ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 持ち運びに最適!G-Tune NEXTGEAR-NOTE i3500SA1 性能レビュー

持ち運びに最適!G-Tune NEXTGEAR-NOTE i3500SA1 性能レビュー

小型だけど意外と高性能な人気ゲーミングノートPC!

ゲーミングノートPCといえば15.6型、17.3型が一般的です。自宅で使うだけならこの二択になります。しかし持ち運びのことを考えると17.3型では大きすぎます。そこで候補に上がるのが13.3型です。

13.3型のノートPCは近年とても人気があります。そしてゲーミングノートPCにも13.3型があります。今回はGeForce GTX960Mを搭載したG-Tuneの13.3型ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i3500SA1」をレビューしていきます。

NEXTGEAR-NOTE i3500SA1はこんな方におすすめ!

持ち運びにピッタリのゲーミングノートPCが欲しい!
標準画質でいいから人気オンラインゲームを快適にプレイしたい!
格安なミドルスペックゲーミングノートPCを探している!

NEXTGEAR-NOTE i3500SA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7/8.1 64bit Core i7-4710MQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX960M 2GB 8GB PC3-12800
HDD チップセット
500GB HDD INTEL HM87 Express
光学ドライブ 液晶
なし 13.3型 ノングレア液晶

NEXTGEAR-NOTE i3500SA1の価格と詳細はこちら

ミドルスペックのゲーミングノートPCとして鉄板のパーツ構成です。通常使用でスペック不足に感じることはないでしょう。補強するならHDDくらいです。500GBだと足りなくなる可能性があるため、SSDの追加をおすすめします。

ゲーミングノートPCって高額なイメージがあります。15万円、20万円するのが当たり前だと思っていませんか?でもNEXTGEAR-NOTE i3500SA1はこれだけのスペックで税抜き価格124,800円です。かなり安いです。Windows7が同価格なのも高評価です。

そして重量は2.1kgです。ゲーミングノートPCの中では軽い方です。重量を調べてみたところ、15.6型だと2.6kg、17.3型だと3.9kgです。明確な違いを感じる重量差です。

NEXTGEAR-NOTE i3500SA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i3500SA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

外側は真っ黒なボディです。G-Tuneらしい色合いです。

内側はシルバーで統一されています。実際に見てみるとそこまで小型だとは感じません。でも15.6型よりは明らかに小さいです。

キーボードにはテンキーがありません。その分、各キーの配置(間隔)に余裕が生まれています。

キー配置はスタンダード。特に変なところはありません。誰でもすんなり使いこなせます。

持ち運ぶなら重要なのがトラックパッドの操作性です。レビューの時ずっとトラックパッドで操作していましたが、まったく違和感なく使えました。

電源ボタンは右奥にあります。

WEBカメラ、マイクも標準搭載です。

左側の接続端子はUSB2.0、マイク、ヘッドホンです。左側にこれしかないのは初めて見たかもしれません。

右側にはUSB3.0が3個、HDMI、D-Sub、LANポート、電源端子があります。ちょっと右側に寄りすぎている印象です。

背面には何もありません。つまりDVDドライブはありません。もしもDVDドライブを使いたいなら外付けタイプを買うしかありません。

よく見ると正面側にマルチカードリーダーが搭載されていました。

NEXTGEAR-NOTE i3500SA1のベンチマークスコア

私の勝手なイメージかもしれませんが、ゲーミングノートPCってサイズが大きいとハイスペック、小さいと低スペックな傾向があると思います。その点、NEXTGEAR-NOTE i3500SA1に搭載されているのは人気No.1のGeForce GTX960Mです。ゲームをしっかり遊べる性能です。では実際にベンチマークスコアを見ていきましょう。

FF14ベンチマークはDirectX11だと最高品質で4353、標準品質で8966です。DirectX9だと最高品質で5800、標準品質で9897です。FF14は「非常に快適」の設定で遊ぶべきです。つまり「非常に快適」を獲得した標準品質(ノートPC)の設定がおすすめです。

PSO2ベンチマークは最高画質(設定5)で12634、標準画質(設定3)で17305です。最高画質でも60fps以上出ていましたが、安定度を考えると設定3か2くらいにしておいたほうがいいでしょう。

ドラクエ10は12302でした。充分快適にプレイできるスコアです。

MHFは9314です。MHFは30fpsの上限があるので、このスコアで余裕です。

3DMARKの評価では「上位65%のパソコン」です。ゲーミングノートPCの平均値を上回りました。13.3型の中では高性能な部類です。持ち運びもしたいしゲームも楽しみたい方には最有力候補のゲーミングノートPCです。

NEXTGEAR-NOTE i3500SA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tuneの売れ筋ゲーミングPC特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ