ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > The Divisionのグラボ別ベンチマークとおすすめゲーミングPC

The Divisionのグラボ別ベンチマークとおすすめゲーミングPC

Tom Clancy’s The Division(以下The Division)が2016年3月10日に日本でサービス開始しました。ティザームービーが世界中で話題になっていたため、期待作と言って良いでしょう。

この記事ではThe Divisonを快適にプレイするためにはどれくらいのスペックのゲーミングPCが必要なのかを解説していきます。推奨スペック、ゲーム内ベンチマーク、プレイ中のフレームレートのデータを検証しました。

The Division推奨スペック

まず最初にSteamに掲載されているThe Division推奨スペックを確認してみましょう。

OS Windows 7/8.1/10 64bit
CPU Intel Core i7-3770
メモリ 8GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX970

最近のPCゲームにありがちな推奨スペックです。GeForce GTX970が推奨されているのを見ると「い つ も の」という印象を抱きます。CPUはもうCore i7が求められる時代です。メモリは8GBで収まっていますが、そろそろ16GBがスタンダードになりそうな予感がします。

The Divisionのベンチマークスコアを比較

The Divisionにはゲーム内ベンチマークの機能があります。グラフィック設定をした上でベンチマークを動作させると平均fpsがわかるので、どの設定でプレイすべきか判断する指標になります。

ベンチマークの項目

The Divisonを起動し、「オプション」から「ベンチマーク」に進んで「開始」をクリックするとベンチマークの計測が始まります。カメラが街中を一定の動きで巡回し、1分か2分程度で計測が完了します。

ベンチマーク結果の意味は以下のとおりです。

  • 平均FPS:ベンチマークでの平均的な秒間フレーム数
  • 最高FPS:最高フレームの平均値
  • 平均CPU:ベンチマーク実行中の平均CPU使用率
  • 平均GPU:ベンチマーク実行中の平均グラフィックカード使用率

意味不明なのが「最高FPS」です。一番高いフレームレートではなく、最高フレームレートの平均値です。言葉の意味がまったくわかりません。しかも参考にならなそうな数値です。だから「平均FPS」の数値だけ見ればいいと思います。

グラフィック設定

グラフィック設定別にベンチマークを動作させる必要があります。変更したのは「グラフィック品質」と「垂直同期モード」だけです。グラフィック品質はウルトラ、高、中、低の4段階です。

垂直同期モードはデフォルトだとオンになっていて、60fps制限がかかっています。60fps制限を解除するためにオフに設定しました。「ビデオ」の設定では解像度を1920×1080のフルスクリーンにしました。

なお、ベンチマーク計測に使用したゲーミングPCのスペックは、Core i7-4790、メモリ16GBです。グラフィックボードはGTX1060、GTX1070、GTX1080の3つです。

The Divisionのベンチマークスコア表

グラボ 画質設定 平均FPS
GTX1060 ウルトラ 59.8
75.4
97.3
150.2
GTX1070 ウルトラ 80.1
99.1
118.9
180.6
GTX1080 ウルトラ 96.3
119.6
149.3
203.1

ベンチマークスコアの結果だけを見ると、高画質設定ならGTX1060搭載ゲーミングPCで良さそうです。ウルトラ画質ならGTX1070でしょう。もしも144hz液晶モニターを活用したい場合は、GTX1080で中画質設定がおすすめです。

グラフにすると以下のとおりです。

「思ったよりも重くないな」と感じるかもしれません。しかし私はThe Divisionのベンチマークは不正確だと思います。なぜなら実際にプレイした時のフレームレートとかなり差があるからです。プレイ中はもっと重いです。

The Divisionのfpsを計測

そこでプレイ中のフレームレートを設定別・グラボ別に計測してみました。計測に使用したソフトはFraps、場所は上記の位置固定です。ゲーム開始した地点から少しだけ歩いた地点です。

The Divisionのfps比較表

グラボ 画質設定 平均FPS
GTX1060 ウルトラ 56
74/td>
92
142
GTX1070 ウルトラ 73
94
117
174
GTX1080 ウルトラ 86
111
138
189

ベンチマークスコアと比較すると全体的に下がっています。このfps計測を参考にすると、The Divisionを高画質以下で遊ぶならGTX1060、ウルトラ画質ならGTX1070、144fps以上を出したいならGTX1080がおすすめということになります。

グラフにすると以下のとおりです。

The DivisionにおすすめのゲーミングPC

以上の調査からThe DivisionにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

高画質でThe DivisionをプレイするならGTX1060搭載のガレリア XTがおすすめです。The Division以外にもSteamの多くのゲームがサクサクになるゲーミングPCです。


ドスパラ 「ガレリア XF」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:2TB HDD

ウルトラ画質ならGTX1070搭載の人気No.1ゲーミングPC「ガレリア XF」でしょう。最近は安くなっていたりSSDが搭載されていたりと、何かとお得なデスクトップです。メモリ8GBでも大丈夫ですが、今後のことを考えるなら16GBにカスタマイズしましょう。


ドスパラ 「ガレリア ZG」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1080 8GB
  • 容量:256GB SSD + 3TB HDD

The Divisionのベンチマークから考えると、144Hz液晶モニターを活用するならGTX1080一択です。GTX1080搭載ゲーミングPCを過去にレビューして、一番おすすめなのがこのガレリア ZGです。メモリ量、SSDなどバランスが完璧です。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ