ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > ドスパラ ガレリア Gamemaster NT 性能レビュー

ドスパラ ガレリア Gamemaster NT 性能レビュー

ゲーム動作サポート付きのGTX960M搭載ノートPC!

40種類以上のゲームの動作サポートをすることで話題になったGALLERIA GamemasterシリーズはほとんどがデスクトップゲーミングPCです。

でも1つだけゲーミングノートPCがあります。それが今回レビューするGTX960M搭載の「ガレリア Gamemaster NT」です。本当に動作サポートしているゲームを快適にプレイできる性能なのか評価してみました。

ガレリア Gamemaster NTはこんな方におすすめ!

格安のゲーミングノートPCが欲しい!
動作サポートの対象となるゲームをしたい!
最高画質ではなく標準画質でいい!

ガレリア Gamemaster NTのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700HQ(定格2.60GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX960M 2GB 16GB(PC4-17000)
ストレージ チップセット
250GB SSD + 1TB HDD インテル HM170 Express
光学ドライブ 液晶
DVDスーパーマルチドライブ 15.6インチ ノングレア(最大1920×1080)

ガレリア Gamemaster NTの価格と詳細はこちら

ドスパラには「ガレリア QSF960HE」というゲーミングノートPCがありましたが、それをベースにしているようです。ただしメモリは8GBから2倍の16GBに、ストレージは250GB SSDが追加されて全体的にスペックアップしています。

グラフィックボードは前世代のGeForce GTX960M 2GBです。GTX900Mシリーズでもっとも人気のあったノート用グラフィックボードです。今はもうGTX10シリーズが最新ですから性能とコスパはちょっといまいちに思えてしまいます。

とはいえGTX960Mなら軽いオンラインゲームは動きます。最新ゲームはまったく無理ですが、ある程度の重さまでなら解像度や画質を下げれば60fps出せる性能を持っています。

正直なところGALLERIA Gamematerシリーズが動作サポートしている「Quantum Break」に関しては推奨スペックを下回っているので、解像度と画質を相当下げないとプレイできないはずです。

ストレージの速度

ガレリア Gamemaster NTに搭載されているSSDとHDDの速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSD

SSDはシーケンシャルリードが532MB/s、シーケンシャルライトが505MB/sです。良い速度が出ています。GALLERIA GamematerシリーズはどれもSSD搭載なのが嬉しいです。

HDD

HDDはシーケンシャルリードが109MB/s、シーケンシャルライトが108MB/sです。

ガレリア Gamemaster NTの外観

次にガレリア Gamemaster NTの外観や接続端子のレビューをしていきます。

すっきりシンプルな外観です。サイズは383(幅)×249(奥行き)×37.8(高さ) mm、重量は約2.5kgです。

15インチとして一般的な大きさです。

キーボードはテンキーも付いています。専用マクロキーはありません。

左側にはWindowsキーがありません。スペースキーの3つ右側にあります。

キーボードバックライトもあります。「KLM」というプリインストールソフトウェアで光らせ方を変更できます。

トラックパッドはクリック部分との一体型です。

電源ボタンは右奥。

左奥にはファンコントローラーとショートカットキー設定ボタンがあります。

液晶モニターはノングレア。WEBカメラはHD画質対応です。

左側にはKensingtonLock取付け口、電源端子、USB3.1、HDMI出力、USB3.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはDVDスーパーマルチドライブ、USB3.0、D-Sub出力、LANポートがあります。DVDドライブ搭載のゲーミングノートPCは最近だと珍しくなってきました。

後側にはインターフェイスの類はありません。ぽっかりとしたスペースはバッテリーの装着箇所です。

ガレリア Gamemaster NTのベンチマークスコア

最後にガレリア Gamemaster NTのベンチマークスコアをご紹介します。使用したベンチマークソフトはFF14、PSO2、ドラクエ10、MHF、3DMARK FireStrikeです。どれも解像度は1920×1080に設定しました。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
4368 6311 9756
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
5821 8481 11597

FF14ベンチマークはDirectX 11 + 最高品質だと「快適」という評価です。この2倍のスコアを出さないと「非常に快適」になりません。60fpsで安定させたいなら標準画質で遊ぶのが良さそうです。

設定6 設定5 設定3
7914 19840 26115

PSO2ベンチマークは最高画質の設定6で極端にスコアが落ちました。これなら設定4か5くらいがいいでしょう。画質にこだわったり重いゲームをやったりするならもっとハイスペックなゲーミングPCをおすすめします。

ドラクエ10は13120です。ドラクエ10は3D MMORPGの中で軽い部類ですからさすがに最高画質でも大丈夫です。

MHFは9401でした。MHF-ZのHigh Grade Editionも遊べる性能です。

3DMARK FireStrikeのスコアは4106で、「上位77%のパソコン」という評価です。GTX1060の半分以下のスコアです。やはりGTX960Mは軽いオンラインゲーム向けの性能です。軽いゲームをやるけれど動作サポートをしっかり活用したい方にはちょうどいいゲーミングノートPCですね。

ガレリア Gamemaster NTの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ