ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Core i7-6700K搭載!G-Tune NEXTGEAR i650GA1-GPB 性能レビュー

Core i7-6700K搭載!G-Tune NEXTGEAR i650GA1-GPB 性能レビュー

Core i7-6700KとPCI Express x4接続のSSDに注目!

2015/8/5、最新CPU「Skylake」のCore i7-6700Kが発売されました。早速G-TuneはCore i7-6700Kを搭載したゲーミングPCを販売しています。Core i7-4790Kとどのような違いがあるのか気になるところです。

また、カスタマイズでPCI Express x4接続のSSDを搭載できるのもポイントです。いつもとは違い、グラフィックボードだけでなくCPUやSSDの性能に注目しながらレビューしていきます。

NEXTGEAR i650GA1-GPBはこんな方におすすめ!

最新CPU「Core i7-6700K」を使ってみたい!
カスタマイズで爆速SSDを追加したい!
GTX970であらゆるゲームをヌルヌル動かしたい!

NEXTGEAR i650GA1-GPBのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX970 4GB 16GB PC4-17000
HDD チップセット
M.2 256GB SSD + 2TB HDD INTEL Z170 Express
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 700W(80PLUS BRONZE)

NEXTGEAR i650GA1-GPBの価格と詳細はこちら

Windows10搭載です。現在Windows7やWindows8.1を使っていて、Windows10にアップグレードしようか迷っている人は多いのではないでしょうか。今回のレビューで少し触っただけですが、Windows10はかなり使いやすいと感じました。少なくともWindows8.1よりは好感触です。Windows10については別記事にまとめる予定です。

Core i7-6700Kは4コア8スレッドで、動作周波数が定格4.0GHz、TB時4.2GHzです。対するCore i7-4790Kは4コア8スレッドで、動作周波数が定格4.0GHz、TB時4.4GHzです。TDP(熱設計電力)はCore i7-6700Kが若干上回っています。

本来はSSDを搭載したゲーミングPCではありません。今回は特別なカスタマイズ仕様です。こんなタイミングでレビューしていることからもわかるように、プロトタイプ機なので製品版とは異なる部分があると思います。

NEXTGEAR i650GA1-GPBの外観

次にNEXTGEAR i650GA1-GPBの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-Tuneで人気のNEXTGEARシリーズです。

正面に大きな吸気口があります。

DVDドライブを使うときに正面を開きます。

電源や接続端子は上部に配置されています。

マルチカードリーダー、USB3.0が2個、USB2.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子です。

左側も吸気口です。ちょうどGeForce GTX970が見えます。

内部はこんな感じです。

Core i7-6700K(に装着しているCPUクーラー)です。

右側には何もありません。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が4個、USB2.0が2個、PS2、LANポート、サウンド関連です。

GeForce GTX970の接続端子はDVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortです。

Core i7-6700Kの性能

いつもはグラフィックボードやSSDのベンチマークスコアを計測するだけですが、Skylake初レビュー記念としてCPUの性能も調べてみました。使用したベンチマークソフトはCINEBENCH-R15、PassMarkです。

CINEBENCH-R15のCPUスコアは876でした。Core i7-4790Kのスコアを検索してみたところ849という数値が見つかりました。

PassMarkのCPU Markは11140でした。公式サイトに掲載されているCore i7-4790Kの平均スコアは11243なので、わずかですが負けてしまいました。他にも計測してみて思ったのは「そんなに変わらない」ってことです。総合的には5%程度の性能向上ではないでしょうか。

SSDの速度を検証

次にカスタマイズで追加したSSDの速度をご紹介します。

正直言ってCrystalDiskMarkのバグかと思いました。あまりに高い数値だからです。いつものM.2 SDなら「Seq Q32TI」のReadは800MB/sくらいなのに、2000MB/sを越えています。何度やっても変わらないので改めて調べたらPCI Express x4接続のSSDだったのです。

バグでも何でもなく、ただの仕様でした。BTOゲーミングPCでここまで高速なSSDを搭載したモデルは初めて触ったので混乱してしまいました。Windows10が非常にサクサクだと感じたのは、このSSDのおかげかもしれません。

ここまでCPUとSSDのことばかり書いてきましたが、やはり肝心なのはグラフィックボードを含めた総合的な性能です。CPUの影響でベンチマークスコアが伸びているか確認してみましょう。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
10990 12682 21295
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
14319 14753 24033

今回から高品質の設定も計測することにしました。FF14ベンチマークは一番重いDirectX11 最高品質の設定でも「非常に快適」です。綺麗なグラフィックでFF14を快適に遊べます。

PSO2ベンチマークは最高画質(設定5)で89838、標準画質(設定3)で161043です。過去にレビューした「GTX970 + Core i7-4790K + メモリ16GB」のスコアは85655だったため、約5%スコアアップしています。

ドラクエ10は19345でした。

MHFは24065です。同様に2.3%のスコアアップです。

3DMARKの評価では「上位20%のパソコン」です。FireStrikeの9867とGTX970の中では比較的高いスコアです。5%スコアアップしています。総合的にはCore i7-4790Kよりも高いスコアになりました。

NEXTGEAR i650GA1-GPBの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 夏のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ