ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > ダブル水冷!G-Tune NEXTGEAR i640GA6-DL-GPB 性能レビュー

ダブル水冷!G-Tune NEXTGEAR i640GA6-DL-GPB 性能レビュー

通常より8800円安いゲームPCバンク限定モデル!

ゲーミングPCにとって熱は大敵です。温度が上昇すると「性能が下がる」「ゲームがカクカクする」「電源が落ちる」「壊れる」などの危険性が高まります。夏の暑い日にオンラインゲームをやっていて、カクカクしてしまう人は多いのではないでしょうか。

ゲーム中の熱暴走を防ぐには、特にCPUとグラフィックボードの温度を低下させることが大切です。今回レビューするNEXTGEAR i640GA6-DLはCPUだけでなくグラフィックボードにも水冷ユニットを搭載した「ダブル水冷モデル」です。

NEXTGEAR i640GA6-DL-GPBはこんな方におすすめ!

ゲーミングPCの熱暴走を防ぎたい!
ハイスペックなゲーミングPCが欲しい!
簡単に掃除できるデスクトップのほうがいい!

NEXTGEAR i640GA6-DL-GPBのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7/8.1 64bit Core i7-4790K(水冷)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX970 4GB(水冷) 16GB PC3-12800
HDD チップセット
240GB SSD + 1TB HDD INTEL Z97 Express
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 700W(80PLUS BRONZE)

NEXTGEAR i640GA6-DLの価格と詳細はこちら

G-Tuneには「NEXTGEAR i640GA6-DL」というダブル水冷モデルがあります。でもこれはゲームPCバンクのオリジナルモデルとして240GB SSDを追加したものです。NEXTGEAR i640GA6-DL-GPBの「GPB」はゲームPCバンクの略です。通常価格より8800円安くなっています。

一般的に水冷PCとはCPUに水冷クーラーを搭載したものを指します。グラフィックボードのGeForce GTX970までも水冷にしているのは非常に珍しく、G-Tune以外で見た記憶がありません。

水冷にばかり目が行ってしまいますが、全体として結構ハイスペックなパーツ構成です。Core i7-4790K + メモリ16GB + GTX970の組み合わせは、私自身とても気に入っています。

水冷クーラーを搭載したCPUとグラボの温度

水冷クーラーを選ぶ人は、温度の低下・安定を期待しているはずです。では実際にどれくらいの温度で収まるのでしょうか。性能をレビューする際に1時間ほどベンチマークソフトを動作させ続けて、温度がどれくらい上昇するのか計測してみました。

FF14ベンチマークや3DMARKを1時間動作させたので、「オンラインゲームを1時間プレイする」よりも負荷がかかっています。部屋の温度は28度くらいでした。使用した温度計測ツールはHWMonitorです。

最初の温度が25度前後、最大で60度前後です。以前、似たような構成の空冷PCで温度を計測したら65度を越えていたので(しかも今より涼しい時期)、水冷クーラーの効果が出ていると思います。

GeForce GTX970は最初が27度、最大で47度です。とても安定しています。ゲーム系ベンチマークソフトでグラフィックボードに負荷をかけたのに、これしか温度が上がらないなら夏場も安心ではないでしょうか。

SSDとHDDの速度

私はこれまで何度も何度も「SSDは必須」だと書いてきました。だからこそ今回のオリジナルモデルにはSSDを搭載してもらいました。私はSSDにはOSだけでなくブラウザや主要ソフトもインストールするので、経験から120GB、180GBでは足りないと実感してます。だから240GBをチョイスしました。

SSDはやはり高速ですね。”Seq Q32Ti”のReadで500MB/sはSSDとしては平均的です。逆に面白い結果になったのがWriteです。”4K Q32Ti”や”4K”のWriteが妙に高い数値になっています。

こちらはHDDの速度です。SSDが桁違いの速さだとわかります。

NEXTGEAR i640GA6-DL-GPBの外観

次にNEXTGEAR i640GA6-DL-GPBの外観や接続端子のレビューをしていきます。

何度もレビューしたので今更説明不要かもしれませんが、NEXTGEARシリーズのデスクトップです。私はゲーム用も仕事用もNEXTGEARを使っています。

正面は開く構造になっています。正面は吸気口なので、たまに掃除しましょう。

吸気口の部分は取り外し可能です。さらに細かく分解して掃除することもできます。

上部に電源ボタンや接続端子があります。私はマウスやUSBメモリに使用しています。

マルチカードリーダー、USB3.0が2個、USB2.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子です。マウスとキーボードに使ったとしてもまだ2つ余ります。

左側は吸気口です。うっすらと水冷のパイプが見えます。

黒くて太いパイプに水が流れています。水を循環させてCPUとグラフィックボードを冷やしています。

G-TuneはZOTACのグラフィックボードを採用することが多いのですが、これはMSI製です。

水冷のおかげでCPUがコンパクトになっています。水冷のメリットの一つに掃除が簡単になることがあります。空冷の場合、ファンやファンの奥にホコリが溜まりやすくなります。でも水冷ならシンプルな構造になっているので、エアダスターでプシューっとやるだけでホコリを簡単に取り除けます。

ちなみに水冷だからといって無音になるわけではありません。外部の空気を取り込んで循環液を冷やすため、空冷と同じくらいの音が発生します。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が4個、USB2.0が2個、PS2、LANポート、サウンド関連です。

GeForce GTX970の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortが3個です。

NEXTGEAR i640GA6-DL-GPBのベンチマークスコア

温度が安定すると性能も安定します。GeForce GTX970の性能をベンチマークスコアで確かめてみましょう。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
11171 12745 18851
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
13688 14073 20469

FF14ベンチマークは一番重い「DirectX 11 + 最高品質」の設定でも「非常に快適」です。GeForce GTX960だと「とても快適」になってしまうので、GTX970の性能の高さが現れています。

PSO2ベンチマークは最高画質(設定5)で85156、標準画質(設定3)で125601です。GTX960の2倍近いスコアが出ました。やはりGTX970はコスパがいいですね。

ドラクエ10は18705でした。余裕の最高評価です。

MHFは24695です。

3DMARKの評価では「上位20%のパソコン」です。上位20%なら間違いなくハイスペックです。空冷よりも高額になってしまうものの、いつでも動作を安定させたいガチゲーマーの方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

NEXTGEAR i640GA6-DL-GPBの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナスセールが開催中!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ