ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > 8万円台と激安!ドスパラ ガレリア DS 性能レビュー

8万円台と激安!ドスパラ ガレリア DS 性能レビュー

軽いゲームにぴったりなGeForce GTX1050を搭載!

近頃TwitterでゲーミングPCに関する質問を頻繁に頂くようになってきました。なかでも多いのが「10万円以内で買えるゲーミングPCでおすすめはどれか?」という質問です。

10万円以内だと選択肢は限られます。搭載グラフィックボードはGeForce GTX1050、GTX1050Ti、GTX1060 3GBのどれかです。ただし消費税などのことを考えると実質GTX1050だけです。今回は8万円台(税抜)で買える激安ゲーミングPC「ガレリア DS」のレビューをしていきます。

ガレリア DSはこんな方におすすめ!

とにかく安いデスクトップゲーミングPCが欲しい!
10万円以内のゲーミングPCを探している!
やや軽めのオンラインゲームをプレイしている!

ガレリア DSのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows 10 64bit Core i5-6500
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050 2GB 8GB
ストレージ チップセット
120GB SSD + 500GB HDD インテル H110 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 400W 静音電源(AcBel製 / 80PLUS BRONZE)

ガレリア DSの価格と詳細はこちら

エントリーモデルらしいパーツ構成です。最小構成と言い換えても良いでしょう。GeForce GTX750はビデオメモリ2GBです。最新FPSゲームの推奨スペックはグラフィックボードのビデオメモリが3GB以上になっているため、新しいゲームを遊びたいならガレリア XTガレリア XFを選んでください。

CPUも同様です。重いゲームはCore i7が推奨されています。しかし何年も前から続いているオンラインゲームなら、このパーツ構成でも大丈夫です。例えば2Dオンラインゲームや軽い3D MMORPGならサクサク動いてくれます。

OSの選択肢はWindows10とWindows7 Proの二択です。Windows7 Proのほうが8000円高くなっています。8000円出してまでWindows7を選ぶ必要はありません。安いWindows10 Home 64bitをおすすめします。

ストレージの速度

ガレリア DSに搭載されているSSDとHDDの速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSD

SSDはシーケンシャルリードが535MB/s、シーケンシャルライトが165MB/sです。読み込み速度は高速ですが、書き込み速度が遅いですね。

HDD

HDDはシーケンシャルリードが188MB/s、シーケンシャルライトが185MB/sです。

ガレリア DSの外観

次にガレリア DSの外観や接続端子のレビューをしていきます。

やや背が低く、コンパクトなサイズです。大きさは185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mmです。最上部にDVDドライブが搭載されています。

左から順にUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。正面のUSBスロットはUSBメモリ用などのために空けておいたほうが良いと思います。

上部には排気口がありません。すっきりデザインです。

左側には吸気口が2つあります。位置から察するにCPUとグラフィックボードを冷やしています。

内部の様子です。右上がDVDドライブ、右中央がストレージ、左上が電源ユニットです。

メモリスロットは2つです。4GB x 2のデュアルチャネルのためどちらも使用されています。

GeForce GTX1050はコンパクトです。GTX1060等に比べて2/3くらいのサイズです。マザーボードはASRock H110M-HDVです。

拡張スロットはPCI Express x1が2つ空いています。

右側には何もありません。正面と左側から空気を吸い込み、背面から吐き出す構造です。

背面は真ん中に排気用のケースファンがあります。

マザーボードの接続端子はPS2、USB3.0が2個、USB2.0が4個、LANポート、サウンド関連です。必要な物がしっかり揃っています。

GeForce GTX1050の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortです。GTX1060やGTX1070に比べてDisplayPortが2つ減っています。

ガレリア DSのベンチマークスコア

ガレリア DSは格安です。でもだからこそ性能が心配になります。そこでベンチマークスコアを見てみましょう。中堅の重さであるFF14、軽いドラクエ10に注目です。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
6872 8166 14846
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
9207 9602 16567

FF14ベンチマークはDirectX11 + 最高品質が「とても快適」、それ以外の画質設定では「非常に快適」となりました。GTX950より10%くらいスコアアップしています。ただ、GTX1060に比べるとかなり低いです。

設定6 設定5 設定3
16466 43006 62779

PSO2ベンチマークは最高画質の設定6だといまいちですが、それ以外はかなり良いスコアが出ました。PSO2なら問題なくプレイできる性能です。

ドラクエ10は16910です。

MHFは12908です。MHF-Z High Grade Editionの推奨スペックを越えているので大丈夫です。

3DMARK FireStrikeのスコアは5665、評価は「上位70%のパソコン」です。ミドルスペックには達していません。エントリーモデルと呼ぶべきでしょう。でもベンチマークスコアからわかるように、軽いゲームならサクサク動いてくれます。安くてそこそこの性能のゲーミングPCを探している方にぴったりです。

ガレリア DSの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ