ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune MASTERPIECE i1550SA11実機レビュー

G-Tune MASTERPIECE i1550SA11実機レビュー

マウスコンピューターカンファレンス2013で見た、G-Tuneのハイエンドゲーミングデスクトップの実機レビューをしていきます。MASTERPIECEはG-Tuneの中でも上位モデルなので高性能です。ベンチマークスコアもかなり高い数値が出ました。

MASTERPIECE i1550SA11公式ページはこちら

MASTERPIECE i1550SA11のスペック

OS CPU
Windows8 64bit Core i7-3820
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX780(3GB) 32GB PC3-12800
HDD チップセット
2TB HDD インテル X79 Express
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 700W

さすがハイスペックデスクトップですね。どれも性能の高いパーツを盛り込んでいます。CPUは最新のHaswellが注目されていますが、実はHaswellにはまだハイスペックモデルがありません。だから一世代前の3000番代のほうがずっと性能が高かったりします。中でもi7-3820は最上位ではないものの、コスパが良く人気ですね。

グラフィックボードはGTX780で安定です。今ならとりあえずGTX780が搭載されているゲームPCを選んでおけば大丈夫です。実際にはGTX TITANのような上位モデルもありますが、はっきり言って高いので、私はGTX780をおすすめします。ちなみに旧世代のGTX680よりも1.3~1.5倍くらい性能がアップしています。

メモリも電源も充分ですね。カスタマイズでこれ以上積む必要はありません。カスタマイズするとしたら、CPUを水冷にして消音設計にしたり、DVDをブルーレイにするくらいでしょう。予算に余裕があるならSSDにして読み込みの高速化を図るのも良いですね。でも現在稼働中のオンラインゲームならMASTERPIECE i1550SA11の基本構成で問題ありません。後述のベンチマークレビューでも証明されています。

MASTERPIECE i1550SA11の外観

次に外観、キーボード、接続端子などをレビューしていきます。

PCケースのサイズは219×471×499mmとやや大きめです。でも大きすぎるという印象はありません。一般的なデスクトップのサイズです。エアフローは前面と横側から空気を取り込み、後方に排出する仕組みになっています。

前面はマルチカードリーダー、USB3.0端子が2個、USB2.0端子が2個、マイク端子、スピーカー端子が搭載されています。ゲームPCに必要な端子が前面に配置されているのは嬉しいポイントですね。と言うのも、デスクトップを置く場所によっては、背面からではコードの長さが足りないことがあるからです。前面からなら、マウス、キーボード、ヘッドセットを余裕を持って使えます。私はマウスとキーボードは背面から、ヘッドセットは前面から接続しています。

背面はさらにすごいですね。USB3.0が2個、USB2.0が8個も用意されています。こんなにUSB端子が多いゲームPCは初めて見ました。現状、外付けHDDもBluetoothインターフェイスもUSB接続が多くなっています。だからUSB端子は多ければ多いほど良いはずです。

グラフィックボードのインターフェイスはDVI-Iが1個、DVI-Dが1個、DisplayPort1個です。HDML変換コネクタが付属しているそうなので、ディスプレイとの接続に困ることはありません。

MASTERPIECE i1550SA11の内部

G-Tuneはデスクトップケースのエアフローにこだわっていると社員の方が話してくれました。今回のレビューでは内部も見ることができたため、詳しくご紹介していきます。

何の変哲もないケース内部に見えるかもしれません。でも素晴らしいこだわりがあるのです。画像右側の中央がぽっかりと空いています。普通なら拡張ドライブで埋め尽くされているはずです。しかしケース前面の中央をぽっかりと空けることで空気の流れを作り出し、グラフィクボードに直風を当てています。

画像右側から画像左側のグラフィクボードまで空気の通り道ができています。しっかり空気を当てることで、グラフィックボードの温度を下げることができます。最近のグラフィックボードは温度が上がると自動的にクロックを下げて、温度を下げようと調整します。つまりケース内の温度が高いとゲームPCとしての性能が下がってしまうのです。

こんな現象を防ぐためにG-Tuneは直風を当てる設定にしたそうです。ゲーマーのことを考えてくれることがよくわかりますね。本当に素晴らしいデスクトップゲーミングPCだと思います。

MASTERPIECE i1550SA11のベンチマークスコア

ではMASTERPIECE i1550SA11の性能を検証していきましょう。今回使用したベンチマークソフトは新生FF14ベンチマーク、PSO2ベンチマーク、3DMARKの3つです。

3DMARMは高いスコアが出ました。今までレビューした中では一番高いスコアです。

新生FF14は7853で「非常に快適」という結果になりました。1920×1080の最高画質で非常に快適なのは素晴らしいですね。新生FF14のグラフィックを堪能したい方、ヌルヌル動作を求めている方におすすめです。標準画質での計測はしませんでしたが、確実に最高の評価になるはずです。

PSO2ベンチマークも恐ろしいスコアが出ました。45374です。今まで見たことのない数値です。PSO2はアクション性の高いMORPGなので、フレームレートが高くて安定してることは重要です。MASTERPIECE i1550SA11を使うことでスムーズに操作でき、自分の実力を100%発揮できます。

もちろん他のオンラインゲームもサクサク動くようになります。新しくゲームPCが欲しい方はMASTERPIECE i1550SA11を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

MASTERPIECE i1550SA11公式ページはこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ