ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア ゲームマスター GXT 性能レビュー

ドスパラ ガレリア ゲームマスター GXT 性能レビュー

GTX1060を搭載したスタンダードなゲーミングPC!

ドスパラには通常のガレリアシリーズだけでなく、サポートが充実したガレリアゲームマスターシリーズがあります。それぞれの違いについては「GALLERIAシリーズとガレリアゲームマスターの違いを比較」の記事をご覧ください。

ガレリアゲームマスターでおそらく最もスタンダードなのが今回レビューする「ガレリア ゲームマスター GXT」です。GTX1060を搭載したミドルスペックゲーミングPCがどのような性能なのか検証しました。

ガレリア ゲームマスター GXTはこんな方におすすめ!

サポートの充実したゲーミングPCを選びたい!
多くのゲームを遊べる性能にしたい!
20万円の予算でゲーミングPCを探している!

ガレリア ゲームマスター GXTのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 6GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
500GB SSD + 1TB HDD インテル H370 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ Enhance 600W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / ATX-1860)

ガレリア ゲームマスター GXTの価格と詳細はこちら

定番とも言えるパーツ構成です。なんだかんだ売れ筋なのはCore i7-8700 + メモリ8GB + GTX1060の組み合わせですからね。SSD + HDDになっているのも素晴らしいですし、電源ユニットが高性能なのも好感が持てます。

ガレリアシリーズに比べるとカスタマイズ項目が非常に少ないのが残念ですけど、基本的にはこのまま購入すればOKです。せいぜいストレージ容量を増やすくらいでしょうか。私なら500GB SSD + 2TB HDDくらいにします。

なお、似たようなパーツ構成のゲーミングPCに「ガレリア XT」があります。今見たらCPU、メモリ、グラボ、ストレージ等が一緒でした。違うのは電源ユニット、ケースファン、PCケースくらいでしょうか。

ただし価格に大きな差があります。ガレリア XTのほうが4万円くらい安いのです。ガレリアゲームマスターシリーズはゲームの動作保証や長時間のサポートを売りにしているので、その辺りで価格差が出ているのだと思います。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Colorful SL500」でシーケンシャルリードが528MB/s、シーケンシャルライトが475MB/sです。ドスパラのBTOパソコンに最近よく採用されているSSDです。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが199MB/s、シーケンシャルライトが197MB/sです。

ガレリア ゲームマスター GXTの外観

次にガレリア ゲームマスター GXTの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリアゲームマスターシリーズ専用のPCケースです。私はガレリアシリーズよりも格好良いと感じています。

正面にはDVDスーパーマルチドライブ、電源ボタン、USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力があります。DVDドライブの物理ボタンがありません。ソフトウェア側で開閉しなければならないようです。

上部は塞がっています。

左側はクリアなアクリルパネルです。光るパーツへの変更はできません。

突起を2つ引っ張るだけで取り外せます。開閉が簡単なのは個人的に嬉しいです。普通はネジ2つです。

底面に設置されているメッシュはスライド式になっていて取り外せます。吸気に重要な部分ですから、たまに掃除してあげるといいでしょう。

左上が電源ユニット、右上が3.5インチシャドウベイです。底面と右側から吸気し、背面に排気するエアフロー設計です。

CPUクーラーはサイドフロータイプで固定されています。メモリは最大64GBまで増設できます。

右側から吸気するためのケースファンが2つ備わっています。

3.5インチシャドウベイはあと1つ空いています。

GTX1060 6GBは「PALIT GeForce GTX 1060 StormX」です。

右側です。

背面です。リアファンとサイドファンで合計3つのケースファンが搭載されています。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1060の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア ゲームマスター GXTのベンチマークスコア

ガレリア ゲームマスター GXTの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
4638 6740 8889

FF15ベンチマークは高品質と標準品質だと「快適」、低品質だと「やや快適」の評価でした。ただし別に快適ではありません。常にカクカクしています。画質を下げるにしてもせめてGTX1070Tiは欲しいです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
11844 13049 16075

FF14ベンチマークはすべて10000以上です。7000以上で最高評価の「非常に快適」が出るので余裕ですね。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
48092 59873 84346

PSO2くらいの軽さなら最高画質でも快適にプレイできます。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は19262です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは28874でした。Core i7-8700のおかげでスコアが伸びました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
4289 4237 4615

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位60%」の評価でした。先程も少し書いたように、最新ゲームをプレイする予定があったり、将来的にプレイするゲームが増えそうならGTX1070TiやGTX1080Tiを選んだほうがいいです。例えば「ガレリア ZV」がおすすめです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
11238 13312 12537

3DMARK FireStrikeの評価では「上位32%のパソコン」です。現在稼働中のゲームならほとんどプレイできる性能です。多少重いゲームまでカバーしたいならメモリ16GBにしましょう。

ガレリア ゲームマスター GXTの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ