ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > 初心者向けゲーミングPCの選び方 > エンコード速度比較!動画編集におすすめのCPU、グラボ、BTOパソコン

エンコード速度比較!動画編集におすすめのCPU、グラボ、BTOパソコン

動画編集の作業をサクサク進めるためには、動画編集ソフトが快適に動くことも重要ですが、最終工程であるエンコードにかかる時間が短く済んだり、高画質な動画を出力できることが重要です。

ではエンコードの速度を高速にするためにはどのようなパーツ選びをすればいいでしょうか。ソフトウェアエンコードかハードウェアエンコードかにもよって変わってくるため、CPUやグラフィックボード別にエンコード速度を比較してみます。

x264 FHD BENCHMARKのベンチマーク比較

まずはx264 FHD BENCHMARKで計測したベンチマークスコアをご紹介します。まだデータ量が少ないので今後随時追加していく予定です。

CPU エンコード速度 ベンチマークスコア
Core i5-7500 1分57秒 21.4
Core i7-8700 56秒 44.9
Core i7-8700K 57秒 43.5
Core i9-7980XE 43秒 59

Core i7-8700とCore i7-8700Kを比較してみると誤差の範囲でしかありません。つまりコア数・スレッド数が最重要だとわかります。

HWBOT x265 Benchmarkのベンチマーク比較

次にHWBOT x265 Benchmarkです。H.265のほうがビットレートに対する画質が向上しているため、今ならこちらのスコアを参考にしたほうがいいでしょう。

CPU 1920×1080 4K
Core i5-7500 22.63 fps 5.08 fps
Core i7-8700 41.8 fps 10.38 fps
Core i7-8700K 44.14 fps 10.95 fps
Core i9-7980XE 83.37 fps 23 fps

当たり前ですが18コア・36スレッドのCore i9-7980XEがぶっちぎりで最優秀です。ソフトウェアエンコードを高速にしたいならコア数・スレッド数の多いCPUを選ぶのが手っ取り早いです。ただ、8コア以上のCPUは非常に高額ですから、予算に合わせて他のパーツを妥協するなどの工夫が必要になると思います。

TMPGEncでエンコード速度を比較

ベンチマークスコアだけだとどれくらい高速なのかいまいちイメージできません。そこで「TMPGEnc Video Mastering Works 6」を使って実際にエンコードしてみました。

エンコードに使用したゲーミングPC

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i7-8700K
メモリ グラフィックボード
16GB PC4-21300 GTX1060 6GB
ストレージ グラフィックボード
500GB SSD + 3TB HDD 850W 80PLUS GOLD

最近検証用に買い替えたゲーミングPCです。

TMPGEncの設定

1920×1080の動画をそのままの解像度で再変換しました。ビットレートはあえてH.264もH.265も揃えました。

CPU(Core i7-8700K)のエンコード速度

まずはQSV、x265、x264でのエンコードです。

ストリーム形式 エンコーダー 速度
H.265/HEVC QSV 7分51秒
H.265/HEVC x265 27分13秒
H.264/AVC QSV 6分3秒
H.264/AVC x264 10分13秒

QSVによりエンコード速度が大幅に向上しています。ビットレートを適切に下げればH.265 + QSVが最も高速になります。

グラフィックボード別のエンコード速度

次はグラフィックボードによるNVENCのエンコード速度比較です。

グラフィックボード 速度(H.265) 速度(H.264)
GTX1060 6GB 6分57秒 4分15秒
GTX1070 8GB 7分30秒 7分7秒
GTX1070Ti 8GB 5分1秒 4分16秒
GTX1080 8GB 5分0秒 4分15秒
GTX1080Ti 11GB 5分3秒 4分16秒

私の設定ミスなのかソフトウェア側の問題なのかわかりませんが、GTX1070だけ妙に時間がかかっています。エンコードに詳しい方がもしも私のミスに気付いたら是非ご指摘頂きたいです。

また、GTX1070Ti以上はエンコード速度が変わりません。このように比較してみるとNVENCならGTX1070Tiがコスパ抜群です。QSVに比べてNVENCのほうが高速なので、速度重視の方はグラフィックボードを搭載したBTOパソコンを選ぶことをおすすめします。

エンコード、動画編集におすすめのBTOパソコン

最後にエンコードにおすすめのパソコンをご紹介します。

サイコム 「G-Master Hydro-X299」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i9 各種
  • メモリ:8~128GB
  • グラボ:GTX10シリーズ
  • 容量:いろいろ

QSVを高速にしたいならメニーコアCPUを搭載したBTOパソコンを選びましょう。一般的なゲーミングPCを選んでしまうと、グラフィックボードまで自動的にハイエンドになって50万円くらいになります。でもサイコムならフルカスタマイズが可能なので、CPUだけ特化したBTOパソコンにできます。おすすめはCore i9-7900XやCore i9-7920Xです。


ドスパラ 「ガレリア XV」

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1070Ti 8GB
  • 容量:500GB SSD + 2TB HDD

GTX1070Tiを搭載したゲーミングPCです。NVENCに最適なデスクトップですね。Core i7-8700でQSVもそこそこ高速で、非常に万能です。でもメモリは16GBにしておいたほうが動画編集の快適性は向上するはずです。あとは動画素材が大量にあるならHDD容量も増やしたほうがいいです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ