ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > SSDが爆速!G-Tune NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SP 性能レビュー

SSDが爆速!G-Tune NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SP 性能レビュー

歴代最速のGTX960M搭載ゲーミングノートPC!

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPはGeForce GTX960Mを搭載した13.3型のゲーミングノートPCです。これだけだと「やや小型なミドルスペックかな」と思うでしょう。でも他のパーツがゴリゴリに強化されているため爆速のノートPCになっています。

また液晶はIGZOで最大解像度は2560×1440です。しかも高解像度液晶では珍しいノングレアです。ゲーム用途だけでなく作業用途としてどれだけ快適なのかレビューしていきます。

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPはこんな方におすすめ!

持ち運び可能な小型ノートPCが欲しい!
人気グラボ「GTX960M」を選びたい!
超高速で2560×1440解像度と最先端なノートPCが欲しい!

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPのスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7/8.1 64bit Core i7-4910MQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX960M 2GB 16GB PC3-12800
HDD チップセット
RAID0 512GB SSD + 1TB HDD INTEL HM87 Express
光学ドライブ 液晶
なし 13.3型 ノングレア IGZO 2560×1440対応

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPの価格と詳細はこちら

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPを語る上で、先日レビューした「NEXTGEAR-NOTE i3500SA1」の存在が欠かせません。NEXTGEAR-NOTE i3500SA1は13.3型、GeForce GTX960M搭載、見た目はほぼ一緒、ととてもよく似てるからです。

では違いはなんでしょうか。まずCPUが最高性能のCore i7-4910MQです。メモリは2倍の16GB、液晶がIGZOで解像度2560×1440とあらゆるパーツがパワーアップしています。

そして今回レビューしていて最も衝撃を受けたのがSSDです。

SSDの速度を検証

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPに搭載されているSSDはRAID0というシステムが組まれています。RAIDにはいくつかの種類があり、例えばRAID1は同一のデータを2つのストレージに書き込み、障害対策をするためのものです。

これに対してRAID0は複数のストレージに同時に読み書きすることで高速化を図る仕組みです。つまり通常のSSDよりもRAID0 SSDのほうが速くなるわけです。では実際にどれだけ速いのか見てみましょう。

うわぁ・・・、まさかここまで速くなるとは・・・。900越えの数値なんて初めて見ました。過去にレビューした経験から言うと、通常のSSDだと左上の数値が500前後、M.2 SSDで700前後です。通常のSSDより2倍も高速化できています。

ちなみにHDDはこれくらいの速度です。RAID0 SSDの凄まじさがよくわかります。

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPの外観

外観に関してはNEXTGEAR-NOTE i3500SA1と完全に一緒なので省略します。接続端子も一緒です。DVDドライブがないことだけ注意してください。

解像度の設定を見ると2560×1440になっています。多くのノートPCは1920×1080ですから、細かな表示が可能になっています。ただ、見た目で違いがわかるかといえば微妙です。

2560×1440の動画をYoutube探して再生させてみましたが、「なんとなく綺麗な気がする」程度でした。4K液晶ほどのインパクトはありません。

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPのベンチマークスコア

爆速なハイスペックノートPCだとわかりました。でもやはりゲームで使えるかが最重要ポイントです。GeForce GTX960Mはどれくらいの性能なのか、また他のパーツの影響でスコアが伸びるのかを見てみましょう。

FF14ベンチマークはDirectX11だと最高品質で4327、標準品質で9755です。DirectX9だと最高品質で5887、標準品質で11103です。標準画質のスコアがとても伸びています。CPUの影響が強いのかもしれません。

PSO2ベンチマークは最高画質(設定5)で16562、標準画質(設定3)で27902です。こちらも20%以上伸びました。グラフィックボード以外のパーツの重要度って年々増しているように感じます。

ドラクエ10は13245でした。GTX960M搭載ノートPCでは過去最高のスコアです。

MHFは9318です。MHFベンチマークは唯一2560×1440の解像度に対応していて、スコアは5622でした。やはり解像度を上げると極端にスコアが落ちますね。

3DMARKの評価では「上位65%のパソコン」です。GTX960M搭載ノートPCとしては確実にトップクラスの性能を持っています。普段使いもサクサクですし、快適な小型ノートPCが欲しい方におすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i3501PA1-SPの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 夏のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ