ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR i650GA7 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR i650GA7 性能レビュー

GTX1070搭載!GTX970やGTX980Tiのベンチと比較しました!

GeForce GTX1000シリーズ第二弾のGTX1070が発売されました。GTX900シリーズではGTX970が相当人気だったため、後継機(と呼んでいいのかわかりませんが)であるGTX1070への期待は否応無しに高まります。

そんなGTX1070を搭載したゲーミングPCが早速G-Tuneから販売されています。NEXTGEAR i650GA7がどれくらいの性能を持っているのか、他のグラフィックボードとどんな違いがあるのかをレビューしていきます。

NEXTGEAR i650GA7はこんな方におすすめ!

コスパ抜群のハイスペックゲーミングPCが欲しい!
VRや最新ゲームをプレイしたい!
旧世代のグラボから移行したい!

NEXTGEAR i650GA7のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700K(4コア/4.00GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1070 8GB 16GB PC4-17000
HDD チップセット
240GB SSD INTEL Z170 Express
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 700W(80PLUS BRONZE)

NEXTGEAR i650GA7の価格と詳細はこちら

基本的なパーツ構成は少し前にレビューしたGTX1080搭載のNEXTGEAR i650PA7と一緒です。CPU、メモリ、チップセット、電源等がすべて同じです。ハイスペックゲーミングPCの鉄板構成です。唯一の違いはグラフィックボードです。

GTX1080とGTX1070はどちらもFounders Editionだとビデオメモリ8GBです。GTX980とGTX970は4GBだったので2倍になっています。おそらく液晶が2枚あるVRデバイスを意識しているのでしょう。

ストレージは240GB SSDだけです。ここは必ずカスタマイズしてください。500GB SSDに変えるか、2TB HDDを追加するのがおすすめです。240GBだけだとゲームを数個インストールしただけでいっぱいになりますからね。

SSDの速度

SSDのシーケンシャルリードは543MB/sです。シーケンシャルライトは434MB/sとまずまずの速度。SSDだと100~200MB/s程度なので、どちらもSSDのサクサク感を充分堪能できる速度です。

NEXTGEAR i650GA7の外観

次にNEXTGEAR i650GA7の外観や接続端子のレビューをしていきます。

正面はツルツルとした素材です。下の方と両脇が吸気口です。

横に開くことができ、上のほうにDVDドライブ、下の方に吸気口があります。

正面のメッシュはワンタッチで取り外せます。ちょうど先日、長く使っているNEXTGEARを掃除した時、取り外し可能なのがとても便利だと感じました。ほとんどのホコリはメッシュがシャットアウトしてくれていましたし、フロントファンの掃除もしやすかったです。

メッシュは二重構造になっています。ホコリというか細かいパウダー状のゴミまで取り除いてくれるので優秀です。水洗い可能なのも嬉しいポイントです。

上部には電源ボタンと接続端子があります。排気口はありません。

接続端子はマルチカードリーダー、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力です。マルチカードリーダーはSDメモリーカード、メモリースティック、xDピクチャーカード、マルチメディアカード等に対応しています。

左側には吸気口が1つあります。ちらりとグラフィックボードが見えます。

内部を見ると配線がまとめられています。ごちゃごちゃしていないのは高評価です。

グラフィックボードの下に拡張スロットの空きがあります。PCI Express ×16(x4として動作)とPCI Express ×1が4つ空いています。内蔵サウンドカード等はここに挿しましょう。

背面は上のほうに排気ファン、下の方に電源があります。ケースファンはこれ以上増やせない仕様なので、冷却を重視したい場合はCPUファンの変更がおすすめです。

マザーボードの接続端子はPS2、USB3.0が4つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。

GTX1070の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。最近はDisplayPortの端子が増えていますが、HDMIがまだ主流な気がします。SteamVRことHTC ViveもHDMIですし。

NEXTGEAR i650GA7のベンチマークスコア

GTX1070がどれくらいの性能なのかベンチマークソフトで検証していました。GTX970、GTX980Ti、GTX1080との比較もしてみます。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
17174 18082 24030
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
19304 19946 26160

FF14ベンチマークはどの設定でもヌルヌルです。しかし不思議なことに一部のスコアがGTX1080を上回っています。おそらくFF14ベンチマークの不具合でしょう。GTX970と比較すると56%、GTX980Tiと比較すると8%も向上しています。あれ、滅茶苦茶コスパ良くないですかこれ・・・。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質) 設定1(低画質)
66233 78332 94223 171627

PSO2ベンチマークも非常に高いスコアが出ました。GTX1070の万能感が現れています。

ドラクエ10

ドラクエ10は20322です。GTX1080と同様にGTX1070でも20000を越えました。

MHF

MHFは36259です。GTX970より50%高く、GTX980Tiとほぼ同等、GTX1080より20%低いスコアです。こうやって比較してみるとGTX1070ってGTX600シリーズやGTX700シリーズからの買い替えに最適なグラフィックボードだと思います。

3DMARK

3DMARKの評価では「上位10%のパソコン」です。この価格で上位10%ですか・・・。とんでもないコスパですね。最新ゲームやVRゲームを遊びたくてハイスペックゲーミングPCを探している人に強くおすすめしたいデスクトップです。

NEXTGEAR i650GA7の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tuneの第7世代 Kaby Lake CPU搭載パソコン特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ