ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア ゲームマスター GMH 性能レビュー

ドスパラ ガレリア ゲームマスター GMH 性能レビュー

ゲームマスターシリーズ最安値のデスクトップ!

ガレリア ゲームマスターシリーズには2つのPCケースがあります。「ガレリア ゲームマスター GXT」を始めとしたGXシリーズはミドルタワーケースです。

一方でミニタワーのGMシリーズもあります。「ゲームマスター(G)のミニタワー(M」みたいな覚え方でいいでしょう。そして今回レビューするのがGTX1050Tiを搭載したガレリアゲームマスター GMHです。

ガレリア ゲームマスター GMHはこんな方におすすめ!

サポートの充実したゲーミングPCを選びたい!
軽いゲームだけをプレイする予定!
15~20万円の予算でゲーミングPCを探している!

ガレリア ゲームマスター GMHのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-8500
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050Ti 4GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
500GB SSD + 1TB HDD インテル H370 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ Enhance 600W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / ATX-1860)

ガレリア ゲームマスター GMHの価格と詳細はこちら

製品名からするとガレリア MHのゲームマスター版なのでしょうけど、パーツを見ると「ガレリア DH」のゲームマスター版と言ったほうが正しいでしょう。Core i5-8500が決定的ですね。

ガレリア DHと比較するとPCケース、チップセット、電源ユニット、ストレージ等が違います。すべてガレリア ゲームマスター GMHのほうが高性能です。特にストレージがしっかりSSD + HDDになっているのが素晴らしいです。

また、GTX1050TiではなくGTX1060を搭載した「ガレリア ゲームマスター GMT」も候補に入るでしょう。GMTのほうがグラフィック性能が高いため、プレイしたいゲームや予算に合わせて選んでください。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Colorful SL500」でシーケンシャルリードが518MB/s、シーケンシャルライトが471MB/sです。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが201MB/s、シーケンシャルライトが196MB/sです。

ガレリア ゲームマスター GMHの外観

次にガレリア ゲームマスター GMHの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ゲームマスター専用 GKMミニタワーケースです。サイズは185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mmです。ミドルタワーケースに比べると高さが8cm低くなっています。

正面にはDVDスーパーマルチドライブ、電源ボタン、USB3.0が4つ、マイク入力、スピーカー出力があります。ミドルタワーと同じ構成です。使い勝手に違いはなさそうです。

上部は塞がっています。

クリアパネルで中身が見えます。この状態はフィルム張りっぱなしです。剥がせばもっと綺麗になります。

この部分を強く押すとカチッと音がして、サイドパネルを取り外せます。両手の親指で押すと開きやすかったです。

底面に装着されているフィルターはスライドすることで取り外せます。底面からの吸気が重要ですから、定期的にメンテナンスしましょう。

正面や右側にケースファンがありません。背面の排気用ケースファンだけしかありません。3.5インチシャドウベイがすでに埋まっていたり、使える拡張スロットがほぼないことから、拡張性の低さがわかります。

GTX1050Tiは非常にコンパクトです。M.2スロットは使えるかどうか微妙なラインです。

右側のメッシュは吸気の役割です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1050Tiの映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。GTX1060よりDisplayPortが2つ少ないですね。

ガレリア ゲームマスター GMHの温度

ベンチマークスコアを計測しながら、各パーツの温度を計測してみました。CPU(Core i5-8500)、SSD、HDD、グラフィックボード(GTX1050Ti 4GB)の最大温度をご紹介します。

CPUは最大60℃、SSDは最大40℃、HDDは最大36℃、グラフィックボードは最大64℃です。Core i7や高性能グラフィックボードに比べて随分と低い温度で収まっています。

ガレリア ゲームマスター GMHのベンチマークスコア

ガレリア ゲームマスター GMHの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
2676 4051 5373

FF15ベンチマークは高品質だと「やや重い」、標準品質だと「普通」、軽量品質だと「やや快適」の評価でした。どの画質にしてもガクガクで、FF15くらいの重さのゲームをプレイするには性能不足です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
7815 9149 15036

FF14ベンチマークはどの画質でも「非常に快適」の評価です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
23628 59799 88336

PSO2ベンチマークは最高画質だとスコアががくんと下がりました。GTX1060搭載ゲーミングPCの約半分のスコアです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は19834です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは15561でした。GTX1060なら25000を越えます。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
2565 2359 5086

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位85%」の評価でした。つまり下から数えて15%の位置です。VRゲームの推奨スペックにも達していません。最新ゲームをプレイしたいならもっとハイスペックなゲーミングPCを選ぶべきです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
6880 7770 12485

3DMARK FireStrikeの評価では「上位67%のパソコン」です。軽いゲームをプレイするには十分な性能です。ある程度重いゲームでも画質を下げれば快適に遊べます。ガレリアゲームマスターが動作サポートをしているゲーム一覧を確認して、そのなかにプレイしたいタイトルがあれば、このゲーミングPCを選ぶ価値があります。

ガレリア ゲームマスター GMHの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ