ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1060 6GB搭載ノート!G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5550GA1 性能レビュー

GTX1060 6GB搭載ノート!G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5550GA1 性能レビュー

マクロキーを4つも搭載しているから使い勝手良し!

GTX1060にはGTX1060 3GBとGTX1060 6GBがあります。「GeForce GTX1060の3GB版と6GB版の違いを比較」でも書いたようにそもそも性能が違います。

G-TuneはほとんどのGTX1060搭載ゲーミングPCに3GB版を採用しています。少なくともデスクトップはすべて3GBです。しかし6GB版を採用したゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5550シリーズ」を新たに販売しました。今回はゴールドモデルのNEXTGEAR-NOTE i5550GA1をレビューします。

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1はこんな方におすすめ!

最新ゲームも遊べる格安ノートPCが欲しい!
比較的軽量な15インチゲーミングノートPCが欲しい!
大容量ストレージで快適性を維持したい!

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700HQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 6GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
256GB M.2 SSD + 1TB HDD モバイル インテル HM175 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6型 フルHDノングレア(1920×1080)

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1の価格と詳細はこちら

NEXTGEAR-NOTE i5550シリーズのなかで、このゴールドモデルが一番バランスが良くて好きです。最新ゲームをやるなら絶対にメモリ16GBが必要になりますし、ストレージはSSD + HDDにするのが常識だからです。

ストレージ容量に関しては賛否両論あるでしょうが、ゲーミングノートPCなら250GB SSD + 1TB HDDがもっともちょうどよいと思います。もちろん予算に余裕があるなら500GB SSD + 1TB HDDにするとか、超高速なNVMe SSDにするのもおすすめです。

ストレージの速度

CrystalDiskMarkでSSDとHDDの速度を計測してみました。

SSDの速度

SSDのシーケンシャルリードは552MB/s、シーケンシャルライトは386MB/sです。連続アクセスもランダムアクセスもまあまあな速度です。

HDDの速度

HDDのシーケンシャルリードは132MB/s、シーケンシャルライトは124MB/sです。ノート用HDDにしてはやや高速です。

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i5550GA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

またデザインが新しくなったようです。GTX1060搭載の「NEXTGEAR-NOTE i5320GA2」やGTX1060 3GB搭載の「http://xn--pc-mh4aj6msdqgtc.com/review/i5540sa1.html」とは明らかに違うデザインです。

内側もゲーミングPCらしさが強調されています。液晶の最大解像度は1920×1080です。

キーボードはWASDが赤く囲まれています。ゲーミングノートPCはWASDを目立たせることが多いですね。

キー配置は一般的なノートPCと同じです。ただ、SHIFTキーが小さいのが少し気になります。

これまでのG-TuneゲーミングノートPCはキーボードバックライトを青白く光らせていました。しかしNEXTGEAR-NOTE i5550GA1は黄色というか肌色っぽい感じです。それだけではなく緑色や紫色も見えます。

Windows起動のようなストレージ読み込み時にはヒンジとヒンジの間(mouseロゴの下)もグラデーションっぽく光ります。

電源ボタンと4つのマクロキーが搭載されています。どんどん海外製ゲーミングノートPCっぽくなっていますね。マクロキーの位置からすると、ゲーム中に使えるショートカットを割り振るのではなく、普段使いに便利なショートカットやランチャーを登録して活用するのが良さそうです。

手前にスピーカーがあります。

左側にはUSB3.0が2つ、USB3.0 Type-C、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはマルチカードリーダー、USB3.0、ケンジントンロックがあります。光学ドライブは非搭載です。

後ろ側にはLANポート、mini-DisplayPort出力、HDMI出力、電源端子があります。今までレビューしたゲーミングノートPCのなかで最も完璧な配置です。常時接続するものってケーブルが邪魔になるじゃないですか。そんなLANポート、映像出力端子、電源端子が邪魔になりにくい後ろ側にまとまっているのは本当に素晴らしいです。

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1の重さ

本体だけの重量を計測したところ2.533kgでした。15インチのゲーミングノートPCでは平均的な重さです。

ACアダプターと電源ケーブルを含めると3.060kgです。やや軽いほうです。

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1のベンチマークスコア

では最後にゲームがどれだけ快適に遊べるか、ベンチマークスコアをご紹介します。どのベンチマークソフトも1920×1080に設定しています。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
10049 11188 14448

FF14ベンチマークはすべて10000越えです。GTX1060 3GBだと9000台まで落ちたはずです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
32435 45024 65569

PSO2ベンチマークが30000を越えるとは以外です。参考までにGTX1060 3GBの「NEXTGEAR-NOTE i5540SA1」は設定6で20957です。比較してみるとこちらのほうが1.5倍も高いスコアが出ています。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は17906でした。

MHFベンチマーク

MHFは22840です。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
9250 10847 10068

3DMARK FireStrikeの評価では「上位37%のパソコン」です。VR Readyの基準ぴったりです。VRゲームも遊べる性能ってことですね。また最新ゲームも画質さえ落とせば難なく60fps以上出せます。PUBGのような重いゲームのために格安ノートPCが欲しい人にはちょうどいいです。

旧モデルからすると性能アップだけでなくマクロキー等の使い勝手まで良くなっているので、かなりおすすめです。このモデルがGTX1060搭載ゲーミングノートPCのスタンダードになることは間違いありません。

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ