ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4600PA1 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4600PA1 性能レビュー

14インチだから持ち運びとゲームのしやすさをしっかり両立!

G-Tuneから新しいゲーミングノートPCが発売されました。これまでのラインナップは13インチ、15インチ、17インチでした。そして今回レビューするNEXTGEAR-NOTE i4600PA1は14インチです。

「持ち運びたいけれど13インチだけどちょっと画面が小さい。でも15インチだと大きいかもなー。」なんて人に14インチはぴったりです。しかもGTX960Mの上位版であるGTX965Mを搭載しているので色々なオンラインゲームを遊べる性能です。

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1はこんな方におすすめ!

ちょうどいいサイズのゲーミングノートPCが欲しい!
人気オンラインゲームを快適に遊びたい!
超高速SSDですべての作業をサクサクにしたい!

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX965M 2GB 16GB PC4-17000
HDD チップセット
256GB NVMe M.2 SSD + 1TB HDD INTEL HM170 Express
光学ドライブ 液晶
なし 14型 フルHDノングレア

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1の価格と詳細はこちら

グラフィックボードはGeForce GTX965MなのでミドルスペックゲーミングノートPCです。ただ、CPUがCore i7-6700HQ、メモリは16GB、NVMe SSDを搭載している点はハイスペックです。

レビューしていて感じたのですが、やはりNVMe SSDは非常に高速です。インストール、コピー、各種ソフトの起動が一瞬で完了します。一般的なSATA接続SSDよりもずっと速いです。

SSDとHDDの速度

どれくらい高速なのかCrystalDiskMarkでストレージの速度を計測しました。SSDのシーケンシャルリードは2200MB/sです。現在販売されているSSDの中ではトップクラスの速度です。

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1にはこのSSDが初期搭載されています。でもゴールドモデル以下はNVMe SSDではないので、全体的なサクサク感を重視するならこのプラチナモデルがおすすめです。

HDDのシーケンシャルリードは115MB/sです。NVMe SSDが桁違いの速度だとひと目でわかりますね。

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i4600PA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

14インチのノートPCです。折りたたんだ時のサイズは349 x 247 × 25.4 mmです。15インチよりも小型なので持ち運びやすさを重視する人におすすめです。

G-Tuneのロゴです。

全体的にすっきりしたデザインです。でも所々ゲーミングっぽさを感じさせる意匠があります。

キーボードは79キーでテンキーがありません。14インチ以下だとテンキー非搭載が一般的です。ピッチは約19mm、ストロークは約1.5mmです。

キー配置は普通です。

電源を入れると光ります。やや控えめな光り方なのでゴテゴテした感じではありません。

トラックパッドはサラサラ系です。

電源ボタンは中央奥にあります。

液晶はノングレアです。最大解像度は1920×1080です。

200万画素のWEBカメラです。

左側にはmini-DisplayPort出力が2つ、HDMI出力、USB3.0、USB3.1、ヘッドホン出力、マイク入力、ミニジャックがあります。随分と映像出力端子が充実しています。

右側にはマルチカードリーダー、USB3.0が2つ、LANポート、ケンジントンロックがあります。

背面には電源端子があります。

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1のベンチマークスコア

GTX965MはGTX960Mよりハイスペックなのか確認するためにベンチマークソフトで性能を計測してみました。どのベンチマークソフトも解像度は1920×1080に設定してあります。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
5689 8119 11598
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
7387 9178 14372

FF14ベンチマークはほとんどの設定で「非常に快適」でした。唯一DirectX11 + 最高品質の設定だけは「とても快適」でした。GTX960Mと比較すると21~30%高性能です。この性能ならFF14をしっかり楽しめます。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質) 設定1(低画質)
13534 20046 30247 64379

PSO2は大規模アップデートによって徐々に重くなっています。最新版では設定6が追加されたことにより、最高画質でプレイするなら以前よりもハイスペックなゲーミングPCが必要になっています。PSO2ベンチマークのスコアを見る限りでは、NEXTGEAR-NOTE i4600PA1は設定3で遊ぶのがおすすめです。

ドラクエ10

ドラクエ10は13834です。やはりGTX960Mよりも高いスコアが出ています。

MHF

MHFは11770です。MHFならGTX960Mで大丈夫です。

3DMARK

3DMARKの評価では「上位33%のパソコン」です。NEXTGEAR-NOTE i4600PA1は5532、GTX960M搭載ノートPCは4129ですからGTX965Mはかなりコスパがいいですね。格安だけど性能の良いゲーミングノートPCが欲しい方におすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ