ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-NOTE i71000GA1 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i71000GA1 性能レビュー

Core i7-6700KにGTX980!デスクトップ用パーツを詰め込んだハイスペックノート!

最近ゲーミングノートPC業界は「ノートPCにデスクトップ用パーツを使う」のが流行っています。外部グラフィックボードボックスは最たるものでしょう。デスクトップ用パーツを使うことでノートPCの性能を急激に向上させるのが狙いです。

今回レビューするNEXTGEAR-NOTE i71000GA1はCPUとグラフィックボードがデスクトップ用です。外部と接続するのではなく、すでに内蔵されているため面倒な作業は一切ありません。普通のノートPCとして使えるのにデスクトップゲーミングPCの性能を手に入れられます。

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1はこんな方におすすめ!

最新ゲームをノートPCでプレイしたい!
爆速SSDですべての動作をサクサクにしたい!
ノートPCだけど持ち運びやすさは重視しない!

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700K(4コア/4.00GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX980 8GB 32GB PC4-17000
HDD チップセット
512GB M.2 SSD + 1TB HDD INTEL Z170 Express
光学ドライブ 液晶
なし 17.3型 フルHDノングレア IPSパネル

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1の価格と詳細はこちら

各パーツは完全にデスクトップですね・・・。以前レビューしたGTX980M SLIの「NEXTGEAR-NOTE i71101PA1-SP」と少し似ています。でもグラフィックボードはデスクトップ用のGeForce GTX980です。

GTX980M SLIとGTX980とでは性能に大きな差があります。ただし価格も全然違います。究極のハイエンドならGTX980M SLI、最新ゲームをプレイできるハイスペックならGTX980がおすすめです。

もう少し安いのが欲しい場合はシルバーモデルがいいでしょう。メモリ16GBにSSD 250GBなのでちょうどいいです。

SSDとHDDの速度

搭載されているSSDは「256GB Samsung SM951 シリーズ M.2規格」です。PCI Express x4 接続の超高速SSDです。Seq Q32T1 Readで2219MB/sはさすがですね。異常なほどサクサクになり、満足度が高いです。

こちらはHDDの速度です。数値の違いからもわかるようにサクサク感に絶対的な差があります。私は何台もゲーミングPCを持っていますが、すべてSSDを搭載させています。HDDだけのPCなんて使いたくありません。

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i71000GA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

デスクトップ用パーツが大きいのと、排熱のためでしょうか。かなりどっしりした印象です。特に後方の厚みが凄いです。折りたたんだ時の厚さ(高さ)は4cmを越えます。

でも使っているときは厚みなんて気になりません。この写真の通り、普通の17インチノートPCに見えます。

いつも思うのですがG-TuneのノートPCってキーボードの印字に使われているフォントが格好良いです。ゲームっぽさが出ていると思います。

キー配置はスタンダートです。WASDが強調されています。

電源を入れると青く光ります。

トラックパッドはクリックのエリアがしっかり押しこむタイプです。誤操作が少なくて使いやすいです。

電源ボタンは中央奥にあります。

そういえばマウスコンピューターからMOUSEにブランド名が変わりました。でも会社名は変わってないみたいです。

200万画素のWEBカメラです。

横から見ると分厚さがよくわかります。左側にはLANポート、USB3.0が2個、eSATA、USB3.1があります。

右側にはUSB3.0、サウンド関連、ケンジントンロックがあります。

背面が排気口です。デスクトップ用CPUやグラフィックボードはノートPC用よりも温度が高くなりやすいため、いつもファンが回っています。排熱頑張ってる感じがします。だから結構うるさいです。

背面にはHDMI出力、DisplayPort出力が2個、電源端子があります。

底面は大きなメッシュになっています。左下はバッテリーを装着する部分です。

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1のベンチマークスコア

GeForce GTX980の性能がしっかり発揮されるのかベンチマークソフトで調べてみました。GTX980とGTX980Mの比較もしてみます。

FF14(1920 x 1080)

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
12505 16237 21641
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
15665 19183 23453

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」です。さすがハイスペックグラフィックボードです。GTX980搭載デスクトップとスコアが変わらないので、熱の影響はなさそうです。

PSO2(1920 x 1080)

設定5(最高画質) 設定3(標準画質) 設定1(低画質)
102762 175862 359972

PSO2ベンチマークは設定5でも10万越えです。GTX980のなかでトップクラスのスコアが出ました。400fpsくらいだったのでPSO2に限らず色々なゲームがヌルヌル動かせます。

ドラクエ10(1920 x 1080)

ドラクエ10は20789!ノートPCで20000を越えたのは初めてではないでしょうか。

MHF(1920 x 1080)

MHFは27302です。

3DMARK

3DMARKの評価では「上位15%のパソコン」です。ゲーミングノートPCの平均値の3倍以上です。ちなみにGTX980Mだと8000スコアくらいです。つまりGTX980のほうがずっとハイスペックです。重い最新ゲームをノートPCでプレイしたい人におすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ