ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7900SA1 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7900SA1 性能レビュー

4K対応!GTX1080搭載の最強ハイエンドノートPC!

最強グラフィックボードのGeForce GTX1080を搭載したゲーミングノートPCが登場しました。G-Tuneが他のBTOメーカーよりも早く新製品を出すのは珍しい気がします。

GTX10シリーズではこれ以上のグラフィック性能を持ったゲーミングノートPCはおそらく出ないでしょう。そんな最強ゲーミングノートPCであるNEXTGEAR-NOTE i7900SA1をレビューしていきます。

NEXTGEAR-NOTE i7900SA1はこんな方におすすめ!

最強のゲーミングノートPCが欲しい!
最新ゲームを高画質で遊びたい!
重いノートPCでも問題なし!

NEXTGEAR-NOTE i7900SA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700K(4コア/4.00GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080 8GB 16GB PC4-17000
ストレージ チップセット
480GB SSD + 1TB HDD INTEL Z170 Express
光学ドライブ 液晶
なし 17.3型 4K-UHDノングレア

NEXTGEAR-NOTE i7900SA1の価格と詳細はこちら

凄まじいパーツ構成です。これはもうノートPCではなくハイスペックデスクトップゲーミングPCです。特に注目したいのがCPUです。グラフィックボードがGTX10シリーズになって、ノートとデスクトップのグラフィック性能はほとんど差がなくなりました。

そうなった今、パーツの性能差が最も大きいのはCPUです。ゲーミングノートPCで人気のCPUといえばCore i7-6700HQです。Core i7-6700HQの定格クロックは2.6GHzです。一方、ハイスペックゲーミングPCで採用されているCPUは定格クロックが4.0GHzのCore i7-6700Kです。

最近のオンラインゲームはCPUの性能次第でフレームレートが上下するため、高性能なCPUを選ぶに越したことはありません。その対策なのでしょう。NEXTGEAR-NOTE i7900SA1にはCore i7-6700Kが搭載されているので、デスクトップそのままの性能を発揮してくれます。

ストレージの速度

NEXTGEAR-NOTE i7900SA1のストレージ速度をCrysitalDiskMarkで計測しました。

SSD

SSDのシーケンシャルリードは557MB/s、シーケンシャルライトは450MB/sです。読み込みも書き込みもなかなか高速です。480GBと容量たっぷりなのも嬉しいです。

HDD

HDDのシーケンシャルリードは121MB/s、シーケンシャルライトは118MB/sです。

NEXTGEAR-NOTE i7900SA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i7900SA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

実寸は418(幅)×295.3(奥行き)×40.9(厚さ)mmです。重量は約4.5kgです。17インチにデスクトップ用のパーツを詰め込んでいるので、やはり重いですね。

さらにACアダプタも巨大です。トータル5kgを越えてしまいます。毎日持ち運ぶのはかなり大変だと思います。どちらかといえば自宅専用のゲーミングノートPCではないでしょうか。

外観はグレーがかったブラックです。

フルキーボードでマイクロキーはありません。

スペースに余裕があるためか、各キーがしっかりした大きさなのでタイピングしやすかったです。

トラックパッドの左上にあるのは指紋センサーです。指紋センサーをトラックパッド内に配置するノートPCは初めて見ました。

電源ボタンは中央奥にあります。

電源が入るとキーボードバックライトと電源ボタンが光ります。

液晶モニターの最大解像度は3840 × 2160の4Kです。電源を入れてセットアップ画面が表示された瞬間に「うわ、表示がめっちゃ綺麗!」と衝撃が走りました。使っているうちにデスクトップ用に4Kの液晶モニターが欲しくなってきたほどです。

左側にはLANポート、USB3.1 Type-Cが2つ、USB3.0が2つ、マルチカードリーダーがあります。

右側にはサウンド関連、USB3.0が2つ、ケンジントンロックがあります。USB端子が豊富ですね。

背面を見るとわかりますが、相当分厚いです。また排気口からはかなり熱い空気が吐き出されるので、手を触れないほうがいいです。小さく「高温注意」と注意書きがあります。

後側にはHDMI出力、mini-DisplayPort出力が2つ、電源端子があります。常時接続するものが後ろや左に配置されているのは高評価です。

NEXTGEAR-NOTE i7900SA1のベンチマークスコア

ノート用GTX1080はどれくらいの性能なのでしょうか。今回が初めてのレビューなのでベンチマークスコアが楽しみです。デスクトップとの比較もしてみました。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
18149 19735 23779
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
18758 20503 23722

これは凄い・・・。デスクトップ用GTX1070を遥かに上回っています。デスクトップ用GTX1080と比較しても、その差は10%以内に収まっています。試しに4KでFF14ベンチマークを動作させたところ、スコアは6577で評価は「とても快適」でした。FF14を4Kでも遊べるのは間違いなくハイエンドです。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
66414 71469 88783

PSO2ベンチマークはノートPCで歴代1位のスコアが出ました。やはりPSO2ベンチマークはCPUの性能に大きく影響されることがわかりました。ノート用GTX1070 + Core i7-6700HQを搭載したゲーミングノートPCだと20000くらいしか出ませんからね。

ドラクエ10

ドラクエ10は20876です。なんと4Kにしても18709でした。こんなハイスペックなゲーミングノートPC見たことがありません。

MHF

MHFは44526です。デスクトップ用GTX1080とほぼ同じスコアです。

3DMARK

3DMARKの評価では「上位9%のパソコン」です。デスクトップ含めてですから、ノートなのにハイエンドの領域です。これさえあればどんなに重い最新ゲームも高画質で遊べます。それは長く使えるゲーミングノートPCであることも意味しています。重いのはデメリットですが性能やサクサク感を追い求める人には本当におすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i7900SA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ