ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SP 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SP 性能レビュー

GTX980M SLIにRaid0 SSDの最強スペック!

NVIDIA製グラフィックボードにはSLIという技術があります。グラフィックボードを1枚ではなく何枚も搭載し、性能を格段に向上させる仕組みです。2枚搭載する2Way-SLIが一般的ですが、4枚搭載する4Way-SLIのデスクトップなんてものもあります。

デスクトップではなくノートでもSLIは可能です。今回レビューするNEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPはノート用最強グラフィックボードのGeForce GTX980Mを2枚搭載しています。ハイスペックデスクトップゲーミングPCを越えたハイエンドな性能をご紹介します。

NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPはこんな方におすすめ!

最新ゲームをノートPCでプレイしたい!
爆速SSDですべての動作をサクサクにしたい!
ノートPCだけど持ち運びやすさは重視しない!

NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700K(4コア/4.00GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX980M 8GB SLI 64GB PC4-17000
HDD チップセット
1TB M.2 SSD RAID0 + 2TB HDD INTEL Z170 Express
光学ドライブ 液晶
なし 17.3型 クアッドフルHDノングレア IPSパネル

NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPの価格と詳細はこちら

恐ろしいスペックです・・・。GTX980M SLIだけでも凄いのに、他のパーツも隙がありません。まずCPUがデスクトップ用です。ハイスペックなデスクトップゲーミングPCによく搭載されているCore i7-6700Kです。ノートPC用CPUよりも動作周波数が高く、ゲームにも動画編集にも嬉しい性能です。

メモリはまさかの64GB。はっきり言ってゲームにはこんなにたくさん必要がありません。動画編集や画像編集する際に活躍するでしょう。知り合いのイラストレーターは「イラスト描くなら64GB欲しい」と言っていました。

ストレージはSSDとHDDの組み合わせです。NVMe対応M.2 SSDというだけでも異常に高速なのに、さらに高速化するための仕組み「RAID0」が採用されています。RAID0は並列化して読み書きすることで高速化を実現します。

SSDとHDDの速度

RAID0の威力を見てみましょう。Seq Q32T1の読み込み速度は3000MB/sを越えています。RAID0ではない場合は2200MB/s程度だったので36%も高速になっています。一般的なSSDと比べると6倍です。こんなに高速なSSDは初めて見ました。

HDDは138.6MB/sです。上記のSSDとは20倍以上の速度差があります。SSDの容量は1TBもあるので、プログラムもゲームも気にせずSSDにインストールできますね。

NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPの外観

次にNEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-Tuneの他のゲーミングノートPCとはデザインが違います。なんというか高級感があります。最強スペックらしく洗練された印象を感じます。しかしデメリットもあります。かなり重いのです。約4.8kgの重量ですから、他のゲーミングノートPCの2倍くらいです。毎日持ち運ぶのはちょっと疲れそうです。

17.3型ノートPCだとひと目でわかる大きさです。マクロキーの類はありません。

一般的なキー配置です。

電源を入れると青く光ります。

トラックパッドの中央に指紋センサーがあります。万が一の時のために指紋認証の設定をするのも良いでしょう。

電源ボタンは中央奥に配置されています。

液晶はノングレアのIPSパネルです。解像度が最大3840×2160まで対応していて、表示はとても綺麗です。4Kでゲームができるかどうかは後半のベンチマークスコアのレビューで触れます。

WEBカメラ周囲のデザインも凝ってます。

左側のインターフェイスはLANポートが2つ、USB3.0が3個、サウンド関連です。LANポートが2つある理由は謎です・・・。

右側のインターフェイスはUSB3.0、USB3.1、mini-DisplayPortが2つです。USB3.1はDisplayPort、Thunderboltと共用です。映像出力端子が多めですね。

背面にはHDMI、USB3.0、電源端子があります。外面すべてが排気用メッシュになっています。

前面が吸気口です。

NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPのベンチマークスコア

GTX980M SLIはどれくらいの性能なのでしょうか。デスクトップよりもハイスペックなのか、重いゲームも遊べるのか、ベンチマークソフトで検証してみました。今回は4K対応液晶モニタを搭載したゲーミングノートPCなので、4Kで計測できるベンチマークソフトは4Kの設定でも計測しました。

FF14(1920 x 1080)

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
15328 17586 21774
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
16867 19203 22058

FF14(3840 × 2160)

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
4793 6665 10141
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
6856 9625 14059

FF14ベンチマークはSLI対応、4K対応です。素直なスコアになっています。フルHDならどの設定でも「非常に快適」です。4Kまで解像度を上げても、DirectX9 + 高品質の設定以下ならヌルヌルです。やはりGTX980M SLIは凄まじい性能です。

PSO2

設定5(最高画質) 設定3(標準画質) 設定1(低画質)
86298 113486 177560

PSO2ベンチマークはSLI非対応、4K非対応です。最高画質の設定5でも非常に高いスコアを記録しています。

ドラクエ10

ドラクエ10はSLI非対応、4K対応です。1920×1080だとほぼカンスト、3840×2160でも10374の最高評価です。実用性がかなり高いことがわかりました。4Kの時代がすぐそこまで来てると実感できます。

MHF

MHFはSLI非対応、4K対応です。1920×1080だと20310、3840×2160だと5858です。MHFは30fps上限なのでどちらの設定でも大丈夫です。

3DMARKの評価では「上位10%のパソコン」です。ゲーミングノートPCとしてはぶっちぎりハイエンドです。GTX980M単体だと8421だったので、約56%も性能アップしています。13120というスコアはデスクトップ用グラフィックボードだとGTX980Tiに匹敵します。ノートPCで最新ゲームをプレイしたかったり、VRデバイスを使用したかったり、動画編集・画像編集をしたかったりする方におすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SPの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tuneの売れ筋ゲーミングPC特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ