ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > 初心者向けゲーミングPCの選び方 > マザーボードに対応するメモリと互換性について

マザーボードに対応するメモリと互換性について

あなたがパソコンを買い替えたら、古いパソコンから新しいものへとメモリを引っ越そうと思うかもしれません。そうすればメモリ8GB搭載パソコンから16GBに増やせたりします。

しかし必ずしもメモリを移行できるとは限りません。なぜならメモリには種類があり、さらにマザーボードごとに対応メモリが決まっているからです。

DDR3とDDR4の互換性は基本的にない

まず近年主流なのがDDR3とDDR4です。メモリの世代みたいなもので、速度だけでなくピンの数までが違います。ここ5年くらいでDDR3からDDR4へと移行してきているため、「古いパソコンのメモリはDDR3、新しいパソコンはDDR4」なんて状況になりがちです。

ここで問題が生じます。DDR3のメモリはDDR4対応マザーボードに挿すことができないのです。DDR3のピンは240、DDR4は288で形状に違いがあり互換性がありません。

だからメモリを引っ越そうと思っているなら、まずはDDR3かDDR4かを確認してください。また、モジュール規格もしっかり確認すべきです。同じDDRでも対応していないことがあります。

ちなみにDDR3とDDR4の互換性がある変態マザーボードもあったりしますが、あくまでも極一部です。

マザーボードによって対応するメモリが違う

メモリは形状だけでなくチップ規格やモジュール規格といった違いもあります。例えばDDR4にはPC4-17000、PC4-19200、PC4-21300等のモジュール規格があり、それぞれ速度が異なります。

で、問題はマザーボードごとに対応メモリが決まっていることです。例えば「ASRock H110M-HDV」はPC4-17000のメモリだけが使えます。それより高速なPC4-19200やPC4-21300は使えなかったり、速度が出なかったりするので注意が必要です。

そう考えるとメモリの移行って確認することが多くて結構面倒ですよね。新しいマザーボードを買うなら、幅広いチップ規格に対応した製品を選んだほうがいいでしょう。

マザーボードとメモリの大まかな対応表

では最後にチップセットとメモリの対応表をまとめます。一応きちんと調べたつもりですが、もしも間違いがあったらTwitter等でご連絡頂けると幸いです。

メモリ規格 チップセット
DDR4 Z390、Z370、H370、B360、H310、X470、X399、X370、B450、B350、A320、X299、Z270、H270、B250、X99、Z170、H110、H170、B150
DDR3 Z270、H270、B250、Z170、H110、H170、B150、X79、Z97、Z87、Z77、Z75、H97、H87、H81、H77、B85、B75、Z68、P67、H67、Q87

なお、基本的なメモリの選び方については「メモリって何GB必要?ゲーミングPCにおすすめのメモリ容量と目安」の記事で解説しています。

関連記事

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ