 秋の売れ筋パソコン特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ