ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア HX-M 性能レビュー

ドスパラ ガレリア HX-M 性能レビュー

つい最近、ゲーミングノートPC用のグラフィックボードして最新世代であるGeForce GTX800Mシリーズが発売されました。でもデスクトップ用のGeForce GTX800シリーズはまだです。

世代が新しくなるとどの程度性能がアップするのか気になるところですが、逆に「前の世代はどれくらい高性能でコスパは良いのか」も気になります。そこで今回は1つ前の世代であるGTX660を搭載したガレリア HX-Mのレビューをしていきます。

ガレリア HX-Mはこんな方におすすめ!

10万円以内の格安デスクトップゲームPCが欲しい!
FF14を最高品質でもヌルヌル動かしたい!
予算がないのでコスパ重視で選びたい!

ガレリア HX-Mのスペック

OS CPU
Windows7/8.1 64bit Core i7-4770
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX660 2GB 4GB
HDD チップセット
500GB HDD INTEL B85 Express
光学ドライブ 電源
なし 500W

現在人気のミドルスペックと比較してみましょう。まず、GTX760ではなく1つ前の世代であるGTX660です。NVIDIAの話によると1.3倍くらいの性能差があるそうです。本当にそうなのかは、後ほどのベンチマークレビューでチェックします。

CPUは人気のCore i7-4770です。でもメモリは4GBです。比較的軽いオンラインゲームなら4GBで問題ありません。他にも色々な作業を同時にやるなら8GBに増やすのもいいでしょう。

同様にSSD追加もおすすめです。パソコン本体の価格が10万円以内ですから、SSDやブルーレイドライブにお金を使えるメリットがあります。

ガレリア HX-Mの外観

次にガレリア HX-Mの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ドスパラのデスクトップゲームPCの中では一番小型だと思います。しかし「すごく小型」というわけではありません。「ちょっと小型」くらいの印象です。185 × 395 × 370mmというサイズですから一般的なデスクトップよりも一回り小さいですね。

正面から見るとコンパクトさがよくわかります。縦幅が低いですね。そして下部のメッシュの細かさにも気が付きます。ここまで細かいメッシュはあまり見かけません。ホコリが内部に入るのを防いでくれますし、掃除も簡単そうです。

正面の上の方にはDVDドライブが搭載されています。もちろん読み書き対応です。

中央には電源ボタンとリセットボタンが搭載されています。接続端子はUSB3.0が2個、マルチカードリーダー、ヘッドホン端子、マイク端子です。小型な分だけUSBが少ないです。マウスやキーボードは背面に接続したほうが良さそうですね。

上部は何もありません。上から降ってくるホコリが入らないのは良いですね。正面のメッシュの細かさといい、内部をクリーンに保とうとするこだわりを感じます。長く使えそうなゲームPCです。

左側には大きな通気口が2つあります。ここから空気を取り込んで、グラフィックボードとCPUを冷やしています。

右側には何もありません。本当にシンプルなPCケースですね。

背面は電源、ファン、マザーボード端子、グラフィックボード端子です。ここからパソコン内部の熱を外に排出します。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が2個、USB2.0が4個、キーボード用PS2端子、LANポート、サウンド関連です。正面のUSB端子が少なかった分、背面に充実しています。ちなみにマウスやキーボードをUSB3.0に接続する必要はありません。USBメモリや外部HDD用に空けておきましょう。

GeForce GTX660の接続端子は他のグラフィックボードと同じようにDVIが2個、HDMI、DisplayPortです。

ガレリア HX-Mのベンチマークスコア

ではGeForce GTX660の性能を検証してみましょう。今回もFF14ベンチマーク、PSO2ベンチマーク、ドラクエ10、MHFを使用します。3DMARKはうまく動作しませんでした。

GTX760と似たような性能だと予想できますから、最高画質設定で計測しました。標準画質設定もレビューするので画質重視派もフレームレート重視派も参考になるはずです。

まさかの8000越えです!GTX760よりも性能が低いと思っていたので衝撃的な結果です。予想では6000程度だと考えていました。でも最高品質の設定で「非常に快適」になるなら充分現役で使えることがわかりましたね。

標準画質だと14997でした。GTX760と同等の性能と言っても過言ではないようです。

PSO2ベンチマークは20000を越えました。超高性能ではありませんが、最高画質の設定でも問題なく快適にプレイできるスコアですね。標準画質設定では36515でした。

ドラクエ10は16637でした。以前レビューしたGTX760搭載ゲームPCもこれくらいのベンチマークスコアでした。GTX770にすると18000を越える印象です。

MHFは11886でした。10000越えているので大丈夫です。ただ、GTX760と比較するとちょっとスコアが低いようです。

ガレリア HX-Mの評価

今回のレビューで明らかになったのは、「GTX660は現役として通用するグラフィックボードだ」ということです。もちろん高性能ではありません。でもコスパの良いミドルスペックゲームPCを求めているならかなりおすすめです。

FF14が10万円以内のデスクトップでも最高画質でプレイできるのは嬉しいところですね。これなら現在稼働中の無料FPSもサクサク動かせるはずです。

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ