ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > 10万円以下!ドスパラ ガレリア DT 性能レビュー

10万円以下!ドスパラ ガレリア DT 性能レビュー

CPUの影響はあるのか?他のGTX1060搭載ゲーミングPCと比較!

GeForce GTX1060を搭載したゲームPCの価格って何円くらいをイメージしていますか?今だと12万円か13万円ってところだと思います。少なくとも色々なBTOメーカーのサイトをチェックしている私はそれくらいをイメージしています。

しかしドスパラのガレリア DTは約10万円です。最初に気付いた時、「あれ?こんなに安いGTX1060搭載ゲームパソコンなんてあったっけ?」と不思議に思ったくらいです。

今回はドスパラのGTX1060搭載ゲームパソコンの中で一番安いガレリア DTのレビューをしていきます。同じグラフィックボードを搭載していて非常に人気のあるガレリア XTとの比較もしてみます。

ガレリア DTはこんな方におすすめ!

人気のGTX1060搭載ゲームPCが欲しい!
オンラインゲームに特化したパソコンでOK!
複数同時の作業はそんなにしない!

ガレリア DTのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i5-6500(定格3.20GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 3GB 8GB(PC4-17000)
HDD チップセット
1TB HDD インテル H110
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 400W 静音電源 80PLUS BRONZE

ガレリア DTの価格と詳細はこちら

まず同じGTX1060でもビデオメモリに違いがあります。ガレリア DTはGTX1060 3GBですが、ガレリア XTはGTX1060 6GBです。たまに「ビデオメモリは性能に影響しない」なんて発言する人がいます。でもGTX1060に関してはそもそもスペックからして異なります。当然GTX1060のほうが高性能です。性能については後述のベンチマークスコアをご覧ください。

もう1つの注目ポイントはCPUです。多くのゲーミングPCはCore i7のCPUを搭載しています。最近だとCore i7-6700とCore i7-6700Kが主流ですね。でもガレリア DTはCore i5-6500です。

それ以外はミドルスペックのゲーミングPCとして一般的なパーツ構成です。つまりCPUが安い分だけパソコンの価格も下がっているわけです。ではCore i5-6500とCore i7-6700の違いって何なのでしょうか。

Core i5-6500とCore i7-6700の違い

CPU Core i5-6500 Core i7-6700
コア数 4 4
スレッド 4 8
動作周波数 3.2GHz(TB 3.6GHz) 3.4GHz(TB 4.0GHz)
キャッシュメモリ 6MB 8MB
TDP 65W 65W

スレッド数はCore i7-6700のほうが2倍もあります。スレッド数は「同時に処理する能力」です。オンラインゲームを起動しながら、ブラウザでYoutubeを見て、Mumbleでボイスチャットをして・・・と同時にたくさんのプログラムを起動する場合は、スレッド数が多いほうが有利です。

ただ、現実として重い処理を同時に走らせる場面はそこまで多くなく、ゲーミングPCならスレッド数はあまり重要ではないと言われています。それよりも動作周波数に注目すべきでしょう。

動作周波数はCPUの性能を表す最もわかりやすい指標です。Core i5-6500か定格3.2GHzなのに対し、Core i7-6700は定格3.4GHzです。一番の違いはココでしょう。明確に性能が違います。TDPは同じなので同じ電力・発熱量ですが、Core i7-6700のほうが高性能です。

でも結局は「オンラインゲームで重要なのか?」が気になるポイントです。下の方でベンチマークスコアの比較をしているので最後まで読んで頂けると嬉しいです。

ガレリア DTの外観

次にガレリア DTの外観や接続端子のレビューをしていきます。

インテル H110 チップセット マイクロATXマザーボードを搭載しています。「マイクロ」なんて名前が付いていることからわかるように小型のマザーボードです。だからその分、ゲーミングPC本体もコンパクトになっています。

正面上部にDVDドライブが搭載されています。前面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンが搭載されています。

上部に通気口はありません。

左側には通気口が2つあります。

内部を見るとコンパクトさがよくわかります。フルタワーのデスクトップだとストレージは右下にありますが、右の真ん中に位置しています。グラフィックボードもやや下側に接続されています。全体的にギュッとまとまっています。

電源ユニットはAcBel製です。でもカスタマイズでオウルテックやSeasonic等の人気メーカーに変更できます。

拡張スロットはPCI Express x1が1つだけ空いています。もっと拡張性が欲しい人は素直にガレリア XTを選びましょう。

右側に通気口はありません。

リアファンは中央に配置しています。CPUとグラフィックボードの位置を考えたらここがベストでしょう。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が2個、USB2.0が4個、PS2端子、LANポート、サウンド関連です。USB3.0よりUSB2.0のほうが多いのは最近のゲーミングPCとしては珍しい気がします。

GeForce GTX1060の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。マルチディスプレイは最大2画面まで対応しています。

ガレリア DTのベンチマークスコア

GTX1060搭載ゲームPCの性能が素晴らしいことはもうわかりきっています。でも今回はCPUがどのように影響するかがポイントです。FF14、PSO2、ドラクエ10、MHF、3DMARKのベンチマークスコアで検証してみましょう。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
11840 13072 17910
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
13891 14220 19725

FF14ベンチマークはさすがにどの設定でも「非常に快適」です。GTX960よりも明らかにスコアが高くなっています。でもGTX1060 6GBよりは低いスコアです。

設定6 設定5 設定3
41924 44945 57322

PSO2ベンチマークはメモリやCPUの影響をモロに受けると思っていましたが、意外と高いスコアが出ました。

ドラクエ10は18001です。

MHFは22191でした。GTX960を搭載していた前バージョンより2倍弱伸びています。

3DMARKの評価では「上位42%のパソコン」です。ちょうどVR Readyの基準のスコアです。現状のミドルスペックゲーミングPCと呼んでいいでしょう。でも気になるのはやはりガレリア XTとの比較です。

ガレリア DTとガレリア XTの比較

ベンチマークスコア ガレリア DT ガレリア XT
FF14 DX11 最高 11840 12870
PSO2 設定6 41924 50731
3DMARK FireStrike 9293 10854

最大21%も違います・・・。性能を求めるならガレリア XTのほうがおすすめです。とはいえ、ガレリア DTの安さは見逃せません。FF14くらいの重さのオンラインゲームなら最高画質で遊べますから、最新ゲーム以外ならガレリア DTで充分です。

ガレリア DTの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ