ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 当サイト限定!G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPB 性能レビュー

当サイト限定!G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPB 性能レビュー

パーツ構成のバランスが最高!そしてコスパも抜群!

現在ゲームPCバンクとG-Tuneのコラボモデルが販売しています。その中でも一番におすすめなのが今回レビューするゲーミングPCです。全体的にバランスが良いだけでなく、通常価格よりも安くなっています。

評判の良いGeForce GTX1070にSSDまで入っていて159,800円(税別)です。GTX1070さえあれば最新オンラインゲームだろうとVRゲームだろうとヌルヌル動かせます。実際にどれくらいの性能なのかをレビューで詳しく解説してきます。

NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPBはこんな方におすすめ!

コスパ抜群のゲーミングPCが欲しい!
SSD搭載でパソコンをサクサクにしたい!
やっぱり評判のいいGTX1070を選びたい!

NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPBのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-7700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1070 8GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
480GB SSD + 2TB HDD INTEL H110 Express
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W(80PLUS BRONZE)

NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPBの価格と詳細はこちら

「今私ならこういうパーツ構成のゲーミングPCを選ぶ!」と考えた時の完成品です。CPU、メモリ、SSDをバランス良く高性能にしているのが特に好みです。スターウォーズバトルフロントやQuantum Breakの推奨スペックがメモリ16GBになっているので、最新ゲームをやるなら16GB以上にするのがおすすめです。

旧モデルからSSD容量が2倍になっていますが、価格は安くなっています。SSDは基本的に240GBあれば十分だと言われています。でも実際に使っていると、ゲームをSSDにインストールすると意外とすぐに容量不足になります。

1つのゲームが50GBだとすると、頻繁にプレイする3~5タイトルくらいはSSDにインストールしておきたいです。そして他のソフトウェアもSSDにいくつか入れたいですから、480GBあったほうが使い勝手がいいことは間違いありません。

ストレージの速度

SanDisk SSD Plusの480GB SSDです。HDDとどれくらい速度が違うか確認してみましょう。

SSDの速度

シーケンシャルリードは541MB/s、シーケンシャルライトは337MB/sです。シーケンシャルリードは文句なしに高速です。ランダムリードが遅いですが、どうやらのこのSSDはそういう仕様らしいです。

HDDの速度

HDDのシーケンシャルリードは200MB/s、シーケンシャルライトは198MB/sです。

NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPBの外観

次にNEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPBの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-TuneのNEXTGEAR-MICROシリーズです。ちょうど今G-Tuneの売れ筋ランキングを見たらNEXTGEAR-MICROシリーズの1位がGTX1070搭載モデルでした。

正面にはマイク入力、スピーカー出力、USB2.0が2つ、USB3.0、電源ボタン、リセットボタンがあります。光学ドライブを追加した場合は、一番上の部分に設置されます。

上部後方に排気ファンがあります。

正面と同じように左側もほとんどのスペースがメッシュになっています。冷却性能の高いPCケースです。

裏配線になっているおかげで、正面からのエアフローがケーブルに阻害されることなくグラフィックボードに届きます。

GeForce GTX1070です。

PCI Express x1が2つ空いています。ただし上のやつはGTX1070と干渉するかもしれません。

左側です。

背面です。フロントファン用のUSBケーブルがなくなったことですっきりしました。

マザーボードのバックパネルにはPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、ラインイン、ラインアウト、マイク入力があります。

GTX1070の映像出力端子はDisplayPortが3つ、HDMI、DVI-Dです。

NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPBのベンチマークスコア

冷却性能の高いゲーミングPCだとわかりました。あとはゲームに対する性能です。各種ゲーム用ベンチマークソフトで性能を計測してみました。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質
16437 17782
DX11 標準品質 DX9 最高品質
23464 18919

FF14ベンチマークはすべての設定で16000越えました。蒼天のイシュガルドをDirectX11でプレイしたとしてもサクサクです。エフェクトぐちゃぐちゃなレイド戦にも余裕のあるスペックです。

GTX1060 3GBに比べて40%くらい高いスコアなので、やはりGTX1070はコスパ抜群です。紅蓮のリベレーターは最高品質設定で14871と高スコアでした。

PSO2

設定6 設定5 設定3
69324 76225 104685

PSO2ベンチマークはすべての設定で60000を越えました。GTX1060搭載の「NEXTGEAR-MICRO im570SA2-GPB」より約2倍も高いスコアです。GTX1070が高性能というのもありますが、CPUとメモリの影響も大きいです。

ドラクエ10

ドラクエ10は20423でした。かなり高いスコアです。

MHF

MHFは35388です。GTX1060 6GBだと約25000、GTX1080だと約45000って感じです。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
5510 5627 4933

TimeSpyはDirectX12の最新ゲーム用ベンチマークソフトです。上位38%の評価ですからハイスペックだとわかります。これなら最新ゲームもしっかり遊ぶことができますね。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
14471 17317 12848

3DMARKの評価では「上位16%のパソコン」です。ハイエンドに近いハイスペックです。むしろこの価格で上位16%なのですからコスパの良さを証明しています。性能が良くて安いゲーミングPCを探しているすべての人におすすめです。

NEXTGEAR-MICRO im570GA2-GPBの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tuneの売れ筋ゲーミングPC特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ