ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > TITAN X搭載!G-Tune NEXTGEAR i640PA5-SP2 性能レビュー

TITAN X搭載!G-Tune NEXTGEAR i640PA5-SP2 性能レビュー

ベンチマークスコアの記録を塗り替えてぶっち切りの歴代1位!

NVIDIA GeForce GTXシリーズの現行は900番代だけではありません。さらに上位のGTX TITANシリーズもあります。今回レビューするNEXTGEAR i640PA5-SP2には最新のGTX TITAN Xが搭載されています。

GeForceの公式サイトで「GeForce GTX TITAN X は最高のグラフィックスカードです。」と書かれているように、シングルGPUとしてはGTX980やGTX980Tiをも凌駕する性能です。

NEXTGEAR i640PA5-SP2はこんな方におすすめ!

とにかく最強のゲーミングPCが欲しい!
いち早く4Kの解像度でゲームを遊んでみたい!
GPGPUの高速処理を体感したい!

NEXTGEAR i640PA5-SP2のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7 Pro/8.1 64bit Core i7-4790K
グラフィックボード メモリ
GTX TITAN X 12GB 32GB PC3-12800
HDD チップセット
2TB HDD INTEL Z97 Express
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 700W(80PLUS BRONZE)

NEXTGEAR i640PA5-SP2の価格と詳細はこちら

珍しくWindows7 Proも選べるゲーミングPCです。しかもどういうわけかWindows 8.1と同価格なので少しお得感があります。ただ、ゲーミングPCにおいてはProを選ぶ意味はあまりないと思います。だからどっちでもいいです。

NEXTGEARシリーズは基本的にメモリ16GBですが、NEXTGEAR i640PA5-SP2は32GBです。ハイエンドPCということでたっぷりのメモリを搭載しています。逆にHDDは2TBと普通です。どうせなら大容量のSSDを追加したいところです。

GTX TITAN XはGTX980の1.5倍の性能と言われています。Cuda Coreを見ても、GTX980が2048なのに対し、GTX TITAN Xは3072とぴったり1.5倍です。GPGPUを活用したい人にとってGTX TITAN Xが選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

NEXTGEAR i640PA5-SP2の外観

次にNEXTGEAR i640PA5-SP2の外観や接続端子のレビューをしていきます。

正面は特徴的なデザインです。一部ユーザーからはキン肉マンのロビンマスクと言われています。

ここがメインの吸気口です。ホコリがへばりついたら掃除しましょう。

ワンタッチで取り外しが可能です。メッシュ自体も掃除できますし、フロントファンも綺麗にできます。メンテナンス性の高さはG-Tuneが随一です。

正面にはDVDドライブだけあって接続端子の類はありません。接続端子は上部に搭載されています。手前にあるのが電源ボタンです。

左からマルチカードリーダー、USB3.0が2個、USB3.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子です。SDカードだけでなくメモリースティックやxDピクチャーカードにも対応しています。

サイドパネルの吸気口からGTX TITAN Xが見えます。

右側には通気口はありません。

つまり排気口は背面だけです。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が4個、USB2.0が2個、PS2、LANポート、サウンド関連です。

GTX TITAN Xの接続端子はDVI-I、HDMI、DisplayPortが3個です。この辺りはGTX900シリーズと一緒ですね。

NEXTGEAR i640PA5-SP2のベンチマークスコア

過去のGTX TITANシリーズは酷いものでした。ベンチマークスコアだけ見るとゲーム用途としては存在価値がありませんでした(GTX780Tiのほうが安くて高性能だった)。でもGTX TITAN Xは違います。しっかり高いスコアを出してくれました。なんとほとんどのベンチマークが歴代1位です。

FF14ベンチマーク(蒼天のイシュガルド)は最近最新バージョンにしたので単純な比較は難しいですが、非常に高いスコアが出ました。DX11だと最高品質で15909、標準品質で21911です。DX9だと最高品質で17282、標準品質で23172です。GTX980と比べてみると約1.3倍です。

PSO2ベンチマークは最高画質(設定5)で114496、標準画質(設定3)で205772です。ついに20万超え・・・。もちろんどちらの設定でも歴代1位です。500fps以上出てましたからね。半端ないです。

ドラクエ10は19395でした。これくらいの数値が限界です。ドラクエ10ベンチマークではハイエンドクラスの性能を計測できません。

MHFは37696です。ぶっち切りの歴代1位!3万を越えたのは初めてです。

3DMARKの評価では「上位4%のパソコン」です。FireStrikeの14202というスコアもやっぱり歴代最高です。価格は高いですが非常に高性能なハイエンドゲーミングPCだとわかりました。高解像度でゲームをする等、パソコンに高負荷をかける使い方をしたい人におすすめです。

NEXTGEAR i640PA5-SP2の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tuneの売れ筋ゲーミングPC特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ