ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1050Ti搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCF1050TNF 性能レビュー

GTX1050Ti搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCF1050TNF 性能レビュー

17インチだけど意外と軽量なノートPC!

ドスパラで安いゲーミングノートPCを買おうと思ったら、GTX1050Ti搭載ノートPCが最有力候補になります。GTX1050Tiよりも性能が低いGTX1050を搭載したモデルはドスパラにはありません。

GTX1050Ti搭載ゲーミングノートPCは2つのモデルがあり、今回は17インチのガレリア GCF1050TNFをレビューしていきます。

ガレリア GCF1050TNFはこんな方におすすめ!

17インチの大画面でゲームをプレイしたい!
軽いゲームを中心にプレイする予定!
程よく格好いいノートPCを使いたい!

ガレリア GCF1050TNFのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050Ti 4GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
250GB SSD + 1TB HDD モバイル インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 17.3 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶

ガレリア GCF1050TNFの価格と詳細はこちら

Core i7、メモリ8GB、GTX1050Tiの組み合わせはエントリーモデルに該当します。GTX1050Tiで遊ぶゲームなら基本的にメモリ8GBで大丈夫です。CPUをCore i5にしていいならもっと安い「ガレリア GCF1050TGF-E」があります。

現在ドスパラではCore i7-8750H搭載のゲーミングノートPCが主流になっています。例えば「ガレリア GCF1060GF」や「ガレリア GCF1070GF」が人気です。しかしこれらのモデルとガレリア GCF1050TNFとには決定的な違いがあります。

それは液晶です。上記モデルの液晶は120Hzに対応しています。リフレッシュレートが120Hzということは、1秒間に120回描画してくれることを意味します。リフレッシュレートの数値が大きければ大きいほど、ゲームの映像がヌルヌルになるわけです。

一方でガレリア GCF1050TNFの液晶は60Hzです。半分しかありません。いえ、一般的なゲーミングノートPCは60Hz液晶なので別におかしくはありません。ただ、ドスパラは120Hz液晶のゲーミングノートPCが充実しているため気になってしまいます。

FPSを始めとしたアクション性の高いゲームをプレイするなら絶対に120Hzのほうがいいです。でもMMORPGのような動きの速くないゲームなら60Hzで十分です。

SSDとHDDの速度

ガレリア GCF1050TNFのストレージは250GB SSDと1TB HDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「SKhynix HFS256G39TND-N210A」で、シーケンシャルリードが548MB/s、シーケンシャルライトが262MB/sです。読み込みはかなり高速です。

HDDは「HGST HTS541010B7E610」でシーケンシャルリードが138MB/s、シーケンシャルライトが127MB/sです。2017年までは100MB/s前後のHDDが主流でした。その頃に比べると随分と高速になったものです。

ガレリア GCF1050TNFの外観

次にガレリア GCF1050TNFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は419(幅)× 294(奥行き)× 34(高さ) mmです。17インチなのでやや大型です。

他のモデルは全体的に真っ黒なのに、ガレリア GCF1050TNFだけはキーボードが赤いデザインです。ゲーミングPCらしい格好良さを出しつつも、決して派手過ぎないのが良いですね。

テンキー付きの日本語キーボードです。ガレリア GCF1060GFとは違って、SteelSeries製のものではありません。

ゲームで多用するSHIFT、CTRL、スペースキーが程よい大きさです。

キーボードバックライトは赤一色です。

ファンコントローラー、キーボードバックライト切り替え、電源ボタンがあります。キーボードバックライトは「OFF」「強く赤色に光る」「弱く赤色に光る」の3種類に切り替えられます。

60Hzのノングレア液晶です。最大解像度は1920×1080です。

左側にはLANポート、USB3.0が2つ、USB3.0 Type-C、HDMI出力、mini-DisplayPort出力、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはUSB2.0、SDカードリーダー、電源端子があります。DVDドライブ搭載のゲーミングノートPCって滅多に見なくなりました。DVDドライブの使用する機会ってもうほとんどないですし、軽量化にも繋がるので自然な流れなのでしょうね。

後ろ側には接続端子はなく、内部の熱を吐き出す排気口があります。

ガレリア GCF1050TNFの重さ

ノートPC本体のみの重さは2.800kgです。17インチで3kg未満なのはとても軽量です。

でもACアダプターとケーブルを含めると3.423kgです。

ガレリア GCF1050TNFのベンチマークスコア

ガレリア GCF1050TNFの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
2642 4027 5217

FF15ベンチマークは推奨スペック未満なので低い評価になりました。実際ベンチマーク計測中の画面はカクカクしていました。重いゲームをプレイするならGTX1060以上をおすすめします。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
7616 8675 11945

FF14ベンチマークは最高評価の「非常に快適」です。GTX1060だと最高品質設定で10000を越えます。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
19555 21703 34603

PSO2も快適に遊べる評価です。ただ、なぜかデスクトップに比べるとスコアが激減しています。PSO2ベンチマークの特性らしいです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は16545です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは17406です。GTX1060搭載の「ガレリア GCF1060GF」は26373でした。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
2515 2328 4630

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは下から数えて15%の評価でした。エントリーモデルなので仕方がありません。最新ゲームはすでにGTX1060 + メモリ16GB以上を推奨しています。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
6941 7825 13127

3DMARK FireStrikeの評価では「上位60%のパソコン」です。VRゲームをやるにもちょっと足りないので、やはり比較的軽いゲームをプレイする用のゲーミングノートPCですね。

15インチに比べて17インチは画面が大きいので、文字が読みやすかったりゲームの迫力が出たりするメリットがあります。あまり持ち運ばないで、主に自宅で使う予定なら17インチがおすすめです。

ガレリア GCF1050TNFの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ