ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune MASTERPIECE i1630PA1-SMM 性能レビュー

G-Tune MASTERPIECE i1630PA1-SMM 性能レビュー

PUBG検証!DetonatioN Gaming 推奨パソコン

ここ10年でPUBGほど人気が出たゲームがあったでしょうか。世界中で多くの人がPUBGをプレイしています。有名ストリーマーが配信をすれば数万人の視聴者がつくほどです。

でもPUBGってハイスペックPCが必要なんですよね。低スペックPCでは最低画質にしても60fps出なくてカクカクします。今回はPUBG用PCとしておすすめしたい「MASTERPIECE i1630PA1-SMM」をレビューしていきます。実際にベンチマークもしました。

MASTERPIECE i1630PA1-SMMはこんな方におすすめ!

PUBGが快適に遊べるゲーミングPCが欲しい!
プロゲーミングチーム推奨PCに興味がある!
ゲーム実況配信をしてみたい!

MASTERPIECE i1630PA1-SMMのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8700K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080Ti 11GB 32GB PC4-19200
ストレージ チップセット
480GB SSD + 3TB HDD インテル Z370 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 700W 80PLUS BRONZE

MASTERPIECE i1630PA1-SMMの価格と詳細はこちら

実はこのゲーミングPC、プロゲームチーム「DetonatioN Gaming」推奨PCです。G-Tuneの「DetonatioN Gaming 推奨 ハイスペックPC特集 SUMOMOXqXがPUBGで挙動検証!」というページではプロゲーマーのSUMOMOXqX選手が検証をしている動画を閲覧できます。

PUBGやDMMが公式に推奨しているゲーミングPCではないものの、ベンチマークの動画を見る限りでは「ああ、PUBGをしっかりプレイ可能なんだな」と納得できます。

MASTERPIECE i1630PA1-SMMの搭載パーツはハイエンドで、Core i7-8700K + メモリ32GB + GTX1080Tiという組み合わせです。これより高性能なゲーミングPCはほとんど存在しません。少なくともシングルGPUならこれが頂点です。

メモリ32GBというのはやや過剰な気もします。今のところ16GBあれば困らないような気がします。ただ、PUBGの実況をするなら32GBあったほうがいいです。今後さらにメモリ容量が必要なゲームが出てくるでしょうから、「最新ゲームを実況配信したい!」と思うならメモリ32GBは決して無駄になりません。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Kingston SSDNOW 480GB」でシーケンシャルリードが539MB/s、シーケンシャルライトが498MB/sです。全体的に良い速度が出ています。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST3000DM008」でシーケンシャルリードが186MB/s、シーケンシャルライトが181MB/sです。

MASTERPIECE i1630PA1-SMMの外観

次にMASTERPIECE i1630PA1-SMMの外観や接続端子のレビューをしていきます。

G-Tuneではフルタワーでハイエンドなデスクトップ「MASTERPIECEシリーズ」です。正面は黒のアクリル素材で反射します。

正面右側にインターフェイスがまとまっています。上から順に電源ボタン、USB3.0が2個、マイク入力、スピーカー出力、USB2.0が2個です。

さらにその下にはDVDスーパーマルチドライブがあります。G-TuneのデスクトップゲーミングPCで光学ドライブ初期搭載されているのはMASTERPIECEシリーズだけだったはずです。

上部には何もありません。小物を置く場所として使えます。

左側は透明なアクリルパネルになっていて、内部のパーツが丸見えです。ピカピカと光る感じではなく、唯一グラフィックボードのMSIロゴだけが白く光ります。

アクリルパネルの上部はスイッチになっていて、押し込むとカチッと音がしてサイドパネルが外れます。ネジを取り外さなくても簡単に開けられるのはメリットでしょう。ちょっとしたメンテナンスをしたい時に便利です。

一般的なPCケースとはやや配置が異なります。左上が電源ユニット、右下が光学ドライブです。意外なことに拡張性はかなり低く、ストレージ用の空きスロットは1つしかありません。

メモリは16GB x 2の32GBです。最大で16GB x 4の64GBまで増やせます。

2.5インチスロットが1つ空いています。設置するためには右側も開ける必要があります。

グラフィックボードは「MSI GTX 1080 Ti AERO 11G OC」です。

拡張スロットはPCI Express ×16(x4として動作)、PCI Express ×1が3つ空いています。

右側はおそらく吸気口です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4個、USB3.1が2個、LANポート、サウンド関連があります。ちなみにマザーボードは「MSI Z370-S01」です。

GTX1080Tiの映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3個です。

MASTERPIECE i1630PA1-SMMのベンチマークスコア

MASTERPIECE i1630PA1-SMMの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
18141 18855 21766

FF14ベンチマークは安定の18000越えです。GTX1060だと11000程度ですからGTX1080Tiの高性能っぷりがよくわかりますよね。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
75547 102913 127007

PSO2ベンチマークもかなり高いスコアが出ました。PSO2くらいの重さのゲームなら楽勝です。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22568です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは67157でした。GTX1060なら25000強、GTX1070なら35000くらいです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9301 9672 7641

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位7%」の評価でした。最新ゲームもサクサク動かすことができると証明されました。これからDirectX12のゲームが増えてくるはずですが、MASTERPIECE i1630PA1-SMMを所持しておけば安心です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
22623 28549 19248

3DMARK FireStrikeの評価では「上位2%のパソコン」です。ハイエンド中のハイエンドです。さすがはGTX1080Tiといったところでしょうか。ちなみにPUBGもDirectX11なので、この性能ならヌルヌル環境のおかげで他のプレイヤーよりも有利になれます。

PUBGのフレームレート検証

ベンチマークスコアだけではPUBGがどれくらい快適に動作するのかはわかりません。そこで実際にPUBGをプレイしてフレームレートを計測しました。計測した場所はポチンキよりちょっと東の丘です。解像度は1920×1080で、最大fpsを144に制限しています。

画質 平均フレームレート
非常に低い 127 fps

ほぼ120fps以上でした。場所によっては90fpsまで落ち込みます。建造物が少なかったり、人があまりいない場所だと144fpsで張り付くことが多いようです。この後ポチンキに突撃してみましたが重くなりませんでした。なんだか以前よりもPUBGが軽くなったような気がします。おそらくアップデートのおかげでしょう。

いずれにしてもPUBGが滑らかに動作することがわかりました。もちろんPUBG以外のゲームだってサクサクです。メモリ容量に余裕がありますし、ゲーム実況をやってみたい方にもおすすめです。

MASTERPIECE i1630PA1-SMMの価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 秋の売れ筋PC特集でゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ