ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5720SA1 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5720SA1 性能レビュー

やっとGeForce GTX10シリーズを搭載したゲーミングノートPCが揃ってきた感があります。G-TuneからGTX1070搭載ゲーミングノートであるNEXTGEAR-NOTE i5720シリーズが発売されました。

なかでも最もコスパが良さそうなシルバーモデルをレビューしていきます。過去のゲーミングノートPCからどのように進化したのか、デスクトップ用GTX1070とはどれくらいの性能差があるのかに注目です。

NEXTGEAR-NOTE i5720SA1はこんな方におすすめ!

ハイスペックなゲーミングノートPCが欲しい!
ノートPCでVRや最新ゲームを遊びたい!
液晶モニターのサイズは15インチがいい!

NEXTGEAR-NOTE i5720SA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1070 8GB 16GB PC4-17000
ストレージ チップセット
256GB SSD + 1TB HDD INTEL HM170
光学ドライブ 液晶
なし 15.6型 フルHDノングレア(1920×1080)

NEXTGEAR-NOTE i5720SA1の価格と詳細はこちら

非常にバランスが良いパーツ構成です。「私が今ゲーミングノートPCが買うなら、こんなパーツ構成にする」と思うものがそのまま詰め込まれています。なんだかんだメモリは16GBあったほうがいいですからね。

ストレージ容量も特に問題はありません。SSD + HDDなら容量不足になることはほぼありません。もう少しSSD容量が欲しいと思うなら500GBにするのもおすすめです。最近は250GB SSDが最低ラインになっていると感じます。

液晶モニターは15インチです。見やすさだけを考えたら断然17インチですが、ゲーミングノートPCを選ぶということはどこかに持っていくはずです。となると15インチのほうがバッグに収まりやすいですし、軽量です。

ストレージの速度

NEXTGEAR-NOTE i5720SA1のストレージ速度をCrysitalDiskMarkで計測しました。

SSD

SSDのシーケンシャルリードは557MB/s、シーケンシャルライトは339MB/sです。まずまずの速度です。

HDD

HDDのシーケンシャルリードは118MB/s、シーケンシャルライトは113MB/sです。ノートPCに搭載されているHDDのなかでは若干高速なほうです。(95~105MB/s前後が一般的)

NEXTGEAR-NOTE i5720SA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i5720SA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

実寸は385(幅)×271(奥行き)×28.8(厚さ)mmです。重量は約3.1kgです。15インチのゲーミングノートPCの中では重い方です。2.7kgくらいが平均です。

全体的に真っ黒です。G-Tuneに限らずどのメーカーのゲーミングノートPCも黒色ばかりな印象です。

テンキーを備えたフルキーボードです。WASDに手を配置するとトラックパッドに触ってしまうので、トラックパッドは無効にしておくことをおすすめします。

ノートPCとして一般的なキー配置です。全角/半角キーが他のキーよりも約半分のサイズになっています。

ここまで写真を撮影していて気付きました。この本体、GTX1060搭載の「NEXTGEAR-NOTE i5530SA1」とまったく一緒です。だから以下省略します。

でも違いもあります。それは接続端子です。左側にはmini DisplayPort出力、USB3.1 Type-Cが2つ、USB3.0が2つあります。

右側にはスピーカー出力、マイク入力、ライン出力、マルチカードリーダー、USB3.0、LANポート、ケンジントンロックがあります。

背面はこんな感じです。写真の左側が排気口です。

後側には電源端子、HDMI出力、mini DisplayPort出力があります。

NEXTGEAR-NOTE i5720SA1のベンチマークスコア

ではノート用GTX1070はどれくらいの性能なのでしょうか。デスクトップ用GTX1070とはどんな違いがあるのでしょうか。ベンチマークソフトのスコアを見ていきましょう。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
13118 13923 15050
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
13495 13965 15641

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」です。さすがはハイスペックゲーミングノートPCです。しかしGTX1070搭載デスクトップゲーミングPC「NEXTGEAR i650GA8-GPB」はDirectX 11 最高品質で17054だったので結構な差があります。おそらくCPUの影響でしょう。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
19042 21916 29259

なぜかノートPCだとスコアが伸びないPSO2ベンチマーク。それでも100fps前後出ていたので、最高画質でもヌルヌルでした。

ドラクエ10

ドラクエ10は17049です。

MHF

MHFは34151です。上記のGTX1070搭載デスクトップだと35815でしたから、ほぼ同等です。これは凄い!

3DMARK

3DMARKの評価では「上位17%のパソコン」です。デスクトップとはたったの10%差です。ハイスペックゲーミングPCとして充分使える性能です。しかもこれが17万円台ですから滅茶苦茶コスパいいですよ。VRや最新ゲームをノートPCで遊びたい人におすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i5720SA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 夏のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ