ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 軽いゲーム用!ドスパラ Critea DX4 性能レビュー

軽いゲーム用!ドスパラ Critea DX4 性能レビュー

Critea DX4はゲーム用ノートパソコンではありません。グラフィックボードが搭載されていないからです。でもゲームがまったくできないわけではありません。インテルHDグラフィックス4600が搭載されています。

安さも相まってCritea DX4はドスパラのノートパソコン部門で人気ランキング2位に輝いています。税抜き価格5万円で買えるので、仕事用や作業用に適しているノートです。でもゲームPCバンクではあくまでも「オンラインゲームをプレイできるのか」に注目してレビューします。

Critea DX4はこんな方におすすめ!

5万円台の激安ノートPCが欲しい!
解像度も画質も低くていいからゲームをプレイしたい!
ドスパラで人気ランキング2位のノートPCが気になる!

Critea DX4のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows8.1 64bit Core i3-4100M
グラフィックボード メモリ
インテルHDグラフィックス4600 2GB
HDD チップセット
500GB HDD インテル HM86 チップセット
光学ドライブ 液晶
DVDスーパーマルチドライブ 15.6インチ光沢液晶

Critea DX4の価格と詳細はこちら

基本はWindows8.1です。一応Windows7 Home Premiumも選べるのですが4000円高いので、私はWindows8.1をおすすめします。メモリやHDD容量はキャンペーンの時に変動するので、最新版は公式サイトでチェックしてください。

前述の通りグラフィックボードではなくインテルHDグラフィックス4600が搭載されています(正確にはINTEL CPUにインテルHDグラフィックスが搭載されているのですが、グラフィックボードがある場合はグラフィックボードを優先的に使います)。

ガレリアシリーズのノートPCはノングレア液晶という光沢のないタイプです。しかしCritea DX4はゲーム用ではありません。だから見た目の綺麗さ重視でグレア液晶(光沢液晶)が採用されています。また、解像度は1366×768です。ゲームの解像度は1366×768か1280×720に設定しましょう。

Critea DX4の外観

次にCritea DX4の外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリアシリーズのノートはどれも黒色です。対してCritea DX4はシルバーでちょっと光沢のある感じです。印象が全然違いますね。

何も書いてないと思ったらDiginnosのロゴが刻まれていました。

内部も光沢があります。液晶はグレア液晶ですし、キーボード周りも反射していることがわかります。アクリル系の素材でしょうか。

15.6型ノートPCはテンキー搭載なのがスタンダードです。ガレリアシリーズよりもスペースキーが小さいですね。

もう1つ違いがありました。Windowsキーが左側にあります。一般的なキー配置です。文句なしです。

トラックパッドは右手前・左手前がそれぞれ右クリックと左クリックになっています。

電源ボタンは左奥に配置。スピーカーは左奥と右奥にそれぞれ配置されています。

WEBカメラも標準搭載です。

グラフィックボードが搭載されていない分、少し薄型です。左側の接続端子はUSB3.0が2個、HDMI、D-Subです。

右側の接続端子はヘッドホン端子、USB2.0が2個、DVDドライブです。左側にUSB3.0、右側にUSB2.0という配置がナイスです。高速性を求められるUSBメモリや外部ストレージは左側を使って、マウスは右側に接続するのが良いでしょう。

Critea DX4のベンチマークスコア

いつもなら1920×1080の解像度でベンチマークスコアを計測するところですが、今回のレビューでは不可能です。最大解像度が1366×768だからです。そこで各ベンチマークソフトは1280×720の解像度に設定しました。

ちなみにインテルHDグラフィックス4600はゲーム用の設定にしてあります。若干ながらスコアやフレームレートに影響します。また、最高画質の設定は無理があったので、標準画質や低画質で計測しました。

FF14ベンチマークは標準品質(ノートPC)でも2211というスコアでした。「普通」という評価ですが現実的には厳しいでしょう。FF14をやるならグラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCをおすすめします。

PSO2ベンチマークは低画質(設定1)にしたら意外と良いスコアが出ました。インテルHDグラフィックス4600が結構凄いですね。

本命のドラクエ10は最高品質だと3384、標準品質だと4434、低品質だと5234でした。最高品質と標準品質は「普通」という評価、低品質だと「快適」という評価です。よって、ドラクエ10をプレイするなら低品質がおすすめです。

MHFは2020です。「標準的な動作」のカテゴリに入りますが、「快適」には届きません。

Critea DX4の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ