ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ダブル水冷!G-Tune NEXTGEAR i680PA1-DL 性能レビュー

ダブル水冷!G-Tune NEXTGEAR i680PA1-DL 性能レビュー

CPUもグラボも水冷クーラーだからよく冷える!

空冷にするか水冷にするかで迷うことって多いですよね。私もよく質問されて答えに困ります。でも今回レビューするNEXTGEAR i680PA1-DLでひとつの答えが出そうです。

NEXTGEAR i680PA1-DLはCPUクーラーが水冷になっています。しかもそれだけでなく、なんとグラフィックボードも水冷です。どれだけ冷えて、どんな性能なのかを検証してみました。

NEXTGEAR i680PA1-DLはこんな方におすすめ!

すべてのゲームがサクサクな最強ゲーミングPCが欲しい!
水冷でパーツをしっかり冷やしたい!
LEDファンが光る格好良いデザインにしたい!

NEXTGEAR i680PA1-DLのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8700K(水冷)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080Ti 11GB(水冷) 64GB(PC4-19200)
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD + 3TB HDD インテル Z370 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
ブルーレイディスクドライブ 800W 80PLUS TITANIUM

NEXTGEAR i680PA1-DLの価格と詳細はこちら

ラーメンで例えるなら”全部乗せ”みたいな特盛ゲーミングPCです。「何から何まで最上位にしたらこんなんできちゃいました」みたいなスペックです。まずCore i7-8700KとGTX1080Tiの時点でもうハイエンドです。

しかし凄いのはここからです。メモリは大容量の64GB、電源ユニットは最上位の80PLUS TITANIUM、そしてCPUもグラボも水冷クーラーが採用されています。G-TuneはこのようなPCをダブル水冷と読んでいます。CPUクーラーが水冷なのはよくありますが、グラボが水冷なのは非常に珍しいです。

あとは光学ドライブはブルーレイです。NEXTGEAR i680シリーズのほとんどのモデルは「光学ドライブはオプションで追加可能」と記載されています。最初から光学ドライブ搭載なのはNEXTGEAR i680PA1-DLだけです。

SSDとHDDの速度

NEXTGEAR i680PA1-DLのストレージは512GB NVMe SSDと3TB HDDの組み合わせです。どれくらい速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「WD Black PCIe WDS512G1X0C」で、シーケンシャルリードが1935MB/s、シーケンシャルライトが832MB/sです。SATA SSDよりは遥かに高速ですが、NVMe SSDのなかではそこまで速いほうではありません。

HDDは「SEAGATE ST3000DM001」でシーケンシャルリードが202MB/s、シーケンシャルライトが200MB/sです。

NEXTGEAR i680PA1-DLの外観

次にNEXTGEAR i680PA1-DLの外観や接続端子のレビューをしていきます。

NEXTGEAR i680SA1-e-sports」のレビューでもお伝えしたようにNEXTGEARシリーズのPCケースがリニューアルしました。以前よりもすっきりしたデザインです。

ブルーレイドライブが収まっています。

正面ではなく上部にインターフェイスが配置されています。

USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力、HDMI出力、マルチカードリーダーがあります。HDMIはVRデバイスとの接続を想定しています。

なんと左側はガラスパネルです。一気にゲーミングPCらしさが出てきました。他のモデルでもカスタマイズで選択可能です。

ガラスパネルにするメリットとして「パネルの開けやすさ」もあります。ネジを取り外さなくても、2つの出っ張りを引くだけで開けられます。

ファンがびっしり!底面からの吸気に3つ、右側からの吸気に2つ、そしてラジエーターとリアファンが重なっています。この結果、特にグラボがよく冷えていました。

CPUファンに比べて水冷はコンパクトです。メモリは16GB x 4で最大です。

GTX1080TiはMSI製です。

M.2スロットにNVMe SSDが接続されています。

拡張スロットはいくつか空いているものの、グラボとケースファンに干渉させないために使わないほうがいいと思います。

3.5インチのスロットはスライド式です。

右側のメッシュから吸気します。

背面です。飛び出ているHDMIケーブルとグラボに接続すると、上部のHDMI出力端子を使えるようになります。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、サウンド関連があります。

GTX1080Tiの映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。DVIはありません。

電源を入れると正面のG-Tuneロゴが赤く光ります。

さらにケースファンも全部光ります。うーん、ゲーミングPCらしさ全開です。でも決して強すぎる光り方ではありません。なんというかちょうどいい具合です。

NEXTGEAR i680PA1-DLの温度

ベンチマークソフトを1時間動作させたところ、CPU(Core i7-8700K)は最大77℃、SSDは最大60℃、HDDは最大36℃、GTX1080Tiは最大54℃まで上昇しました。

GTX1080Tiが最大54℃って・・・なんですかこれ。普通は85℃くらいまで上昇しますよ。水冷+底面ケースファンの効果が凄まじいです。空冷よりも圧倒的に冷えることがわかったので、私が次にゲーミングPCを買い換える際には水冷にします。(冷えるのはわかっていたんですけど想像以上です)

NEXTGEAR i680PA1-DLのベンチマークスコア

NEXTGEAR i680PA1-DLの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
10070 14234 16709

わーお、これは凄い。FF15を最高画質でも遊べる性能です。Core i7-8700K + GTX1080Ti + メモリ16GBのゲーミングPCで最高品質が8297だったので、メモリ64GBが効いているのでしょう。メモリ容量でこんなに伸びるんですね、驚きました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
19327 19921 22796

FF14ベンチマークは最高画質で2万に迫る勢いです。ハイエンドゲーミングPCでなければこんなに高いスコアは出ません。GTX1060搭載デスクトップで11000くらいですから、あまりに性能が違います。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
82383 97757 136165

PSO2ベンチマークも非常に高いスコアです。隙がまったくありません。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22735です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは68846です。歴代2位のスコアが出ました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9432 9841 7638

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位7%の評価でした。最新ゲームも余裕で遊べるハイエンドマシンです。GTX1080Ti搭載ゲーミングPCで歴代1位のスコアが出たのはメモリ64GBと水冷のおかげでしょう。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
22414 28618 19266

3DMARK FireStrikeの評価では「上位2%のパソコン」です。これより上はグラフィックボードを複数枚搭載したモンスターマシンだけです。一般的なゲーミングPCとしては間違いなくトップの性能です。どのゲームも快適になるのはもちろん、ミドルスペックよりも長く使えるのが嬉しいです。

GTX1080Ti搭載ゲーミングPCとしては高額ですが、その価値はあります。「完璧な性能のゲーミングPCが欲しいんだ!」という方にはとてもおすすめです。久々にレビューしていて興奮しました。

NEXTGEAR i680PA1-DLの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集でゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ