ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > フロンティア FRGAZ170/LEN 性能レビュー

フロンティア FRGAZ170/LEN 性能レビュー

Z170チップセット採用のミドルスペックデスクトップ!

ゲーミングPCのCPUはCore i5で充分というのが定説です。ではCore i5-6000シリーズではどれが良いのでしょうか。過去にCore i5-6500搭載のデスクトップはレビューしたことがあります。

そして今回レビューするゲーミングPCにはCore i5-6600Kが搭載されています。Core i5-6500の動作周波数が定格3.2GHzなのに対し、Core i5-6600Kは定格3.5GHzです。でも最新ゲーム以外はほとんど影響しないはずです。

FRGAZ170/LENはこんな方におすすめ!

ミドルスペックゲーミングPCが欲しい!
拡張性の高いデスクトップを使いたい!
日本製コンデンサの電源を選びたい!

FRGAZ170/LENのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows 7/8.1/10 Core i5-6600K(4コア/定格3.5GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX960 2GB 8GB PC4-17000
HDD チップセット
1TB HDD インテル Z170 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 600W ATX電源 80PLUS BRONZE

FRGAZ170/LENの価格と詳細はこちら

最新のミドルスペックゲーミングPCです。少し前だとCore i5-4590、メモリ8GB、GeForce GTX960の組み合わせでした。CPUが高速になり、同じメモリ8GBでもPC3-12800からPC4-17000になったことで性能が向上しています。

電源は普通に見えますが、日本製コンデンサが採用されています。電源ユニットの中で最も評価の高い105度 日本製コンデンサなので信頼性があります。フロンティアの強みです。

FRGAZ170/LENの外観

次にFRGAZ170/LENの外観や接続端子のレビューをしていきます。

幅:約234mm x 高さ:約533mm x 奥行:約558mm とデスクトップゲーミングPCとしては一般的な大きさです。いや、ちょっとだけ大きいと感じました。

一番上にDVDドライブがあります。

中央にUSB3.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子があります。その左にあるのはあらゆるメディアに対応したカードリーダーがあります。

下部に電源ボタンがあります。でもこの位置だと足元に置いた場合、電源をいれるために頑張って手を伸ばさなければなりません。少し不便です。

上部は何もありません。

左側は吸気口です。CPUのやや下、グラフィックボードの位置です。

開けてみるとスペースにかなり余裕があります。実は意外と拡張性の高いゲーミングPCで、 PCI Express x16が2つ、PCI Express x1が2つ、の拡張スロットが空いています。

GeForce GTX960とマザーボードはASUS製です。

右側は何もありません。

背面の排気口は電源ユニットとリアファンの部分だけです。

背面の接続端子はUSB3.0が2個、USB3.1、USB2.0が2個、PS2、LANポート、サウンド関連です。USB3.1はUSB3.0より2倍も高速です。

GeForce GTX960の接続端子はDVI-I、HDMI、DisplayPortが3つです。

FRGAZ170/LENのベンチマークスコア

最後にベンチマークスコアをご紹介します。GeForcr GTX960の性能がCPUとメモリに左右されているのか確認したいと思います。解像度はいつも通り1920×1080です。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
7482 8525 15405
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
9881 10159 18293

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」です。Core i5-4460、メモリ8GB(DDR3)、GTX960を搭載したゲーミングPCで計測した際、DirectX11 + 最高品質で7313でした。ほとんど変わりませんね。

PSO2ベンチマークは設定5(最高画質)で46925、設定3(標準画質)で87150です。GTX960では歴代1位です。同様にCore i5-4460だと40601でした。やはりゲームによってCPUやメモリがどれくらい影響するのか結構変わります。

ドラクエ10は17176です。GTX960の平均的なスコアです。

MHFは14637です。これも平均値くらいです。身も蓋もないですが、グラフィックボード以外のパーツがどれくらい重要なのかはゲームによって変わる、というわかりきった結果になりました・・・。

3DMARKの評価は「上位50%のパソコン」です。CPUの推奨スペックが比較的高めでもしっかり動いてくれるゲーミングPCです。新しいけどそこまで重くないオンラインゲームにおすすめです。

FRGAZ170/LENの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im590SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ