ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR i660PA2-GPB 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR i660PA2-GPB 性能レビュー

このまま買えばOK!なハイスペック仕様です

G-TuneとゲームPCバンクのコラボモデルが刷新しました。もう第7弾だか第8弾だか忘れてしまいました。CPU、メモリ、グラフィックボード等はそのままですが、SSDの容量がアップしつつ価格は安くなったので、以前よりもずっとコスパが良くなっています。

もちろん普通に販売されているG-TuneのゲーミングPCよりもさらに安くなっています。GTX1080搭載ゲーミングPCを買おうとしている人には非常におすすめです。

NEXTGEAR i660PA2-GPBはこんな方におすすめ!

ハイエンドゲーミングPCを通常価格よりも安く買いたい!
パーツ全体のバランスが取れたゲーミングPCにしたい!
他のプレイヤーよりも有利な環境を手に入れたい!

NEXTGEAR i660PA2-GPBのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-7700K(4コア/4.20GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080 8GB 16GB PC4-17000
ストレージ チップセット
480GB SSD + 2TB HDD INTEL Z270 Express
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W(80PLUS GOLD)

NEXTGEAR i660PA2-GPBの価格と詳細はこちら

G-Tuneには「NEXTGEAR i660PA1-Dustel」というGTX1080搭載デスクトップがあります。それと大体同じスペックです。CPU、メモリ、グラフィックボードは一緒ですね。電源ユニットは80PLUS BRONZEから80PLUS GOLDにアップグレードされていて、電源効率が良くなっています。温度が低くなりますし、静音性にも繋がります。HDD容量が1TB少ないですが、2TBあれば十分でしょう。

しかも10000円安くなっています。コラボPCだからこその限定価格です。カスタマイズでパーツを揃えても6000円安い計算です。さらにドスパラの似たようなスペックのデスクトップと比較すると15000円以上安いです。とんでもなく激安ですよね。

唯一のデメリットはDVDスーパーマルチドライブが搭載されていないことです。ただ、光学ドライブが必要なケースってここ数年でほとんどなくなりました。Steamのおかげでしょう。必要なら追加してください。それでもまだこちらのほうが安いですよ。

ストレージの速度

SSDの速度

SSDのシーケンシャルリードは547MB/s、シーケンシャルライトは435MB/sです。読み込みも書き込みも高速です。

HDDの速度

HDDはシーケンシャルリードが187MB/s、シーケンシャルライトが182MB/sです。最近のデスクトップゲーミングPCに搭載されているHDDは大体これくらいの速度です。

NEXTGEAR i660PA2-GPBの外観

次にNEXTGEAR i660PA2-GPBの外観や接続端子のレビューをしていきます。

今回のコラボPCでは唯一のNEXTGEARシリーズです。NEXTGEAR-MICROだとチップセットがH110で、NEXTGEARだとZ270です。Z270のほうがあらゆる面で高性能です。また、拡張性が高いのでパーツを自分で追加・交換する方におすすめです。

光学ドライブがないなら開けることはほとんどないでしょう。せいぜい正面のメッシュを掃除する時くらいでしょうか。

メンテナンス性の高さがNEXTGEARの魅力です。ワンプッシュでメッシュを取り外せます。メッシュ自体を掃除するのにも便利ですし、フロントファンを簡単に綺麗にできます。一番ホコリが溜まりやすい部分ですから、正面の掃除のしやすさはとても大切です。

NEXTGEAR-MICROシリーズとは違って、上部に排気口やトップファンはありません。物を置くのに便利だと感じています。私は大抵ヘッドセットを置いています。

上部には電源ボタン、マルチカードリーダー、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力があります。床置きを前提とした設計です。端子が真上に向いていないのはホコリが入らないようにするためだと思います。

左側です。電源を入れるとグラフィックボードの「MSI」という文字が白く光ります。

内部の様子です。NEXTGEAR-MICROとは違って表配線のため、ケーブルがちょっとごちゃっとしてます。

MSIのGeForce GTX 1080 AERO 8Gです。G-TuneのグラフィックボードはMSIかZOTACが多いです。ちなみにマザーボードもMSI製でした。

拡張スロットはPCI Express ×1が3つ、PCI Express ×16(x4として動作)が空いています。

SSDとHDDです。拡張ストレージベイは3.5型のオープン x1、シャドウ x2、5.25型のオープン x2が空いています。これまで使っていたパソコンのHDDをがしがし突っ込めます。

背面です。赤いのは映像出力端子のキャップです。

マザーボードのバックパネルはPS2、USB3.0が4つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。正面と合わせるとNEXTGEAR-MICROシリーズよりもUSB3.0端子が3つも多いです。

GTX1080の映像出力端子はDisplayPortが3つ、HDMI、DVI-Dです。

NEXTGEAR i660PA2-GPBのベンチマークスコア

GTX1080はハイスペックに属するグラフィックボードです。GTX900シリーズはもちろん、GTX1060やGTX1070をも圧倒する性能を持っています。では具体的にどれくらいの性能なのかベンチマークスコアを見てみましょう。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質
19810 20368
DX11 標準品質 DX9 最高品質
26805 21887

いやはや凄まじいスコアが出ました。FF14ベンチマークはほぼほぼ20000越え安定です。他のGTX1080搭載ゲーミングPCよりも高いスコアで、全体でもトップクラスです。これならフルHDどころか4Kでも60fps出そうです。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
71031 101382 134403

PSO2ベンチマークは最高画質でも70000越えです。144Hzモニターを活かせるので、PSO2をヌルヌル動かしたい人に嬉しい性能です。

ドラクエ10

ドラクエ10は21257です。ドラクエ10もトップクラスのスコアが出ました。

MHF

MHFは45111です。GTX1070だと35000くらいなので、GTX1080は凄まじくハイエンドです。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
6774 7126 5296

DirectX12のTimeSpyは上位19%の評価です。グラフィックスコアはGTX1060 3GBの2倍くらいです。単純に「最新ゲームがヌルヌル」というのもありますが、それ以上に「高性能だから長く使える」というメリットを強調したいです。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
17986 22247 14106

3DMARKの評価では「上位5%のパソコン」です。予想通りハイスペックを越えてハイエンドだと証明されました。このゲーミングPCでサクサク遊べないゲームなんてありません。通常よりずっと安いので、ハイエンドゲーミングPCを安く購入したい人におすすめです。

NEXTGEAR i660PA2-GPBの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ