ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 10万円台!ドスパラ ガレリア DJ 性能レビュー

10万円台!ドスパラ ガレリア DJ 性能レビュー

GTX1060 3GBだからとっても格安!

GTX1060にはビデオメモリが3GBのものと6GBのものがあります。最新ゲームはグラフィックボードの負荷率が高くなっているため、6GBを使ったほうが良いです。

でも3GB版のほうが安くて買いやすいのも事実です。今回はGTX1060 3GB、Core i5-8500を搭載していて約10万円のガレリア DJをレビューしていきます。

ガレリア DJはこんな方におすすめ!

やや省スペースなデスクトップゲーミングPCが欲しい!
最安値のGTX1060 3GB搭載ゲーミングPCを買いたい!
最新の重いゲームはプレイしない予定!

ガレリア DJのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-8500
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 3GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
1TB HDD インテル H310 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 500W 静音電源 (DELTA 製 / 80PLUS BRONZE)

ガレリア DJの価格と詳細はこちら

グラフィックボード以外の基本スペックは以前レビューした「ガレリア DT」とまったく同じです。CPUやメモリは格安ゲーミングPCらしくちょうどいい性能です。

唯一の不満はストレージです。1TB HDDしか搭載されていません。容量は別にいいです。問題は速度です。今どきのゲーミングPCならSSD + HDDにしたいです。SSDを追加してブートドライブにするだけでPCの動作速度が圧倒的に速くなります。

実際に今回のレビューでベンチマークソフトをインストールしていたら、普段の3倍以上の時間を要しました。だからガレリア DJを買うならカスタマイズでSSDの追加を忘れないようにしてください。それだけで解決します。

ストレージの速度

HDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが122MB/s、シーケンシャルライトが148MB/sです。デスクトップに搭載するHDDにしては随分と遅いです。普通は200MB/s前後になります。だからSSDの追加だけでなく、HDDも「SEAGATE 2TB HDD」のような製品に変更することをおすすめします。

ガレリア DJの外観

次にガレリア DJの外観や接続端子のレビューをしていきます。

PCケースは「ガレリア専用 KTMケース ブラック」でミニタワーに分類されます。サイズは幅185 x 奥行き395 x 高さ370 mmです。やや小型で、上部に排気口がなく物を置けるメリットがあります。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。また、一番上にはDVDスーパーマルチドライブもあります。

左側には吸気口が2つあります。どちらにもケースファンを追加できます。

グラフィックボードのスペースを確保するためか、ストレージのシャドウベイは右中央に配置されています。

CPUクーラーは「ノーマルファン」が選択されていてトップフロータイプです。「静音パックまんぞくコース」にするとサイドフローになります。メモリスロットはあと2つ空いていて、最大64GBまで増やせます。しかし購入時のカスタマイズでは8GBまでしか選択できないようです。ちょっと謎な仕様ですね。

電源ユニットはDELTA製です。

GTX1060 3GBはPalit製です。CPUクーラーの右下にM.2スロットがあります。グラフィックボードの下にある拡張スロットはGTX1060に近すぎるので基本的には使えません。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルはPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1060 3GBの映像出力端子は定番のDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア DJの温度

ベンチマークソフトを1時間動作させて各パーツがどれくらいまで温度が上がるか計測しました。CPU(Core i5-8500)は最大67℃、HDDは最大41℃、GTX1060は最大83℃まで上がりました。

ガレリア DJのベンチマークスコア

ガレリア DJの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
3818 6176 8231

FF15ベンチマークは高品質だと「普通」、標準品質以下だと「快適」の評価でした。でも全然快適ではありません。そもそもCPU、メモリ、グラフィックボードすべてが推奨スペックを満たしていません。FF15くらい重いゲームをプレイするなら「ガレリア ZZ」のようなCore i7、メモリ16GB、GTX1080Tiの組み合わせをおすすめします。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
11589 13050 16900

FF14ベンチマークはすべて10000以上です。7000以上で最高評価の「非常に快適」が出るので余裕ですね。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
49047 70105 80708

PSO2ベンチマークも高いスコアです。ビデオメモリの影響はほとんど感じられません。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は19909です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは23393でした。GTX1060 6GB + Core i7-8700なら27000を越えます。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
4015 3868 5122

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位60%」の評価でした。VR系の基準は越えていますが、それでも下から数えたほうが早いスコアです。重いゲームをプレイしたいならもっとハイスペックなゲーミングPCをおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
10461 12276 12487

3DMARK FireStrikeの評価では「上位32%のパソコン」です。現在稼働しているほとんどのオンラインゲームを遊べる性能です。10万円台のゲーミングPCで上半分に入るってかなり凄いですよね。

SSDを追加して、HDDを変更したとしてもまだまだ格安の部類に入ります。10万円ちょっとでデスクトップゲーミングPCを買おうとしている方におすすめです。

ガレリア DJの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ