ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX980搭載のハイエンド!G-Tune NEXTGEAR i850PA2 性能レビュー

GTX980搭載のハイエンド!G-Tune NEXTGEAR i850PA2 性能レビュー

噂の最新グラフィックボード「GeForce GTX980」をついにレビューする時がきました。東京ゲームショウ2014で発表され、それと同時にニュースサイトでレビュー記事が更新されて、Twitterでも話題になっていました。

私はこれまでGeForce GTX780Tiこそが最強のグラフィックボードだと思っていました。でもGTX980はGTX780Tiをも上回る性能とコスパがあります。それが本当のことなのか今回のレビューで確かめてみましょう。

NEXTGEAR i850PA2はこんな方におすすめ!

最強性能・最強コスパのグラフィックボードが欲しい!
グラボ以外も徹底的にハイスペックにしたい!
すべてのオンラインゲームをヌルヌル動かしたい

NEXTGEAR i850PA2のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows8.1 Pro 64bit Core i7-5820K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX980 4GB 32GB DDR4
HDD チップセット
2TB HDD インテル X99 Express
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 700W(80PLUS BRONZE)

NEXTGEAR i850PA2の価格と詳細はこちら

スペック表をよく見てください。気付きましたか?決してGTX980だけのゲームPCではありません。現在主流のCPUといえばCore i7-4790です。でもNEXTGEAR i850PA2に搭載されているCPUは最新のCore i7-5820Kです。

それに伴いチップセットも最新です。新しい高性能なパーツを使うのに必要なX99 Expressチップセットです。そしてメモリも強化されています。多くの場合、DDR3という世代が使われていますが、2倍も高速なDDR4が搭載されています。

GTX980やDDR4メモリは省電力というメリットもあります。省電力になると熱が発生しにくくなります。「ゲームPCを使っていると、どんどん熱くなってきてカクカクする」なんて事態を避けられるようになるのです。

NEXTGEAR i850PA2の外観

次にNEXTGEAR i850PA2の外観や接続端子のレビューをしていきます。

ハイエンドゲームPCだからMASTERPIECEシリーズかな?と思いきや、意外にもNEXTGEARです。

この前面は開きます。DVDドライブを使用する際には必ず開かなければいけません。で、今回のレビューで初めて気付いたのですが、前面のメッシュはワンタッチで取り外せるのですね。パパっと水洗いできて非常に便利です。

日常的にNEXTGEARのゲームPCを使っていますし、何度もレビューをしているのに今まで気付かなかったことがちょっとショックです・・・。

上部には電源ボタンと接続端子があります。冷却用の通気口はありません。上部にファンがあるべきかどうかは意見がわかれるところでしょうが、ホコリが入りにくいという観点から個人的にはなくても良いと思っています。

マザーボードが新しくなったものの、接続端子に違いはないようです。マルチカードリーダー、USB3.0が2個、USB2.0が2個、ヘッドホン端子、マイク端子です。

左側は中央部分に通気口が空いています。

逆に右側は空いていません。

今回、背面を見て色々な違いがあることに気付きました。

まずマザーボードの接続端子が大きく変わっています。これまでならUSB3.0とUSB2.0の数が同じくらいでした。しかしNEXTGEAR i850PA2はなんとUSB3.0が8個も搭載されています。USB2.0が2個だけです。もう完全にUSB3.0の時代に移行しようとしていますね。

さらにGTX980の接続端子でも時代の移り変わりを感じることができます。DVIが1つしかないのです。代わりにDisplayPortが3個もあります。残り1つはHDMIです。デュアルモニタにする際はケーブルに注意してください。

内部を見てみましょう。CPUクーラーがでかい!!笑っちゃうレベルです。

CPUクーラーはCoolerMaster製です。

逆から見ると大きさがよくわかります。

GTX980は最近のグラフィックボードとしては普通の大きさです。

NEXTGEAR i850PA2のベンチマークスコア

ではいよいよGeForce GTX980の実力を見てみましょう。いつもと1つだけ違うのはウィンドウモードではなくフルスクリーンでベンチマークソフトを動作させました。ウィンドウモードだと数値が少し低くなったためです。

また、せっかくの最新CPUとメモリですから、CrystalMarkというベンチマークソフトも使用しました。その結果、NEXTGEAR i850PA2の性能をかなり詳しく知ることができました。

いきなり歴代1位!最高品質で16456、標準品質で27982です。過去にレビューしたGTX780Ti搭載ゲームPCと比較してみると、約10%性能が向上していることがわかります。

最高画質設定で97196です・・・。なんかもう桁違いの性能ですね。もちろん過去最高のスコアです。標準画質だと176034でした。GTX780Tiより20%以上高いスコアです。

ドラクエ10はもう駄目ですね。ハイエンドPCの性能を計測するのには向いていません。

MHFは29895でした。これも歴代1位です。

CrystalMarkを使った理由は主にメモリの性能チェックです。右側の数値に注目してください。ReadとWriteが40000前後ですよね。試しに手持ちのDDR3メモリで計測してみたところ20000前後でした。確かに2倍高速になっています。

3DMARKのFireStrikeのスコアがとうとう10000を越えました。そして評価は「上位4%のパソコン」です。これより上位なのはSLI構成のパソコンだけでしょう。

GTX980がハイエンドだと証明されました。その割に随分と安いのが魅力です。だから新しくデスクトップゲームPCを買うなら、GTX980を第一候補にして欲しいくらいです。超おすすめですよ!

NEXTGEAR i850PA2の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 秋の売れ筋パソコン特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ