ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR i680GA1-GPB 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR i680GA1-GPB 性能レビュー

このまま買えばOK!なハイスペック仕様です

G-TuneとゲームPCバンクのコラボモデルが刷新しました。もう第9弾だか第10弾だか忘れてしまいました。旧バージョンとスペックは同じなのですが、PCケースが新しくなりました。

もちろん普通に販売されているG-TuneのゲーミングPCよりもさらに安くなっています。GTX1080Ti搭載ゲーミングPCを買おうとしている人には非常におすすめです。

NEXTGEAR i680GA1-GPBはこんな方におすすめ!

ハイエンドゲーミングPCを通常価格よりも安く買いたい!
パーツ全体のバランスが取れたゲーミングPCにしたい!
他のプレイヤーよりも有利な環境を手に入れたい!

NEXTGEAR i680GA1-GPBのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8700K(6コア/3.70GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080Ti 11GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
480GB SSD + 3TB HDD INTEL Z370 Express
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W(80PLUS GOLD)

NEXTGEAR i680GA1-GPBの価格と詳細はこちら

G-Tuneには「NEXTGEAR i680PA1-SP」というGTX1080Ti搭載デスクトップがあります。それに比べるとメモリ容量は同じで、CPUやストレージ、電源ユニット等が異なります。

試しに同じパーツ構成にカスタマイズしてみたら27万円を越えました。つまりコラボモデルのほうが3万円以上も安いので、GTX1080Ti搭載ゲーミングPCを買うならG-Tuneの通常モデルよりもコラボモデルのほうがおすすめです。

カスタマイズの余地があるとすれば光学ドライブです。必要か不要かは議論が分かれるところですよね。頻繁に使うなら始めから搭載しておいたほうがいいです。今のところ使う予定がないなら、あとから外付けを買えばOKです。

ストレージの速度

SSDの速度

SSDは「KINGSTON RBU-SC152DS37480G」でシーケンシャルリードは537MB/s、シーケンシャルライトは521MB/sです。読み込みも書き込みも高速です。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST3000DM008」でシーケンシャルリードが187MB/s、シーケンシャルライトが184MB/sです。最近のデスクトップゲーミングPCに搭載されているHDDは大体これくらいの速度です。

NEXTGEAR i680GA1-GPBの外観

次にNEXTGEAR i680GA1-GPBの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ハイスペック、ハイエンドならやはりNEXTGEARです。NEXTGEAR-MICROだとチップセットやCPUがミドルスペックです。Z370やCore i7-8700Kのほうがあらゆる面で高性能です。また、拡張性が高いのでパーツを自分で追加・交換する方におすすめです。

光学ドライブ搭載っぽく見えますが、初期構成では非搭載です。右側が電源ボタンです。

以前のNEXTGEARシリーズと同様に上部は塞がっています。物を置きたい需要に応えたそうです。

上部の手前にはUSB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力、HDMI出力、マルチカードリーダーがあります。

左側も塞がっています。上のほうにある2つのネジを取り外すと、パネルを開けられます。

驚くほどすっきりしています。左上が電源ユニット、右上が3.5インチストレージベイです。

CPUクーラーはトップフローです。カスタマイズでサイドフローに変更できるのですが、CPUの温度を計測したところこのままでOKだと判断します。

ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti Blowerです。G-TuneのグラフィックボードはMSI、ZOTAC、ELSAが多いです。ちなみにマザーボードはMSI製でした。

拡張スロットはPCI Express ×1が3つ、PCI Express ×16(x4として動作)が空いています。

右側と底面から吸気します。

背面です。

マザーボードのバックパネルはPS2、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、サウンド関連です。高速なUSB端子が豊富ですね。

GTX1080Tiの映像出力端子はDisplayPortが3つ、HDMIです。DVIはありません。

NEXTGEAR i680GA1-GPBの温度

ベンチマークスコアを計測しながら、各パーツの温度を計測してみました。CPU(Core i7-8700K)、HDD、SSD、グラフィックボード(GTX1080Ti 11GB)の最大温度をご紹介します。

CPUは最大70℃、SSDは最大38℃、HDDは最大35℃、グラフィックボードは最大84℃です。CPUが低温度に収まっていて素晴らしいです。明らかにPCケースのおかげです。

NEXTGEAR i680GA1-GPBのベンチマークスコア

GTX1080Tiはハイスペックに属するグラフィックボードです。GTX900シリーズはもちろん、GTX1060やGTX1070Tiをも圧倒する性能を持っています。では具体的にどれくらいの性能なのかベンチマークスコアを見てみましょう。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
9386 13517 16584

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質以下だと「非常に快適」の評価です。標準品質で最高評価になるのはGTX1080Tiだけです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
18505 19139 21556

いやはや凄まじいスコアが出ました。FF14ベンチマークは17000越え安定です。他のGTX1080Ti搭載ゲーミングPCよりも高いスコアで、全体でもトップクラスです。これならフルHDどころか4Kでも60fps出そうです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
100156 106267 137650

PSO2ベンチマークは最高画質でも100000越えです。歴代レビューでもトップクラスのスコアです。144Hzモニターを活かせるので、PSO2をヌルヌル動かしたい人に嬉しい性能です。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22988です。

MHFベンチマーク

MHFは67894です。GTX1070だと35000くらいなので、GTX1080Tiは凄まじくハイエンドです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9079 9482 7318

DirectX12のTimeSpyは上位7%の評価です。グラフィックスコアはGTX1060 3GBの2倍以上です。単純に「最新ゲームがヌルヌル」というのもありますが、それ以上に「高性能だから長く使える」というメリットを強調したいです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
22337 28470 18682

3DMARKの評価では「上位2%のパソコン」です。予想通りハイスペックを越えてハイエンドだと証明されました。このゲーミングPCでサクサク遊べないゲームなんてありません。通常よりずっと安いので、ハイエンドゲーミングPCを安く購入したい人におすすめです。

NEXTGEAR i680GA1-GPBの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ