ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Core i5-8500搭載で格安!ドスパラ ガレリア DH 性能レビュー

Core i5-8500搭載で格安!ドスパラ ガレリア DH 性能レビュー

Core i5-8500 + GTX1050Tiのミニタワー!

10万円以下のゲーミングPCを買おうとすると、今のところGTX1060は選択肢から外れます。どうしても12万円くらいになってしまいます。そこでGTX1060よりひとつ下のグラフィックボードであるGTX1050Tiが候補に入ってきます。

ドスパラでGTX1050Ti搭載の最安値デスクトップゲーミングPCを探してみたところ「ガレリア DH」が該当しました。税抜きだと9万円台、税込みだと10万円台なのでなんとか予算内に収まるのではないでしょうか。今回はそんなガレリア DHをレビューしていきます。

ガレリア DHはこんな方におすすめ!

10万円の予算でデスクトップゲーミングPCを探している!
軽いゲームを中心にプレイする予定!
拡張性は低くても問題ない!

ガレリア DHのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i5-8500
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050Ti 4GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
1TB HDD インテル H310
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ DELTA 450W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-450EB E)

ガレリア DHの価格と詳細はこちら

GTX1060 6GB搭載の「ガレリア DT」と似たようなゲーミングPCに思えますが、実は色々と違います。いえ、確かにドスパラのミニタワーデスクトップですし、Core i5-8500やメモリ8GBなのは共通しています。

ガレリア DHのグラボがGTX1050Tiなのは当然として、ストレージは1TB HDDしか搭載していなかったり、電源ユニットの容量が少なかったりといくつかの違いがあります。

問題はストレージです。私は久しぶりにSSD非搭載のパソコンに触ったのですが、もう本当に遅くて大変でした。普段レビューしているゲーミングPCはどれもSSD + HDDになっていて、定番のベンチマークソフトを全部インストールするのに5分もかかりません。

しかしガレリア DHは各種ベンチマークソフトのインストール完了に20分以上かかりました。これは冗談でも誇張でもありません。本当に何倍もの時間がかかってしまいました。ソフトの起動にも時間がかかっていたので、改めて「SSDは必須だな」と実感しましたよ・・・。

だからあなたがガレリア DHを買うなら絶対にカスタマイズでSSDを追加してから注文してください。それだけですべてが解決します。おすすめは240GB SSDです。

ガレリア DHの外観

次にガレリア DHの外観や接続端子のレビューをしていきます。

KTMミニタワーケースです。サイズは185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mmで、「ガレリア XT」のようなミドルタワーに比べると高さが8cmくらい小さくなっています。

正面上部にDVDドライブが搭載されています。前面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンが搭載されています。

上部は塞がっていて、何か物を置くのにも利用できます。私はヘッドセット置き場として利用しています。

左側には通気口が2つあります。CPUクーラーが光っているように見えますが、フィルムが反射しているだけです。

底面が塞がっているので、前から後ろへのシンプルなエアフロー設計です。

とても残念なのが、カスタマイズではメモリ8GBまでしか増やせないところです。16GBに増設してからの購入はできません。もちろん自分で8GB x 2のようにすることは可能ですけど、購入時点で16GBにしたい人には残念な仕様です。

グラフィックボードは「PALIT GeForce GTX 1050 Ti StormX」だと思います。グラボの下にPCIスロットがひとつあるのですが、グラボとの距離がとても近いので使えません。

右側です。

リアケースファンは回転数の多いものやブルーLEDファン等に変更できます。

マザーボードのバックパネルにはUSB3.0が2個、USB2.0が2個、PS2端子が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce GTX1050Tiの映像出力端子はDVI、HDMI、DisplayPortです。調べてみたところ3画面出力が可能とのことです。

ガレリア DHの温度

ベンチマークソフトを1時間動作させて各パーツがどれくらいまで温度が上がるか計測しました。CPU(Core i5-8500)は最大65℃、HDDは最大39℃、GTX1050Tiは最大62℃まで上がりました。GTX1060に比べると20℃も低いです。

ガレリア DHのベンチマークスコア

ガレリア DHの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
2742 4131 5361

FF15はGTX1050Tiでは無理そうです。15fpsくらいしか出ていませんでした。推奨スペック未満なので仕方がありません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
7797 9116 14415

FF14ベンチマークはFF15より遥かに軽いので大丈夫です。一番綺麗な画質でもしっかり最高評価です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
23651 60209 73422

PSO2ベンチマークも問題ないスコアです。ただ設定6だとGTX1060の半分以下です。設定5が適切かもしれませんね。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は18990です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは15581でした。ガレリア DTに比べて59%低いスコアです。やはりコスパの面ではGTX1060のほうがいいです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
2550 2345 5060

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位85%」の評価でした。つまり下から15%です。最新ゲームはすでにGTX1060を推奨しているので、GTX1050Tiではさすがに厳しいです。今後重いゲームをプレイする可能性があるならGTX1070Ti以上のグラボをおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
6879 7776 12378

3DMARK FireStrikeの評価では「上位67%のパソコン」です。大抵のゲームはFF14より軽いですから、10万円のゲーミングPCでもしっかりゲームを楽しめます。多くのMMORPG、MOBA、WoTプレイヤーにおすすめのデスクトップです。ただし何度も繰り返すようですが、ストレージはSSD + HDDにしてから購入しましょう。

ガレリア DHの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ