ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > フロンティア FRGXH818 性能レビュー

フロンティア FRGXH818 性能レビュー

GTX950搭載!GTX960、GTX760の性能と比較しました

2015年8月にGeForce GTX950が発売されました。GTX900シリーズでは最下位モデルであり、ゲーミングPCにおいてはエントリーモデルに該当します。やはり気になるのは性能です。

今回はGeForce GTX950を搭載したFRGXH818のレビューをしていきます。GTX960やGTX760と比較してどんな性能なのか、コスパはどうなのかに注目してみました。

FRGXH818はこんな方におすすめ!

安いゲーミングPCが欲しい!
そこそこ軽いオンラインゲームをやっている!
比較的コンパクトなデスクトップが欲しい!

FRGXH818のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows7/8.1/10 64bit Core i5-4460
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX950 2GB 4GB PC3-12800
HDD チップセット
500GB HDD インテル H81 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 600W ATX電源(80PLUS BRONZE)

FRGXH818の価格と詳細はこちら

ゲーミングPCとしては最小構成です。グラフィックボードとCPUはいいとして、メモリ4GBなのが少し不安です。もちろん軽いオンラインゲームには充分ですが、普段使いのためにも8GB以上をおすすめします。

あとはSSDも欲しいです。最近のPCゲームはデータ容量が膨大ですよね。50GBなんてゲームが当たり前になっています。そうすると500GB HDDでは足りなくなるかもしれません。ただ、HDDの容量を増やすのではなくSSDを追加したほうがゲーミングPCの速度がアップするのでおすすめです。

フロンティアの特徴のひとつにOSの選択肢が多いことがあげられます。大抵のBTOメーカーはWindows7かWindows10の二択が多いです。でもフロンティアはすべてのゲーミングPCがWindows7, 8.1, 10から選べます。

FRGXH818の外観

次にFRGXH818の外観や接続端子のレビューをしていきます。

デスクトップゲーミングPCの中では比較的コンパクトなサイズです。小型のカテゴリに入るほどではありませんが、小さいほうが置き場所に困らないのは確かです。具体的なサイズは幅:約174mm x 高さ:約365mm x 奥行:約392mmです。

正面にはDVDドライブがあります。

上部に接続端子があります。USB3.0が2個、USB2.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子、電源ボタンです。上向きになっているため、足元に置くなら使いやすそうです。

左側が唯一の吸気口です。正面、上部、右側は塞がっています。つまり吸気するためのケースファンは搭載されていません。

背面にだけ排気ファンがあります。カスタマイズでケースファンは増やせないようです。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が4個、USB2.0が2個、PS2、LANポート、サウンド関連です。

GeForce GTX950の接続端子はDVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortです。フロンティアのデスクトップゲーミングPCに搭載されているグラフィックボードはすべてASUS製です。

FRGXH818のベンチマークスコア

ではGeForce GTX950の性能をレビューしていきます。過去にレビューした他のグラフィックボードのベンチマークスコアとも比較してみます。どのベンチマークソフトも解像度は1920×1080に設定しました。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
6435 7443 12999
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
8484 8772 14884

FF14ベンチマークはDirectX 11 + 最高品質で「とても快適」、それ以外の設定だと「非常に快適」です。GTX960に比べると12%ほど低い性能です。

PSO2ベンチマークは最高画質(設定5)で29904、標準画質(設定3)で52924です。GTX760よりも10%ほど高く、GTX960よりも30%ほど低いスコアです。ただしCPUやメモリがスコアに影響している可能性もあります。

ドラクエ10は14610です。さすがにドラクエ10は余裕です。

MHFは12352です。GTX760と同等、GTX960より20%ほど低いスコアです。

3DMARKの評価は「上位50%のパソコン」です。エントリーモデルどころか、しっかりミドルスペックです。総合的にはGTX760よりもGTX950のほうが高性能だとわかりました。そう考えると結構コスパいいですね。安いゲーミングPCが欲しい方はこのGTX950搭載ゲーミングPCを検討してみてください。

FRGXH818の価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ