ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 最安値!ドスパラ ガレリア DC 性能レビュー

最安値!ドスパラ ガレリア DC 性能レビュー

ドスパラで一番安いデスクトップゲーミングPC!

ゲーミングPCは10万円以上するのが当たり前です。とはいえ10万円の予算で買える製品がないわけではありません。その筆頭が今回レビューする「ガレリア DC」です。

ガレリア DCはドスパラのゲーミングPCで一番安いモデルです。そんなに安いゲーミングPCでもゲームを快適にプレイできるのでしょうか。スペックや性能を実機で検証してみました。

ガレリア DCはこんな方におすすめ!

10万円以下のゲーミングPCが欲しい!
軽いゲームだけをプレイする!
静かなデスクトップを使いたい!

ガレリア DCのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i3-8100
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050 2GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
320GB SSD インテル H310 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし DELTA 450W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-450EB E)

ガレリア DCの価格と詳細はこちら

安いゲーミングPCとしてGeForce GTX1050 + メモリ8GBの組み合わせは定番です。でもCore i3-8100は珍しいです。10万円前後のゲーミングPCに搭載されているCPUはCore i5-8400やCore i5-8500のどちらかが一般的です。Core i3-8100は4コア・4スレッド、動作周波数3.6GHzと意外に高いスペックです。実際多くのゲームを遊べる性能を持っています。

ただこのまま買うのはおすすめしません。少なくともストレージはカスタマイズしてください。ゲーミングPCは320GBでは足りません。ここは500GBか1TB HDDを追加しましょう。そうすればバランスが良くなります。なお、1TB HDDを追加したとしても9万円ちょっとで買えます。

あと光学ドライブが非搭載です。ドスパラはデスクトップゲーミングPCにDVDドライブを標準搭載していることが多いです。というかほとんどのモデルは搭載済みです。光学ドライブが必要だと思ったらカスタマイズで追加しましょう。

ストレージの速度

SSDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Colorul SL500シリーズ」でシーケンシャルリードが537MB/s、シーケンシャルライトが473MB/sです。ランダムリード以外は高速です。

ガレリア DCの外観

次にガレリア DCの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア Dシリーズはミニタワーケースです。高さは37cmあります。机の上に置いても圧迫感がありません。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

もしも光学ドライブを追加した場合は、一番上の箇所に設置されます。

上部に排気口はありません。

左側には2つの給気口があります。パーツの温度が全体的に低いため、ケースファンを追加する必要はありません。

意外なことにCPUクーラーはサイドフローです。激安ゲーミングPCでもしっかりしたCPUクーラーを採用してくれています。

GTX1050は「GeForce GTX 1050 StormX」です。

SSDです。3.5インチシャドウベイはあと2つ空いています。ただしCPUクーラーが邪魔になり、自分でHDDを入れるのは難しそうです。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB3.0が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1050の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。

ガレリア DCの温度

ベンチマークスコアを計測しながら、各パーツの温度を計測してみました。CPU(Core i7-8100)、SSD、グラフィックボード(GTX1050 2GB)の最大温度をご紹介します。

CPUは最大56℃、SSDは最大40℃、グラフィックボードは最大58℃です。温度が高くならない影響で、ずっと静かな動作を保っていました。静音性を重視したい人にもおすすめです。

ガレリア DCのベンチマークスコア

ガレリア DCの性能をベンチマークソフトで評価しました。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
2064 3396 4762

FF15ベンチマークは紙芝居状態でした。CPU、グラボ、メモリのすべてが推奨スペックを満たしていないので仕方ありません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
7147 8338 12782

FF14ベンチマークは「非常に快適」の評価が出たのですが、最高画質だとチラついたりカクカクしたりしていたので、画質を下げたほうが良さそうです。とはいえ、多くのオンラインゲームを遊べる性能だとわかりましたね。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
18283 40835 55934

PSO2ベンチマークは設定5と6で大きな差が出ました。設定5なら快適にプレイできます。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は17117です。

MHFベンチマーク

MHFは13476です。GTX1060搭載ゲーミングPCの約半分です。例えば「ガレリア XT」なら28000を越えます。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
2022 1892 3325

3DMARK TimeSpyの評価は「下位9%」です。そもそもビデオメモリが足りずに警告が出ていたくらいなので無理があります。最新ゲームはビデオメモリ4GB以上を推奨しています。GTX1050 2GBでは性能不足です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
6055 7035 7984

3DMARK FireStrikeの評価では「上位67%のパソコン」です。10万円で買えるゲーミングPCとしては十分な性能でしょう。重くないゲームなら問題なく遊べます。

とにかく安いゲーミングPCが欲しいならおすすめですが、途中で書いたようにHDDの追加だけは忘れないようにしてください。

ガレリア DCの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ