ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR i660PA1-SP4 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR i660PA1-SP4 性能レビュー

GTX1080Ti搭載のハイエンドなのに税抜き20万円以下!

GTX1080Ti搭載ゲーミングPCは20数万円するのが当たり前です。CPUやメモリも高性能にしたら23万円以上するものです。ハイエンドですから当然ですよね。

でもG-TuneがGTX1080Ti搭載ゲーミングPCを一気に値下げして、「NEXTGEAR i660PA1-SP4」が20万円以下で販売されています。具体的には税抜価格199,800円です。とんでもなく激安だからこそ性能が気になります。どのようなスペックなのかレビューしていきます。

NEXTGEAR i660PA1-SP4はこんな方におすすめ!

GTX1080Ti搭載ゲーミングPCをできるだけ安く買いたい!
ハイエンドなゲーミングPCが欲しい!
すべてのゲームが快適に遊べる性能にしたい!

NEXTGEAR i660PA1-SP4のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080Ti 11GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
2TB HDD インテル Z270 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W(80PLUS BRONZE)

NEXTGEAR i660PA1-SP4の価格と詳細はこちら

NEXTGEAR i660PA1-SP4がどれだけ激安かを確認するために、他のBTOメーカーのGTX1080Ti搭載ゲーミングPCを調べてみました。するとCore i7-7700K + メモリ16GB + GTX1080Tiの組み合わせだと23万円以上します。高いところだと25万円くらいになってました。

それに対してNEXTGEAR i660PA1-SP4は199,800円ですからね。光学ドライブやストレージを揃えたとしても1、2万円は安くなっています。とはいえ光学ドライブはともかくSSDは絶対に必要ですから、カスタマイズで240GB SSD辺りを追加しておきましょう。

NEXTGEAR i660PA1-SP4の外観

次にNEXTGEAR i660PA1-SP4の外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-Tuneのハイスペックモデル「NEXTGEARシリーズ」です。NEXTGEAR-MICROに比べてチップセットやCPU、ストレージが高性能な傾向があります。

初期構成だと光学ドライブが非搭載ですが、カスタマイズで追加可能です。もしも光学ドライブを追加した場合は、前面の一番上に設置されます。

前面のメッシュはワンプッシュで取り外せます。この薄い板は三重構造になっているので細かいホコリもしっかりキャッチしてくれるでしょう。

電源ボタンは上部に搭載されています。その奥にマルチカードリーダー、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力があります。

左側は吸気口です。

内部の様子です。

メモリは16GB x 2のデュアルチャネルです。メモリの左下にM.2スロットが空いています。

GeForce GTX1080Tiはシングルファンです。ちょっと見たことがない形状です。ELSA製っぽい気がします。

拡張スロットはPCI Express ×16(x4として動作)が1つ、PCI Express ×1が3つ空いています。使用する際には手前のケーブルを左側にどけましょう。

背面です。

マザーボードのバックパネルはPS2、USB3.0が4つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。

GTX1080Tiの映像出力端子はDisplayPortが3つ、HDMIです。DVIがないのでDisplayPortがおすすめです。

NEXTGEAR i660PA1-SP4の温度

後述のベンチマークソフトを動作させながら各パーツの温度を計測しました。1時間以上負荷をかけ続けた際の最大温度をご紹介します。

CPU(Core i7-7700K)は最大78℃、HDDは最大33℃、GTX1080Tiは最大84℃でした。GTX1080Ti搭載デスクトップなら大体これくらいの温度まで上がります。

NEXTGEAR i660PA1-SP4のベンチマークスコア

NEXTGEAR i660PA1-SP4のグラフィック性能をベンチマークソフトで計測しました。

FF14

最高品質 高品質 標準品質
18164 18728 21068

FF14ベンチマークはすべての設定で18000越えです。紅蓮のリベレーターになって結構重くなったはずなのにGTX1080Tiは物ともしませんね。凄まじい性能に溜め息がでます。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
77438 104264 111036

PSO2ベンチマークもかなり高いスコアが出ました。設定5で100000を越えたのはおそらく初めてです。PSO2なら余裕すぎる性能です。もっともっと重いゲームも快適に動きます。

ドラクエ10

ドラクエ10は21500でした。

MHF

MHFは61909です。GTX1080に比べて約37%も高性能です。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
8277 9134 5406

TimeSpyはDirectX12の最新ゲーム用ベンチマークソフトです。上位12%の評価が出ました。さすがはハイエンドゲーミングPCです。これからDirectX12のゲームが増えてきますから、それに備えるためにGTX1080Tiにするのは良い選択です。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
20784 28585 13954

3DMARK FireStrikeの評価では「上位2%のパソコン」です。2%って・・・。これ以上ハイスペックなゲーミングPCなんてほぼ存在しないってことじゃないですか。まさしく究極のゲーミングPCだと言えるでしょう。

こんなに高性能なゲーミングPCが20万円程度で購入できるなんて凄いことですよホント。重いゲームを遊びたい人にもゲーミングPCを長く使いたい人にも強くおすすめしたいデスクトップです。

NEXTGEAR i660PA1-SP4の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ