ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > エイリアンウェア15 スプレマシー 性能レビュー

エイリアンウェア15 スプレマシー 性能レビュー

15インチ最上位のハイスペックゲーミングノートPC

DELLのAlienwareシリーズは同じ名前でも定期的にスペックが新しくなります。例えば同じエイリアンウェア X51 スプレマシーでも2013年のものと2015年のものとでは中身がまったく異なるのです。

そして15インチゲーミングノートPCのエイリアンウェア15シリーズは2015年9月に新発売となりました。その中でも最上位のスペックを有するエイリアンウェア15 スプレマシーをレビューしていきます。

エイリアンウェア15 スプレマシーはこんな方におすすめ!

使い勝手のいいノートPCが欲しい!
人気オンラインゲームをサクサクにしたい!
すべての動作を爆速にしたい!

エイリアンウェア15 スプレマシーのスペック

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6820HK
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX980M 4GB 16GB DDR4 2133MHz
HDD チップセット
256GB PCIe SSD + 1TB HDD 不明
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ アングレア IPS

エイリアンウェア15 スプレマシーの価格と詳細はこちら

エイリアンウェア15 スプレマシーはエイリアンウェア15の中で一番ハイスペックなノートPCです。CPU、メモリ、グラフィックボード、SSDなどあらゆるパーツが他のモデルとは異なります。

特徴的なのがCPUとSSDです。最近販売されているゲーミングノーPCのCPUはCore i7-6700HQが採用されていることが多いです。しかしエイリアンウェア15 スプレマシーはCore i7-6820HKです。動作周波数は定格2.6GHzに対して定格2.7GHz、インテルスマートキャッシュは6MBに対して8MBと若干高速です。

SSDもしっかり最新で、500MB/sどころではありません。実際にどれくらいの速度だったかご紹介します。

SSDとHDDの速度

初期構成だと250GBなのになぜか500GBでした。

シーケンシャルライトは並ですが、シーケンシャルリードは1767MB/sと超高速です。これまで一般的だったSATA3接続SSDより約3倍も読み込み速度が早いため、Windowsの起動に限らずあらゆる動作が爆速になっていました。

HDDの速度を見るとSSDの早さがよくわかります。シーケンシャルリードはSSDが10倍以上ですからね・・・。

エイリアンウェア15 スプレマシーの起動速度

本当に起動速度が早いのかチェックしてみました。

@gamepcbankが投稿した動画

10秒でWindowsの起動が完了しました。試しに今あなたが使っているゲーミングPCが何秒で起動するか確認してみてください。もしかしたら3分以上かかるかもしれませんよ。

エイリアンウェア15 スプレマシーの外観

次にエイリアンウェア15 スプレマシーの外観や接続端子のレビューをしていきます。

近未来感溢れるデザインです。エイリアンウェアのロゴマークである宇宙人の部分は立体的になっています。

ちょうどいいサイズです。私はゲーミングノートPCなら15.6型が一番好きです。

液晶はノングレアのIPSパネルです。ノングレアですが少しだけ反射しています。

キーボードはマクロキーがある代わりにテンキーがありません。

左上がマクロの設定ができるTactXを開くキー。残り5つがマクロ専用キーです。基本となるキーの配置はノートPCとして一般的です。

トラックパッドは操作すると光ります。でもゲームをする時は邪魔なので無効にしましょう。

エイリアンウェアのロゴが電源ボタンになっています。

フルHD 200万画素カメラが搭載されています。

前面が吸気口です。

左側は電源の接続端子、USB3.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子です。

右側は3-in-1メディアカードリーダー、USB3.0、LANポートです。

背面が排気口です。ベンチマークソフトを動作させているときは結構温かい空気が排出されていました。

デスクトップ用グラフィックボードが使えるAlienware Graphics Amplifierと接続できるインターフェイスと外部映像出力用のHDMI2.0です。

エイリアンウェア15の機能

エイリアンウェア15をカスタマイズする機能(ソフトウェア)が内蔵されています。

「FX」はエイリアンウェアのどこをどのように光らせるかを設定できます。外側、前面、トラックパッド、液晶の下、電源ボタン、キーボードなど非常に細かく指定できます。

「ADRENALINE」はパフォーマンスの監視や記録、ゲームモードの設定・変更、Graphics Amplifierとの接続などを管理する機能です。

「TactX」はキー割り当てを管理できます。

キーストロークの管理、マクロの割り当て、機能の割り当て、ショートカットの割り当て、テキストブロックの割り当て等、多種多様な使い道ができます。ゲームだけでなく普段使いでも大活躍しそうです。

エイリアンウェア15 スプレマシーのベンチマークスコア

起動速度の早さ、マクロキーの管理など使い勝手抜群のノートPCだとわかりました。あとはゲーミングノートPCとしての性能が問われます。そこで各種ベンチマークソフトのスコアを計測しました。ただしPSO2ベンチマークのスクリーンショットをなぜか紛失したため、それ以外を掲載します。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
9208 12420 15255
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
11879 14611 17665

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」です。デスクトップ用グラフィックボードの性能に換算すると、GTX960とGTX970の中間くらいです。ゲーミングノートPCとしては充分ハイスペックです。

ドラクエ10は17789でした。FF14と同様に余裕の最高評価です。

MHFは20344です。過去にレビューしたGTX970M搭載ゲーミングノートPCに比べて約30%高いスコアです。

3DMARKの評価では「上位39%のパソコン」です。ミドルスペックデスクトップよりも高いスコアです。これならあらゆるオンラインゲームをストレスなく楽しめます。使い勝手も抜群ですから快適性を追求した方におすすめです。

エイリアンウェア15 スプレマシーの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ