ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-NOTE i980BA1 実機レビュー

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i980BA1 実機レビュー

マウスコンピューターのカンファレンスでG-Tune NEXTGEAR-NOTE i980BA1に触れて、ベンチマークスコアを計測してきたので実機レビューを書いていきます。ゲーミングノートPCの中でもかなりコスパの良いモデルだとわかりました。

NEXTGEAR-NOTE i980BA1公式ページはこちら

NEXTGEAR-NOTE i980BA1のスペック

OS CPU
Windows8 64bit Core i7-4700MQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX780M(4GB) 16GB PC3-12800
HDD チップセット
256GB SSD + 1TB HDD インテル HM87 Express
光学ドライブ ディスプレイ
DVDスーパーマルチドライブ 17.3型 フルHDノングレア液晶

GeForceの700シリーズの中で一番性能の良いGTX780Mを搭載していますね。メモリ、CPUもバランス良いですし、SSD搭載ですからOSの起動やゲームの動作が快適になること間違いなしです。SSDに加えてHDDが1TBもあり、容量に関して困ることはなさそうです。

やはり注目すべきは17.3型のノングレア液晶でしょう。通常、15.6型が一般的ですが、私はゲームPCには17.3型がベストだと考えています。なぜならノートPC最大の弱点は画面の小ささだからです。デスクトップ用のゲーミングディスプレイと比較すると、チャットの文字が小さかったり、FPSでは敵が見にくかったりします。でも17.3型なら大丈夫です。どんなゲームでも大画面で楽しむことができます。もちろんスコアアップにも有利になります。

ただし、17.3型の実機を触ってみるとかなり大きい印象を受けます。外出して持ち運びするにはちょっと重いでしょう。でも自宅でしか使わないならゲーミングノートPCとして最適なサイズです。

NEXTGEAR-NOTE i980BA1の外観

次に外観、キーボード、接続端子などをレビューしていきます。

画面は17.3型のアスペクト比16:9ですが、そこまで横長の印象はありません。オンラインゲームでは横長すぎると逆にプレイしにくくなるため、これくらいが調度良いですね。写真を撮ってみると、ノングレアの威力がよくわかります。一般的なノートPCの液晶はテカテカと光って反射してしまうのですが、ノングレアは反射しないのでとても見やすいと感じました。

キーボードはタッチ感が素晴らしかったです。同時押しにもしっかり対応していました。また、テンキーを搭載しているのも良いですね。G-Tuneはゲーム用ノートPCにテンキーを搭載したモデルを数多くリリースしています。ゲーム用ならキーの数は多ければ多いほど、割り当てができるのでプレイヤーにとって有利です。特にMMORPGでプレイのしやすさが段違いになります。

右側の接続端子はUSB2.0とオーディオ関連です。スピーカーとマイクだけでなく、7.1chアウトプットであるS/PDIF ポートも搭載されています。最近はゲーミングヘッドセットも7.1chに対応したものが出てきていますから、これは嬉しいですね。

左側の接続端子はLANポート、USB3.0が2個、USB2.0が1個、マルチカードリーダー、IEEEが搭載されています。マウスにわざわざUSB3.0を使う必要はありません。外付けHDDなど転送速度が必要なもののために空けておきましょう。

背面は電源とディスプレイポート、ミニディスプレイポートです。別のディスプレイに出力することがあるかわかりませんが、ディアルディスプレイを使いたい方には音声も一緒に出せるので便利です。

NEXTGEAR-NOTE i980BA1のベンチマークスコア

ではいよいよ肝心のベンチマークスコアをレビューしていきます。今回計測したのは3DMARK、新生FF14、PSO2の3種類です。どれも1920×1080の最高画質で計測しています。

3DMARMはゲームPCとして平均的なスコアです。NEXTGEAR-NOTE i980BA1はミドルスペックなので、性能通りの数値が出ました。

新生FF14は5665で「とても快適」という評価です。基本的に4000以上なら十分快適にプレイできるスコアですから、5665なら解像度を高くして、画質を上げてもカクつくことはなさそうです。重くなりがちな街の中心もヌルヌル歩けるでしょうし、ダンジョンでも操作が安定するはずです。

PSO2ベンチマークは1934でした。これはちょっとおかしいですね。以前も似たような症例がありましたが、実際のスペックよりも明らかに低いベンチマークスコアが出てしまいました。私の感覚では15000以上は確実に出るスペックです。おそらくPSO2ベンチマーク側の不具合だと思います。事実、画質の標準にしたら高いスコアが出ました。

NEXTGEAR-NOTE i980BA1公式ページはこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im590SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ